僕ら的には理想の落語

00:23:39

僕ら的には理想の落語

ジャンル
テレビドラマ
サブジャンル
国内ドラマ
コメディ
お笑い
恋愛/ロマンス
製作年
2021
製作国
日本

ストーリー

カフェでボーッとあらぬ方を見つめる万識。上利がその視線の先に目をやると、いつもクールな常連客の美冬が泰雅と笑い合う姿があった。ミステリアスで人を寄せ付けない雰囲気の美冬の懐に、人懐っこく飛び込む泰雅。狐と犬のじゃれあいか、はたまた、どう化かしてやろうか企む狐と獲物を狙う狼か。そんな風情の2人に、万識と上利が連想したのは落語の『王子の狐』で——。・『王子の狐』とは『王子の狐』とは人間を化かすと言われる狐が、逆に人間に化かされてしまうという滑稽話。東京は王子にある、お稲荷さんの近くで、1匹の狐が人間の女に化けるところを男が目撃する。狐が自分を化かそうとしていると思った男は、逆に化かしてやろうと悪巧み。料理屋の“扇屋”に誘い込み……。

視聴開始から 2日間 / 220円

【レンタル期間】
レンタル時から30日以内に視聴を開始し、2日以内に視聴し終えてください。
レンタル期間をすぎると視聴ができませんのでご注意ください。

出演キャスト

スタッフ開く

無料・予告一覧

1〜2件 /

2件中

  • 第1話 その手を待つ

    カフェでのんびりくつろぐ万識と和穏は、常連客の泰雅と店員の蒼生とのギスギスしたやりとりを目撃する。いつもは仲のいい幼馴染の2人は、喧嘩をしながらも素直になれない様子。そんなシチュエーションに和穏は古典落語の演題の一つ、『笠碁』を連想する――。・『笠碁』とは『笠碁』とは囲碁を題材とした人情噺。囲碁が大好きで、いつも2人で打っていた男たちが、対局中に「待った」をする、しないで大喧嘩し仲違い。しばらく顔を合わせない2人だが、しだいに囲碁を打ちたくてウズウズしてくる。しかし大人気ない喧嘩をしてしまったため、相手のところへ出かけたくても、自分からは出かけることができず……。

    もっと見る

    00:23:38

  • 第2話 稲妻と雷鳴

    カフェで穏やかに過ごす上利と茸丸。ふと店内を見回すと、常連客の泰雅と誠司が目に入る。真面目に仕事をしているところ、泰雅にちょっかいをかけられて煙たがりつつもまんざらでない誠司。そのやりとりを見て妄想を膨らませる上利と茸丸は、2人の様子を落語の演題『宮戸川』に重ねる――。・『宮戸川』とは『宮戸川』とは幼馴染の馴れ初めを描いた、滑稽な艶話。ある日、帰るのが遅くなった男は、家から締め出しを食らってしまう。そして向かいの家でも同じように締め出された幼馴染の女が。男は、近くに住むおじさんの家で一晩過ごそうとするが一緒に連れて行ってくれと女にせがまれる。うぶな男と遠慮のない幼馴染。2人はそれから……。

    もっと見る

    00:23:39

1〜2件 /

2件中

PAGE
TOP