リッパー・ストリート シリーズ3

[字] リッパー・ストリート シリーズ3

ジャンル
テレビドラマ
サブジャンル
海外ドラマ
ミステリー
刑事
製作年
2014
製作国
イギリス

ストーリー

切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)を追っていた実在の刑事をモデルに、事件から半年後のロンドンを描く英国大ヒットミステリー!

出演キャスト

スタッフ開く

動画のパック商品

リッパー・ストリート シリーズ3の最新話

  • [字] 第8話

    リードは頭を撃たれてから頭痛が治まらず、アバーライン警部から退職を勧められるが、新たな悪を倒すまではホワイトチャペルを去れないと断る。スター紙の記者ベストは、ニューヨークから来たアッカーマンと食事をする。彼らは共にスウィフトの悪事について調べていて、アッカーマンは詳細を話さずベストにスタンホープを託す。帰り道にアッカーマンはスウィフトたちに捕まり、その後拷問を受けた遺体で発見される。彼がベストといたのを目撃されていたので警察がベストを探すが、その直前に彼らがスウィフトについて調べていると知ったジャクソンが先回りしベストを逃がす。スウィフトはスーザンが進めていたオブシディアンの土地開発をやめさせ、新たなビジネスの本拠地にしようとしていた。

    もっと見る

    00:51:55

    視聴開始から 8日間 / 108円

リッパー・ストリート シリーズ3の各話一覧

1〜8件 /

8件中

  • [字] 第1話

    シーズン2の最後から4年後の1894年のイースト・ロンドンで、リード警部補は犯罪者記録の保管に没頭していた。ジャクソンは警察から解雇され開業し、ドレイクはマンチェスター警察で警部補までのぼりつめていた。一方、泥棒たちがビショップスゲート貨物線で運ばれる貨物を盗む計画を実行する。彼らは鉄道に詳しい鉄道担当のグレゴリーや武器担当など、それぞれの技術で何者かに雇われていた。しかし、グレゴリーは、この日は工事のためネクロプリス線が通常とは違う線路で走っていることを知らず、ネクロポリス線と乗客が乗っている列車がホワイトチャペルで正面衝突してしまう。衝突した列車には、偶然にもマンチェスター警察で働いているドレイクが4年ぶりにホワイトチャペルに戻るために乗車していた。

    もっと見る

    00:51:58

    視聴開始から 8日間 / 108円

  • [字] 第2話

    バックリィ夫妻が経営する骨董店にキャプショーとケンドリックが訪れる。夫婦がオブシディアン不動産から借りている借金の取り立てにやってきたのだった。夫婦に返済能力がないため、借金のカタに彼らの店を取り上げようとする。さらに彼らが店の奥へ入ろうとした際、妻のクララが必死で抵抗しキャプショーがクララを払いのけると、その際に彼女は頭を打って亡くなってしまう。夫ホラス・バックリィはその場から走り去るが、キャプショーは店の奥に地下への階段を見つける。地下には牢屋があり、中では少女が暮らしていた。クララ殺害の捜査を行うリードとドレイクは、オブシディアン不動産が貧しい町民に金を貸し、そのカタとして彼らの店などを奪い、ホワイトチャペル内に勢力を広げていることが分かる。

    もっと見る

    00:51:56

    視聴開始から 8日間 / 108円

  • [字] 第3話

    ブルーエット劇場でアレックス・ルシェインという霊媒師が客の前で死亡する。ドレイクとジャクソンは現場に急行し、ルシェインの弟子のエズラ・マーベルと、客のひとりであるウェイクフィールド夫人に事情聴取を行う。夫人は夫を列車事故で亡くし、その霊媒のために劇場にきていた。ジャクソンは毒殺の可能性を示唆し、ドレイクは遺体のポケットからジュニパー・コールというダンサーの写真を手に入れる。ドレイクはジェニパーが働く酒場を訪ね、事情聴取を行う。彼女は以前エズラと関係を持っていたことと、過去にエズラがルシェインを脅迫したことなどを告げる。その後、ドレイクらはエズラをルシェインの殺人容疑で逮捕したが、署内でエズラは身の潔白を主張する。

    もっと見る

    00:51:26

    視聴開始から 8日間 / 108円

  • [字] 第4話

    リードはロンドンから離れた海岸で人目を避けていたが、ドレイクが現れてマチルダが生きていることを告げる。ロンドンに戻った2人はスーザンのもとへ急行するが、マチルダの姿はない。リードがスーザンを問い詰めるがマチルダの居場所は分からず、ジャクソンが現れて仲裁に入る。オブシディアンを出た後、リードはジャクソンにスーザンが事件に関与していた可能性があることを告げる。その時にアバーラインが現れ、リードは連行されるが、話し合いの末アバーラインは町中の警官すべてにマチルダの捜索を命ずる。一人で町を彷徨うマチルダのもとに、売春斡旋を生業とするハリー・ウォードが現れ、彼女をクーリーズという売春宿に連れて行く。

    もっと見る

    00:51:33

    視聴開始から 8日間 / 108円

  • [字] 第5話

    樽職人のテディーが率いる男たちが暴動を起こし、パール通り一帯が破壊される。意識不明のリードが治療を受けている部屋に一同は集まるが、アバーラインはパール通りで殺人事件が起きたことを告げる。遺体は樽に詰め込まれた状態で発見された。遺体の身元を探る為、ドレイクは暴動が起きた地区に行く。破壊された酒場に行くと、被害者は主人のバートルビーだと分かる。テディーは弟のウォルターがバートルビーを殺害したことを責め、裏路地で暴力をふるう。そこにグレイスが現れテディーらは逃げるが、負傷したウォルターを所まで連れて行く。事情を聞くと、ウォルターは暴力をふるった2人のことは知らないとウソをつき、署を後にする。その後ウォルターは、クイーン通りの酒場の主人であるグライムスのもとを訪れ、誘拐した後で殺害する。

    もっと見る

    00:52:46

    視聴開始から 8日間 / 108円

  • [字] 第6話

    レティ・ベラ・モンテキューがアイダ・ウォッツを殺害した容疑で逮捕される。遺体と共に見つかったが、彼女は薬を飲まされて記憶がないと言う。復帰したリードは、ドレイクとジャクソンを集め操作を開始する。しかし夜になるとベラの夫のモンテキュート卿が現れ、自分の妻を開放するためリードに圧力をかける。ジャクソンンはアイダの体から微量の麻薬が検出されたことを報告し、事件の関連性について調べ始める。麻薬にはコカインとモルヒネが異常な割合で合成されており、こん睡強盗犯の犯行を示唆する。また、アイダはベラの姿そっくりにされていることも発見する。一方リードは、昏睡強盗を得意とし、ホワイトチャペルに来る貴族相手に麻薬売買をしているトーマス・デントンを逮捕する。

    もっと見る

    00:51:59

    視聴開始から 8日間 / 108円

  • [字] 第7話

    メアリーは図らずも妊娠してしまったため、薬剤師カリーの下を訪ねる。違法に中絶を促す薬を出しているカリーにより、毒を飲まされたメアリーは体調を崩してしまう。彼女を看病する父親代わりのジョージは、メアリーの交際相手ハロヴェックを認めず敵視していた。その後、カリーの他殺死体が見つかる。リード警部補たちは、現場にあった薬から女性を流産させていたことを突き止める。さらにカリーの見習いが、別の場所に診療所があると証言し、投薬だけでなくその診療所で女性たちに処置を行っていたことが分かる。カリーの死因となった頭の傷から、セメント成分が見つかったため、リードは工具が武器だったと推理する。

    もっと見る

    00:51:54

    視聴開始から 8日間 / 108円

  • [字] 第8話

    リードは頭を撃たれてから頭痛が治まらず、アバーライン警部から退職を勧められるが、新たな悪を倒すまではホワイトチャペルを去れないと断る。スター紙の記者ベストは、ニューヨークから来たアッカーマンと食事をする。彼らは共にスウィフトの悪事について調べていて、アッカーマンは詳細を話さずベストにスタンホープを託す。帰り道にアッカーマンはスウィフトたちに捕まり、その後拷問を受けた遺体で発見される。彼がベストといたのを目撃されていたので警察がベストを探すが、その直前に彼らがスウィフトについて調べていると知ったジャクソンが先回りしベストを逃がす。スウィフトはスーザンが進めていたオブシディアンの土地開発をやめさせ、新たなビジネスの本拠地にしようとしていた。

    もっと見る

    00:51:55

    視聴開始から 8日間 / 108円

1〜8件 /

8件中

PAGE
TOP