リッパー・ストリート シリーズ2

[字] リッパー・ストリート シリーズ2

ジャンル
テレビドラマ
サブジャンル
海外ドラマ
ミステリー
刑事
製作年
2013
製作国
イギリス

ストーリー

切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)を追っていた実在の刑事をモデルに、事件から半年後のロンドンを描く英国大ヒットミステリー!

出演キャスト

スタッフ開く

動画のパック商品

リッパー・ストリート シリーズ2の最新話

  • [字] 第8話

    失踪していたドレイクが、ヒンチクリフの遺体をかついでH管区署に戻ってきた。その後、ベースンで白骨化した遺体が3体見つかるが、ジャクソンと兄のダニエルの検視により、ヒンチクリフの時と同一犯に殺されたらしいことが判明する。フライトが、シャインのスパイであったことを自白し、シャインがヒンチクリフとメリックを殺したことを明かす。ベースンで見つかった3人の殺害方法がヒンチクリフと類似していたことから、リードは3人もシャインが殺したのだろうと推測し、ジャクソンに検視で裏付けを取らせる。一方、リードは、3人はベースンの元地主で、死亡前にO不動産に権利を譲ったことを突き止める。

    もっと見る

    00:52:09

    視聴開始から 8日間 / 108円

リッパー・ストリート シリーズ2の各話一覧

1〜8件 /

8件中

  • [字] 第1話

    1890年イーストロンドン。ホワイトチャペルのH管区署は、収監者が膨れ上がり、脱走騒ぎが起きていた。ある日、K管区署の刑事、モーリス・リンクレイターが大怪我を負ったという知らせが飛び込んでくる。モーリスは、ある女性を捜すためH管区署に潜入していて、その途中、暴漢に襲われ、部屋から放り出されたのだ。リードたちに救助されたモーリスは、ドレイクと共に、戦場で戦った経験を持つ旧友だった。痛みに顔を歪ませながら、モーリスはドレイクに「災いの波が来たら大変なことになる」と告げる。その後、モーリスが捜していたのは、通称ブラッシュ・パンという香港出身の女性だったことが判明する。

    もっと見る

    00:52:08

    視聴開始から 8日間 / 108円

  • [字] 第2話

    ロンドン病院で出産した女性が、翌朝、遺体で発見された。高価だふが破れた服を着ていた彼女の身元を知る唯一の手掛かりは、退化せずに残った臀部の尾だった。そして彼女の産んだ子は何者かに連れ去られた。モーリス・リンクレイター刑事の死因は、いまだ謎に包まれていたが、死ぬ前に彼に尋問をしていたリードが容疑者であるとの噂が広まっていた。リードは「尾のある女性」の身元を特定するために、障害者を見世物にしている場所へ出かける。そして、彼女を知るジョン・グッドという男に出会い、情報を得る。女はステラ・ブルックスという名であった。やがてステラの父親はジョンであると分かり、ジョンの父親であり動物学者のコーコラン博士が赤ん坊を誘拐したことが判明する。

    もっと見る

    00:52:06

    視聴開始から 8日間 / 108円

  • [字] 第3話

    演芸場から、ウォルター・デスーザ議員が誘拐された。彼は、女性のジェーン・コブデン議員の対抗馬だったため、コブデンの関与が疑われた。その後、さらにスーザンのテンター娼館から、客のトーマス・イーライとスーザン、そしてデパートからカリントンという男が立て続けに誘拐される。3件の誘拐事件は、手口に共通点があったため、リードは同一犯の犯行を疑う。現場付近に落ちていた、女性向けのタバコから犯人は女の一味であると考えられる。その後、レインという女性がリーダーの犯行グループであることが分かる。レインは、かつてマッチ工場で働いていた、元女工を養っていたが、彼女たちは皆、悪条件で働かされる一方、マッチ棒のリンによって、顎骨壊死という病気を患っていた。レインの妹もまた、同じ病気で亡くなっていた。

    もっと見る

    00:51:49

    視聴開始から 8日間 / 108円

  • [字] 第4話

    アイルランドの独立を目指す軍事組織IRBのメンバーで、爆破事件を起こして投獄されていた男、エイデン・ガルビンが、護送中、脱走した。護送馬車の御者が、謎の死を遂げていたことから、ガルビンの逃走はIRBの関与が疑われたが、リードはこれに疑問を持つ。ガルビンが潜伏すると考えれたのは、娘のイブリンが働く酒場。アイルランド人居住区でのおとり操作を行うため、アバーラインは、アイルランド出身のフライトに白羽の矢を立てる。フライトは、捜査のために酒場に潜入したものの、美しく、また生い立ちの似たイブに惹かれていく。ガルビンの逃走を助けたのは、元IRBのメンバーで、現在は企業を営むC・ブロードウィックだった。彼は別名をJ・ホランドといい、イブリンの血のつながった父親であった。

    もっと見る

    00:52:01

    視聴開始から 8日間 / 108円

  • [字] 第5話

    中央郵便局で働く電報配達の若者がホテルで殺害された。彼の名はオットー。オットーはホテルで男性相手に体を売っていた。リードたちの捜査により、オットーは、デビッド・グッドボディという別の配達人を人違いされて殺されたことは判明する。デビッドは恋人のビンセントと逢引中で、代わりにオットーが派遣されたのであった。デビッドとビンセントは、ベアリングス銀行に勤めていた、クイントという男をゆすっていた。クイントはデビッドの客で、売春の最中にクイントが持っていた帳簿を奪ったのだが、この帳簿が重大な秘密の証拠だったのだ。その秘密とは、ベアリングス銀行が、アルゼンチンの鉱山に巨額の金を貸していたが、アルゼンチンが経済破綻しローンが焦げ付いたことであった。

    もっと見る

    00:52:07

    視聴開始から 8日間 / 108円

  • [字] 第6話

    ドレイクの妻、ベラが失踪する。ドレイクは不安な気持ちが高じて、仕事をすっぽかしてベラを捜す。ローズは演芸場の支配人に性的嫌がらせを受け、給仕を辞めて別の街へ移す決意をする。一方、街ではカトリックの教会が放火され、ユダヤ教のシナゴーグも破壊され、主教対立が起きたかのような様相を見せる。しかし、実際にはこの対立は、ガブリエル・ケイン率いる「黄金の夜明け」というカルト教団が、街の人々を自分の教団に引き入れようと画策したことであった。ベラはかつて、このケインの妻であり、ガブリエルが彼女の居所を突き止めたことから。教団に引き戻される。ベラはまだドレイクを愛しているものの、ガブリエルの強引さに負け、ドレイクを信者にしようとする。

    もっと見る

    00:52:12

    視聴開始から 8日間 / 108円

  • [字] 第7話

    妻のベラを亡くした悲しみに耐えきれず、ドレイクは姿を消した。リードもドレイクを捜す一方、ローズもまた、ドレイクの行方を追っていた。そんな中、ローズはドレイクが賭けボクシングで日銭を稼いでいたことを知る。フライトは詐欺師にだまされた工芸家、ヒンチクリフの捜査に乗り出す。ヒンチクリフは宝飾店の職人で、ワーナーという男に何度か宝石を売っていたが、信用できると思った矢先に宝飾品だけをとられたまま支払いがなく、騙されたことを知った。ジャクソンの実の兄ダニエルは、アフリカ南部のダイヤ鉱山で働いていたが、35カラットのダイヤを盗み、英国へやってきた。そのダイヤを売ろうとするが、ジャクソンから英国の宝石商は組織とつながっているので、売ろうとすれば殺されると言われる。

    もっと見る

    00:52:10

    視聴開始から 8日間 / 108円

  • [字] 第8話

    失踪していたドレイクが、ヒンチクリフの遺体をかついでH管区署に戻ってきた。その後、ベースンで白骨化した遺体が3体見つかるが、ジャクソンと兄のダニエルの検視により、ヒンチクリフの時と同一犯に殺されたらしいことが判明する。フライトが、シャインのスパイであったことを自白し、シャインがヒンチクリフとメリックを殺したことを明かす。ベースンで見つかった3人の殺害方法がヒンチクリフと類似していたことから、リードは3人もシャインが殺したのだろうと推測し、ジャクソンに検視で裏付けを取らせる。一方、リードは、3人はベースンの元地主で、死亡前にO不動産に権利を譲ったことを突き止める。

    もっと見る

    00:52:09

    視聴開始から 8日間 / 108円

1〜8件 /

8件中

PAGE
TOP