超人ファミリー

[字] 超人ファミリー

ストーリー

毎日が事件!?普通の一家が繰り広げる涙と笑いのファミリー・コメディ !

出演キャスト

スタッフ開く

超人ファミリーの最新話

  • [字] 第40話

    ラヨンは、今日も姉の店にアルバイトに出かける。そんなラヨンをエレベーターまで送っていくチョンイル。隣のソヨン夫婦と鉢合わせになるのだが、夫のドンゴンがエプロン姿。彼も勤め先の証券会社支店が閉鎖され、主夫になったのだ。そんな彼の姿を見て複雑な心境になるチョンイル。そして、チェ部長と第二の人生について相談する。15年間酒造会社の営業社員として働いた自分たちにできることは何か…。家族を背負った男と、シルバーライフを見据えた男の新たな挑戦が始まる!

    もっと見る

    00:32:44

    視聴開始から 2日間 / 216円

超人ファミリーの各話一覧

<<

<

>

>>

1〜20件 /

40件中

  • [字] 第1話

    ドレミ酒造に勤める、貧乏な万年課長のナ・チョンイル(パク・ヒョックォン)。またしても昇進を見送られ、勤務14年目にして初めて会社を休み、悔しい気持ちを吐露するが、妻のラヨンはまともに取り合わない。チョンイルは、会社を休んだことで、同僚たちが自分のありがたみを痛感するだろうと期待するが、欠勤したことも気づかれないほど存在感がなかったと知り、さらに落ち込む。妻のメン・ラヨン(パク・ソニョン)は、母親からアクセサリーを譲り受けるが、他の姉妹たちと違って、自分だけがイミテーションだったことに傷つく。娘のナ・イキ(キム・ジミン)は生意気盛りの中学生。どんなに頑張っても成績やルックスが並で中間程度だということに悩むのだが…。

    もっと見る

    00:32:13

    無料

  • [字] 第2話

    妻のラヨンは、華やかな生活を自慢する知人たちのSNSを見て落ち込む。近場でもいいからと家族旅行を提案するが、新製品発売で仕事が忙しいチョンイルは、急場しのぎにラヨンの料理を褒め、料理を自慢することを勧める。ところがラヨンは大の味覚音痴!真に受けたラヨンは料理作りと写真のアップに夢中になるが、料理を教える実家の母親も、食べるチョンイルや娘のジミンは大変な目に…。一方、ジミンは片思いの相手コン・ユンと、親友のペ・ミンソが急接近したことに気が気でない。そんな時、ミンソとユンの無料通信アプリのステイタスメッセージを見てショックを受けるのだが…。

    もっと見る

    00:33:51

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第3話

    思春期の娘ジミンは、重症の中2病。会話は、世代間の断絶を呼ぶと言われる新造語を乱発。チョンイルは、一人娘とのコミュニケーションを図ろうと、おやじギャグで歓心を買おうとするが、娘の冷たい反応に意気消沈する。ところが、妻のラヨンはジミンの発する造語を理解し、会話が弾むではないか!焦ったチョンイルは造語の習得に乗り出し、夫にライバル心を持ったラヨンも受験勉強さながらの造語の暗記に取りかかるのだが…。

    もっと見る

    00:31:55

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第4話

    娘のジミンは、クラスメートのコン・ユンに片思い中。ある日、親友のミンソ、そしてユンと3人で塾をサボってカラオケに行こうとしたところ、母親のラヨンに声を掛けられ、驚いて逃げ去る。チョンイルとジミンのお古を着ていたラヨンは、ジミンが、自分のみすぼらしさを恥じて逃げ出したのだと誤解し傷つく。ジミンは、バンドをやってるコン・ユンに歌を褒められ、一緒にバンドをやらないかと誘われる。そして成り行きから、また塾をサボってカラオケに行くことになるが、ユンと2人でいたところ、チョンイルに声を掛けられ逃げ出す。傷ついたチョンイルは、親のありがたみを分からせようと、ラヨンにある計略を持ちかけるのだが…。

    もっと見る

    00:34:02

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第5話

    ラヨンの誕生日の朝。チョンイルはワカメづくしのテーブルに驚くが、娘のイキにラヨンの誕生日だと耳打ちされて、やっと気づく。そして不機嫌なラヨンに、あっと驚くような誕生プレゼントを用意してると出任せを言ってしまう。期待で胸を膨らますラヨンに、困り果てるチョンイル。イキや会社の仲間たちにあっと驚くプレゼントの案をもらおうとするが、無責任な回答や珍回答ばかり。そんな時、チョンイルの携帯に弟から電話が入るのだが…。

    もっと見る

    00:33:12

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第6話

    会社で年に1度のハラスメント教育が行われる日、新入社員のグィナムは戸惑い気味。だが、講習が始まってみると、講師はいい加減で形式的。憤慨したアン代理の提案で、別の講師を招き、もう一度ハラスメント講習が始まる。一とおり説明が終わって、セクハラ行為を告白する時間が設けられるが、告白の先頭バッターにチョンイルが選ばれる。講師は、何気なく行ってきたチョンイルの行動や発言に対して、セクハラだと非難するのだが…。

    もっと見る

    00:33:07

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第7話

    新学年度が近づき、テレビでは、親泣かせの高価な賞品の売り上げが増加していると放送される。ナ家の娘イキも高価なロードバイクを欲しがり、チョンイルは苦悩する。会社で、ロードバイクがいかにお金のかかる賞品かを聞いたチョンイルは、娘のために、とんでもない買い物をしてしまうのだが…。

    もっと見る

    00:31:31

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第8話

    イキが英語塾をやめたいと言いだし、母親のラヨンと衝突が絶えない。そのたびに、どちらの味方に付くかで悩まされるチョンイル。そんな折、勤務先のドレミ酒造で、専務主催のボウリング大会と、副社長主催の釣り大会が行われることになり、社員たちはどちらに参加するかで頭が痛い。専務と副社長はドレミ酒造の二大権力。権力に関心のないチョンイルだが、部下のパク代理の助言に、あれこれ思い悩む。

    もっと見る

    00:33:22

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第9話

    お隣の息子ボラムが法科大学院を目指してると知ったラヨン。娘のイキに将来の夢を聞くが、夢がない上に、塾すらサボる始末。あきれたラヨンは、イキに夢を持つよう説くが、はたと自分の夢を忘れてることに気づく。そんなある日、ラヨンはひょんなことから、高校時代の同級生で、今は女優になったミン・ジヨンと再会する。そして彼女と話すうちに、少女の頃の夢を思い出すのだったが…。

    もっと見る

    00:32:34

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第10話

    イキのデート場面を目撃し、ショックを受けるチョンイル。テレビのニュースは、アンケートの結果、中学生の6割以上が男女交際の経験があると報じる。打ちひしがれたチョンイルがチェ部長に助言を求めると、孫子の兵法にある“彼を知り己を知れば、百戦あやうからず”という文句を教えられる。チョンイルは、イキのボーイフレンドであるコン・ユンを家に招待し、あの手この手で2人を邪魔しようとするのだが…。

    もっと見る

    00:32:36

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第11話

    ナ家の高祖父の祭祀が近づき、ラヨンは心身に不調を来す。病院での診察名は祭祀症候群。体調も機嫌も悪いラヨンに、チョンイルは、仕事だとウソをついて、祭祀に行くのを取りやめる。ところが、それが原因で、チョンイルの両親にと妹のハルが、2泊3日、チョンイルの家にやってきて、祭祀を行うことになる。祭祀の前日、チョンイルの両親とラヨンの母が花札に夢中になり、お金をすったチョンイルの父親はムキになるのだが…。

    もっと見る

    00:32:36

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第12話

    採用の季節。チョンイルの会社では3人のインターン候補を採用する。学歴や年齢や経歴を聞かずに選ぶブラインド採用をしたために、個性的な面々がそろうが、そのうちの1人がコネで入ってきたとのうわさが流れる。彼がずばぬけて優秀だったが、チョンイルは、彼のような人間がいるから、大勢の若者が機会を失い悲嘆するんだと憤るのだったが…。

    もっと見る

    00:33:24

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第13話

    就職難と先の見えない社会情勢の影響から、国民は資格を取得し、スペックを上げるのに必死。そんな時、チョンイルの会社では、ヨーロッパでの販路を開拓すべく、海外勤務希望者を募集するが、条件のよさから、志願者が殺到する。ラヨンは、お隣のソヨンに姉妹のように親しくなろうと言われ、渋々お茶の誘いに応じるが、各学校の学年トップクラスの子供たちが集まる少人数の学習グループを紹介されるのだが…。

    もっと見る

    00:32:11

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第14話

    休日の午前、仕事に疲れ果てたチョンイルはソファでゴロゴロ。買い物から帰ったラヨンは、スーパーで会ったお隣の夫とチョンイルのあまりの差に腹を立てる。その時、ふと漂うたばこのニオイ。ラヨンはチョンイルを疑うが、犯人は下の階に越してきた住人で、ベランダで喫煙していようだ。ラヨンはチョンイルに苦情を言うよう頼むが、チョンイルは怖くてのらりくらりと避ける。そしていよいよラヨンに追い立てられて下の階に行くが、越してきた住人というのは…。

    もっと見る

    00:32:18

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第15話

    おひとりさま世帯が500万世帯に上り、ホンバプ(一人飯)、ホンスル(一人酒)などの造語が数多く登場。だが一人寂しくリビングでシリアルを食べる休日のチョンイルは、おひとりさまと大して変わらない。ラヨンもやはり、夫と娘が出かけた後は、一人寂しくラーメンをすする。そんな時、お隣のソヨンが、台湾旅行のお土産だとクッキーを持参してくる。旅行など久しくしてないラヨンは、うらやましさからチョンイルの携帯にメールを送り、当たり散らすのだが…。

    もっと見る

    00:28:44

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第16話

    チョンイルのマンションの大家が、契約満了の3ヶ月前にいきなり連絡してきて、保証金を4000万ウォン上げるか、出ていくか、月々の家賃形式に転換するかを決めろと迫る。チョンイルとラヨンはそれぞれの実家でお金を借りようとするが、ままならない。そんな時、チョンイルは仕事でトラブルを抱え、困り果てる。ラヨンは少しでも家計の足しになればとの思いから、コールセンターでバイトを始めるのだが…。

    もっと見る

    00:33:22

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第17話

    会社も社会も成果主義に走る時代。メン家の5姉妹の四女は、保険外交員として実績を上げようと、母親や姉妹たちに保険に入ってくれと頼む。一方チョンイルは、取引先のミスをかぶったこともあり、今月も実績が最下位で肩身が狭い。イキは成績が上がらず、家庭教師を頼むことに。そんなある日、社員の共同体意識を高める名目で、競合他社との体育大会が行われることになった。この体育大会は毎年の恒例行事だが、毎年ドレミ酒造が負けていて、社員の評判もすこぶる悪い。ところが、勝った者に金一封が出るということが分かり、チョンイルを始め社員たちは俄然、やる気になるのだが…。

    もっと見る

    00:30:20

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第18話

    ある日、チョンイルは、地下鉄の駅のホームで初恋の人ジミンと再会する。昔と変わらぬその姿にチョンイルは昔を思い出して胸がいっぱいになる。数日後、チョンイルの携帯にジミンから電話があり、カフェで会うことに。ジミンはチョンイルが3浪したことで、チョンイルの母親から別れてくれと言われ、身を引いたことを告白する。そして、夫と死別し、女手一つで娘2人を育てていると言う。家に帰ってきたチョンイルは、ラヨンに、高級化粧品のセットを渡す。それは、ジミンが売っている化粧品なのだが…。

    もっと見る

    00:33:42

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第19話

    ある日、チョン家に大きな花かごが届き、ラヨンはチョンイルからだと思って大喜びしてチャットでメッセージを送る。メッセージを見たチョンイルは身に覚えがないので、不安になる。同僚に相談したところ、2人目を妊娠したのではという結論に達する。ケーキと花を買って帰ったチョンイルは、かえってラヨンを怒らせてしまう。チョン家に届いた花かごは、お隣の夫が妻のソヨンに送ったものが誤って配達されたのだった。一方グィナムはアン代理に思いを告げ、1週間後に返事をくれと伝えるのだが…。

    もっと見る

    00:31:46

    視聴開始から 2日間 / 216円

  • [字] 第20話

    チョン家の娘イキが、親友のミンソと釜山のミンソの家に泊まりに行きたいと言いだす。頑として聞き入れないラヨンに、チョンイルは行かせてやるよう言うが、ボーフレンドのコン・ユンも一緒だと聞き、絶対にダメだと言う。イキはチョンイルとは世代差を感じるし話が通じないと腹を立てる。世代差などという言葉とは縁がないと思っていたチョンイルは、娘の言葉に傷つく。ところが会社に行くと、グィナムのカジュアルな服装に、自分の時代にはそんな服装で会社に来る者はいなかったと嫌みを言うのだが…。

    もっと見る

    00:31:56

    視聴開始から 2日間 / 216円

<<

<

>

>>

1〜20件 /

40件中

PAGE
TOP