戦姫絶唱シンフォギアXV

00:23:40

戦姫絶唱シンフォギアXV

ジャンル
アニメ
サブジャンル
アクション
SF
音楽
製作年
2019
製作国
日本

ストーリー

02話 予告夏から冬へ季節は移ろい、企てもまた推移する。誰彼(たそがれ)より群がるは、骸求めて蠢く者。それこそがと疑わぬ、力に焦がれた獣ども。EPISODE 02「天空(ソラ)が墜ちる日」為すべきを為せと言う君に、ならばと返す君がいる。幕引きは声も高らかに、天国にアナタいちばん近い庭園(にわ)。

視聴開始から 2日間 / 216円

【レンタル期間】
レンタル時から30日以内に視聴を開始し、2日以内に視聴し終えてください。
レンタル期間をすぎると視聴ができませんのでご注意ください。

スタッフ開く

無料・予告一覧

1〜2件 /

2件中

  • EPISODE 01 人類史の彼方から

    悠久の風吹く彼方。先史文明期。砂塵に荒ぶシンアルの野、その付近。施設の暗がりを這いずる血みどろの雄は、自身の権限を以って装置を起動させる。それがいかなるものであるのか、詳らかにされないまま、全ては闇黒に没する。ただ一言、情を交わしたヒトの名を遺して――時は過ぎて現代。南氷洋にS.O.N.G.本部は浮上し、作戦行動を展開していた。此度の目的は、『棺』と呼ばれる遺跡の観測と対策の検討。だが、打ち立てた想定のほとんどは覆り、ロシアの南極観測隊を守るべく、想定範囲外の事態――『棺』そのものとの直接決戦にもつれ込んでいくのであった。真夏にして零下の湖上、新生(リビルド)した六領(シンフォギア)は十全に機能して不足はない。だが、無機質なれど『棺』の攻撃は、かつての難敵と並ぶほどに強烈苛烈。埒外の物理法則は、たちまちにして装者たちを蹂躙するのであった。昏倒する6人。薄れゆく意識の中で立花 響が思い起こすのは、事の始まり。それは、己が手に何を信じて何を握るのかを問われる、まだ見ぬ残酷の幕開けでもあった。

    もっと見る

    00:23:40

  • PV

    00:00:45

1〜2件 /

2件中

PAGE
TOP