シカゴ P.D. シーズン1

[字] [吹] シカゴ P.D. シーズン1

ジャンル
テレビドラマ
サブジャンル
海外ドラマ
アクション
刑事
製作年
2013
製作国
アメリカ

ストーリー

『シカゴP.D.』は、危険を顧みず街を守り抜く人間たちの活躍を描いた、手に汗握る全く新しい刑事ドラマだ。シカゴ警察21分署は、全く異なる二つのグループから成っている。街を巡回し、犯罪に対処する制服警官と街にはびこる凶悪な犯罪に立ち向かう特別捜査班だ。

動画のパック商品

シカゴ P.D. シーズン1の最新話

  • [字] [吹] 第15話 過去の傷

    アントニオ(ジョン・セダ)が、体調が回復するまで事務仕事に回されたことで、アトウォーター(ラロイス・ホーキンズ)が、特捜班の新しいメンバーとして迎え入れられる。リンジー(ソフィア・ブッシュ)は、抜き差しならない状況に追い込まれ、ボイトに助けを求める。一方その頃、ジン(アーチー・カオ)は、スティルウェル(イアン・ボーエン)と密会。シーズン最終話で、すべてが山場を迎えることになる。

    もっと見る

    00:42:01

    視聴開始から 2日間 / 220円

シカゴ P.D. シーズン1の各話一覧

1〜15件 /

15件中

  • [字] [吹] 第1話 境界線

    いくつかの残虐な殺人事件の後、ボイト巡査部長に率いられた21分署は、シカゴにいるコロンビアの麻薬カルテルを追う。特捜班は、 事件解明のカギとなる少年ディアンソニー(アイザック・ホワイト)を発見する。 21分署内では、複雑なしがらみと部署間の対立が浮上し、彼らの一員が犠牲になる可能性も出てくる。一方、オリンスキー(エリアス・コーテス)は、新米のルゼック(パトリック・フルーガー)を警察学校から引き抜き、特捜班の一員に加えるのだった。

    もっと見る

    00:43:01

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] [吹] 第2話 奪還

    アントニオ(ジョン・セダ)の息子ディエゴが誘拐され、彼は、コロンビアの麻薬組織の仕業だと睨む。収監されているコロンビアの麻薬組織のリーダー、プルポ(アルトゥーロ・デル・プエルト)は、自分を釈放すれば、ディエゴが解放されるかもしれないとほのめかす。ハルステッド(ジェシー・リー・ソファー)は、リンジー(ソフィア・ブッシュ)に関する新しい情報を得る。 ボイト(ジェイソン・ベギー)は、ディエゴの居場所を突き止めるために、アントニオに別の方法を提案するが…。

    もっと見る

    00:42:59

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] [吹] 第3話 守るべきもの

    ボイト(ジェイソン・ベギー)と特捜班は、悪名高いギャング組織とつながりのある家に踏み込む。その捜査後、ルゼック(パトリック・フルーガー)は、職務上、そして私生活上、将来影響が残るかもしれないトラウマのために、カウンセラーを探すように言われる。その頃、ハルステッド(ジェシー・リー・ソファー) は、過去のいわくつきの人物たちと遭い、感情を高ぶらせる。

    もっと見る

    00:42:48

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] [吹] 第4話 確執

    ハルステッド(ジェシー・リー・ソファー)が、ロディガー家を嫌う理由が、より明らかになる。オリンスキー(エリアス・コーテス)が、娘のレクシー(アリーナ・テーバー)を守ろうとし、ボイト(ジェイソン・ベギー)も、出所したばかりの息子を助けようとするなど親としての顔を覗かせ、彼らの家族関係が露見する。一方、特捜班は、布生地のような紙を使った高品質の偽造紙幣を発見し、偽造グループの捜査をする。プラット(エイミー・モートン)は、アトウォーター(ラロイス・ホーキンズ)とバージェス(マリーナ・スケルチアティ)に、ゴミ屋敷の住人を逮捕する任務を与える。そこで、二人は、ゴミ以上のものを発見することになる。

    もっと見る

    00:42:52

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] [吹] 第5話 無知の代償

    アトウォーター(ラロイス・ホーキンズ)とバージェス(マリーナ・スケルチアティ)は、新しいパトカーを与えられるが、決してキズをつけてはいけないという難題に直面する。 錯乱した女性に遭遇し、特捜班は、多くの少女の命を脅かす麻薬密輸事件へとたどり着く。ボイト(ジェイソン・ベギー)が、過保護なまでにリンジー(ソフィア・ブッシュ)を守る行動のように、彼女が、ジャスティンを窮地から救い出そうとする際にも同じような形で出てしまう。その頃、オリンスキーが、張り込みの秘訣をルゼックに教えようとしたことが原因で、張り込み中のオリンスキー(エリアス・コーテス)とルゼック(パトリック・フルーガー)の間の緊張が高まってしまう。

    もっと見る

    00:42:49

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] [吹] 第6話 支配と従属

    ボイト(ジェイソン・ベギー)とアントニオ(ジョン・セダ)は、連続レイプ・殺人事件の捜査をするために、ニューヨーク市警の性犯罪特捜部のフィン(アイスT)とロリンズ(ケリー・ギディッシュ)に協力する。バージェス(マリーナ・スケルチアティ)は、自分が特捜班の一員にふさわしい人間だと証明する機会を得る。その一方で、リンジー(ソフィア・ブッシュ)は、ハルステッドに恋人のように装ってもらい、高校の同窓会に出席して、当時のライバルを見返そうとし…。

    もっと見る

    00:42:21

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] [吹] 第7話 進むべき道

    特捜班は、ボイト(ジェイソン・ベギー)の息子であるジャスティン(ジョシュ・セガーラ)が事件に関わっているかもしれないフィトーリ殺害事件を扱うことになる。グラディシャー(ロビン・ウェイゲート) は、内務調査部とボイトの間での取り決め事をアントニオに話す。それがもとで、ボイトとアントニオの間に摩擦が生じる。 署内では、ルゼック(パトリック・フルーガー)が、バージェス(マリーナ・スケルチアティ)のプラット(エイミー・モートン)への仕返しに手を貸すことにする。

    もっと見る

    00:42:29

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] [吹] 第8話 チャイナタウンの闇

    ボイト(ジェイソン・ベギー)は、彼の疑惑を証明しようとしている内務調査部の新しい担当者スティルウェル(イアン・ボーエン)に会う。 賭博組織の捜査をする中で、ボイトは、元パートナーで、ギャング対策課のシー(マーク・ダカスコス)と組むことになる。同じ頃、ロニー・ロディガー(マシュー・シャーバック)に執着するハルステッド(ジェシー・リー・ソファー)は、ジン(アーチー・カオ)の同情を買い、さらなる情報提供を依頼。一方、調子に乗るルゼック(パトリック・フルーガー)を見かねたオリンスキーは、彼を降ろして鼻をあかし、アトウォーター(ラロイス・ホーキンズ)に特捜班に入る機会を与える。

    もっと見る

    00:41:57

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] [吹] 第9話 重要参考人

    通報を受け、現場に駆け付けたアトウォーター(ラロイス・ホーキンズ)とバージェス(マリーナ・スケルチアルティ)は、銃撃された被害者と唯一の目撃者レクシー・オリンスキー(アリーナ・テーバー)を発見する。銃撃は、ラテン系ギャングによるものだった。オリンスキー(エリアス・コーテス)の娘を庇護するため、ボイト(ジェイソン・ベギー)は、ギャング対策課から事件を引き継ぐ。ルゼック(パトリック・フルーガー)は、事件解決にバージェスの助けを借りようと、彼女をおとり捜査の任務につかせる。

    もっと見る

    00:42:25

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] [吹] 第10話 衝動

    ロニー・ロディガーが死体で発見され、ボイト(ジェイソン・ベギー)は、ハルステッド(ジェシー・リー・ソファー)を任務から外す。 ある自動車事故の後、セブライド(テイラー・キニー)とクラーク(ピーター・ミルズ)は、悪名高い犯罪者たちを刑務所に葬る証言をしていたエリオット博士の上半身の遺体を発見する。捜査が進む中、サムナー (シドニー・タミア・ポワチエ) は、自身の能力を示す絶好の機会を得る。その頃、捜査の過程で、リンジー(ソフィア・ブッシュ)とセブライドが急接近し…。

    もっと見る

    00:42:43

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] [吹] 第11話 消えた800万ドル

    ボイト(ジェイソン・ベギー)と特捜班は、銀行のクリアリング・ハウスで死体を発見し、現金800万ドルが盗まれ、二人の男が負傷しているのを知る。負傷したペルコ (ドゥサン・ファーガー)を追及し、彼から事件のカギとなる情報を得る。 アントニオ(ジョン・セダ)は、その情報から2つのギャング組織が関わっていることを確信する。バージェス(マリーナ・スケルチアティ)は、特捜班を助ける役を買って出て、自身の能力をボイトに示そうとする。その頃、プラット(エイミー・モートン)は、ルゼック(パトリック・フルーガー)が彼女のために一肌脱いでくれることで、いつになく優しくなる。

    もっと見る

    00:42:57

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] [吹] 第12話 午後8時30分

    特捜班は、爆弾犯を探し出そうと奮闘する。政府の役人たちが混成する中、ボイト(ジェイソン・ベギー)と特捜班メンバーは、自分たちのやり方と手がかりで事件の捜査を開始。リンジー(ソフィア・ブッシュ)とアントニオ(ジョン・セダ)は、手術のために病院に搬入されたシリア駐米大使を診た医師たちに聞き込みをするが、手がかりは何もつかめない。オリンスキー(エリアス・コーテス)が、確かな情報を得て、そこを足掛かりにして、特捜メンバーの捜査は急展開する。新たな爆弾が仕掛けられているかもしれない中、一刻の猶予もない。その頃、バージェス(マリーナ・スケルチアティ)は、生死の境をさまよう姪っ子の身を案じ、一睡もせずに状況を見守っていた。

    もっと見る

    00:42:49

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] [吹] 第13話 マイ・ウェイ

    ペリー署長(ロバート・レイ・ウィズダム)は、カルテルの凶悪なリーダーを捕まえるために、プルポを釈放したと特捜班に知らせる。自分の息子を誘拐されたアントニオがいる特捜班とプルポの間には、遺恨が残り、それをすんなりと受け入れるはずもない。一方、リンジー(ソフィア・ブッシュ)の過去からよみがえった衝撃の事実が、ルゼック(パトリック・ジョン・フルーガー)を困惑させる。そして、リンジーの過去が明るみに出ることになる。ボイト(ジェイソン・ベギー)は、彼女が、取り返しのつかないところまで来てしまい、すべてを台無しにしかねないと忠告する。同時に、ジン(アーチー・カオ)もまた、問題を抱えることになる。

    もっと見る

    00:42:30

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] [吹] 第14話 私刑

    アントニオ(ジョン・セダ)が生死の境をさまよう中、ボイト(ジェイソン・ベギー)とプラット(エイミー・モートン)は、自分たちの過去を語る。 ジン(アーチー・カオ)は、ボイトのパソコンをいじっているところを見つかるが、怪しまれないために、それらしい言い訳をする。チャーリー(ビリー・ワース)が、シカゴの街に戻ったのと同時に、リンジー(ソフィア・ブッシュ)は、いくつかのことを清算しなくてはならないと覚悟する。そして、ハルステッド(ジェシー・リー・ソファー)は、かねてより知りたかったボイトとオリンスキー(エリアス・コーテス)の過去をついに知ることになる。

    もっと見る

    00:42:55

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] [吹] 第15話 過去の傷

    アントニオ(ジョン・セダ)が、体調が回復するまで事務仕事に回されたことで、アトウォーター(ラロイス・ホーキンズ)が、特捜班の新しいメンバーとして迎え入れられる。リンジー(ソフィア・ブッシュ)は、抜き差しならない状況に追い込まれ、ボイトに助けを求める。一方その頃、ジン(アーチー・カオ)は、スティルウェル(イアン・ボーエン)と密会。シーズン最終話で、すべてが山場を迎えることになる。

    もっと見る

    00:42:01

    視聴開始から 2日間 / 220円

1〜15件 /

15件中

PAGE
TOP