扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~

[字] 扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~

ストーリー

ヤン・ミー×イーサン・ルアン豪華共演!総製作費83億円!視聴回数145億越!壮大なスケールで描かれる波乱に満ちた愛と運命の物語!

出演キャスト

スタッフ開く

扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~の最新話

  • [字] 第44話 天門墟の試練

    戦北野(せんほくや)を想う雅蘭珠(がらんじゅ)はどんな危険を冒しても彼を助けたいと、こっそりキョウ葉族の秘術を使う。そして、自分の視力と引き換えに彼の命を救ったのだった。一方、天門墟での試練を切り抜けた扶揺(フーヤオ)と長孫無極(ちょうそんむきょく)は、死にかけていた長孫平戎(ちょうそんへいじゅう)の命を助けて解毒薬を差し出させる。こうして、ようやく扶揺の体は回復したかに見えたが…。

    もっと見る

    00:45:02

    視聴開始から 7日間 / 216円

扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~の各話一覧

<<

<

>

>>

1〜20件 /

44件中

  • [字] 第1話 太淵国の政変

    天権国が穹蒼聖地の命を受け太淵国、センキ国、天殺国の三国を統率する五州。この地を1100年前に血に染めた帝非天を再び呼び覚ます五色石を持つ少女を探す使命が、玄霊真葉を授かった者に与えられた。一方、太淵国では、玄元派で自分の正体を知らないまま奴婢として育った孤児・扶揺(フーヤオ)の数奇な冒険が始まろうとしていた…。

    もっと見る

    00:45:07

    無料

  • [字] 第2話 入れ替わった世子

    扶揺(フーヤオ)は渓谷の池で正体不明の男と知り合い、彼が太淵国の国公・斉震(せいしん)が保護した世継ぎの軒轅旻(けんえんびん)になりすましていることに気づく。また、玄元派の掌門・燕烈(えんれつ)の息子である燕驚塵(えんきょうじん)とその妹弟子で斉震の姪・裴エン(はいえん)の婚約が発表されたことで扶揺は驚き傷つくことに。彼女は奴婢の身分ながら兄弟子と慕う燕驚塵と愛を誓い合っていたが…。

    もっと見る

    00:45:05

    無料

  • [字] 第3話 裏切られた恋心

    軒轅旻(けんえんびん)に助けられ神獣のジ鉄から逃れた扶揺(フーヤオ)は、彼になりすましであることを黙っているよう口止めされる。また、燕驚塵(えんきょうじん)が彼女への愛を口にしながら野心のために裴エン(はいえん)と結婚すると悟った扶揺は、彼にきっぱりと別れを告げる。だが、二人の関係に嫉妬する裴エンは、扶揺を無理やり畋闘賽に参加させ亡き者にしようと企んでいた…。

    もっと見る

    00:45:10

    無料

  • [字] 第4話 命を賭けた腕比べ

    玄元派の弟子たちが能力を競う畋闘賽の第1回戦はジ鉄と戦うことだった。そこで扶揺(フーヤオ)は軒轅旻(けんえんびん)がジ鉄を眠らせた技をまねて見事に勝利を勝ち取る。その後、彼女は軒轅旻にもらった貴重な薬を傷を負った燕驚塵(えんきょうじん)に渡しにいく。ところが、彼女は玄元派の掟を破ったとして捕らえられ、生きては戻れないといわれる無念鏡に送られて…。

    もっと見る

    00:45:04

    視聴開始から 7日間 / 216円

  • [字] 第5話 悪夢の修業

    扶揺(フーヤオ)を無念鏡から救い出してくれた軒轅旻(けんえんびん)は畋闘賽の第2回戦でも助っ人として彼女の前に現れる。そして、彼の協力で扶揺は勝ち残るが、最後に渓谷の池に落ちて不思議な体験をする。さらに、何者かに剣術の修業を受けているような悪夢を見ては、覚えのない場所で目覚めるようになった扶揺。そんな彼女を目にした軒轅旻は…。

    もっと見る

    00:45:04

    視聴開始から 7日間 / 216円

  • [字] 第6話 禁断の破九霄

    畋闘賽の第3回戦に出ることになった扶揺(フーヤオ)は生きては帰れない覚悟で試合に臨む。結果、見事に最終決戦に残り燕驚塵(えんきょうじん)と対戦、勝利を手にする。一方、扶揺を侮っていた燕驚塵は知らぬ間に実力をつけていた彼女に敗北を喫し動揺する。そんな中、燕烈(えんれつ)が盗まれた禁断の術・破九霄を使ったと扶揺を糾弾、彼女は投獄されることに…。

    もっと見る

    00:45:08

    視聴開始から 7日間 / 216円

  • [字] 第7話 五色石を持つ少女

    燕烈(えんれつ)が燕驚塵(えんきょうじん)に途絶えてしまった玄元派の秘術・破九霄を取り戻すよう語っていた頃、扶揺(フーヤオ)は育ての親・周じいの手引きで脱獄を図る。だが、周(しゅう)じいは彼女を助けるため犠牲となり、息絶える前に彼女に五色石を渡すと五州を旅して彼女にかけられた封印を解くようにと言い遺す。その後、裴エン(はいえん)によって崖の上に追い詰められた扶揺は…。

    もっと見る

    00:45:03

    視聴開始から 7日間 / 216円

  • [字] 第8話 玄元派との訣別

    軒轅旻(けんえんびん)に自分だけでなく親友・小七(しょうしち)の命をも助けてもらい、感謝する扶揺(フーヤオ)。彼女は自分たちを殺そうとした裴エン(はいえん)を訪ねて果し合いをするが、命は取らずにその場を立ち去る。だが、普段から侍女に恨まれていた裴エンは、仕返しをされて顔に醜い傷跡が残ったのだった。一方その頃、斉震(せいしん)は突然姿を消した軒轅旻の行方を探していたが…。

    もっと見る

    00:45:10

    視聴開始から 7日間 / 216円

  • [字] 第9話 天サツ国の武将

    軒轅旻(けんえんびん)と別れて小七(しょうしち)と昆京に向かった扶揺(フーヤオ)は、竹林の中で不思議な体験をする。だが、天殺国の烈王・戦北野(せんほくや)に遭遇して難を逃れる。そして、昆京まで彼の率いる軍隊と行動を共にすることになるが、ある朝目覚めると、戦北野が身につけていた摂坤鈴と小七の姿が消えていた。そのせいで扶揺は戦北野の人質となってしまい…。

    もっと見る

    00:45:07

    視聴開始から 7日間 / 216円

  • [字] 第10話 もう一人の世子

    斉震(せいしん)の政敵である御史・章鶴年(しょうかくねん)の元に世継ぎを名乗る軒轅暉(けんえんき)が現れ、軒轅の血脈の証である御水の術を披露する。その頃、太淵国王の容体が悪化、水を御しきれなくなった昆京は大雨に見舞われていた。そんな中、橋を渡っていた戦北野(せんほくや)が水に流されて溺れ、扶揺(フーヤオ)が助け出す。そこに彼を追いかけてきたキョウ葉族の公主・雅蘭珠(がらんじゅ)が現れ…。

    もっと見る

    00:45:04

    視聴開始から 7日間 / 216円

  • [字] 第11話 うごめく陰謀

    戦北野(せんほくや)に片想いする雅蘭珠(がらんじゅ)に協力して仲良くなった扶揺(フーヤオ)は、一緒に昆京の街を歩き大勢の人で賑わう上已節の祭りを楽しむ。一方その頃、名高い医師である宗越(そうえつ)を昆京に呼び寄せた斉震(せいしん)は、太淵国王の容体が好転したように見せかけてほしいと持ちかけていた。また、兄の天殺国王・戦南城(せんなんじょう)に命を狙われていると気づいた戦北野は…。

    もっと見る

    00:45:03

    視聴開始から 7日間 / 216円

  • [字] 第12話 軒轅の血族

    宗越(そうえつ)は親友の軒轅旻(けんえんびん)と廃墟の屋敷で再会し、15年前に一族を虐殺された日のことを思い返す。実は彼の亡き父は太淵国の世継ぎで彼は復讐のために生きてきたのだ。一方、滞在する官舎に火を放たれた戦北野(せんほくや)は戦南城(せんなんじょう)と手を組んだ斉震(せいしん)の放った刺客と対峙。また、扶揺は彼女を恨み続ける裴エン(はいえん)の陰謀により絶体絶命の危機に陥って…。

    もっと見る

    00:45:07

    視聴開始から 7日間 / 216円

  • [字] 第13話 変顔の術

    軒轅旻(けんえんびん)に再び命を救われた扶揺(フーヤオ)は戦北野(せんほくや)の元で療養し、彼との間の誤解を解く。そして、摂坤鈴も小七(しょうしち)も斉震(せいしん)の屋敷に隠されていると考え、戦北野と協力し合うことにする。そのために雅蘭珠(がらんじゅ)による変顔の術で顔を変えた扶揺は、斉震の遠縁の娘・宇文紫(うぶんし)になりすまし屋敷に潜入。その頃、軒轅旻も摂坤鈴の行方を追っていたが…。

    もっと見る

    00:45:02

    視聴開始から 7日間 / 216円

  • [字] 第14話 御水の術

    光る五色石に導かれた扶揺(フーヤオ)は戦北野(せんほくや)と共に洞窟を進み摂坤鈴を見つける。ところが、そこに思いがけず軒轅旻(けんえんびん)が現れて二人を制止する。一方、太淵国王の訃報を受け取った斉震(せいしん)はついに王座を手にする時が来たと考える。そして、密かに拉致した軒轅暉(けんえんき)の血と摂坤鈴を使い穹蒼聖地の幻生殿の殿主・非煙(ひえん)から御水の術を授かる儀式を行い…。

    もっと見る

    00:45:05

    視聴開始から 7日間 / 216円

  • [字] 第15話 軒轅旻の即位

    皆の前で御水の術を披露し王座に就く機会を軒轅旻(けんえんびん)に奪われた斉震(せいしん)。彼は国王となった軒轅旻に従うふりをしつつ心で復讐を誓う。一方その頃、軒轅暉(けんえんき)になりすましていた太妍(たいけん)は兄弟子の軒轅旻を訪ねていた。その後、軒轅旻の発案で巻き狩りが行われ、斉震、戦北野(せんほくや)、裴エン(はいえん)が参加する。また、扶揺(フーヤオ)もこの機に小七(しょうしち)を救出しようとして…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 7日間 / 216円

  • [字] 第16話 新王暗殺計画

    軒轅旻(けんえんびん)に助けられ裴エン(はいえん)に捕らわれていた小七(しょうしち)を取り戻した扶揺(フーヤオ)。彼女は摂坤鈴に体を蝕まれた小七の治療を戦北野(せんほくや)に託す。そして、軒轅旻と共に襲ってきた非煙(ひえん)と戦い絶体絶命となった彼を救う。一方、斉震(せいしん)は軒轅旻の暗殺に失敗したものの、彼の恩人となった宇文紫(うぶんし)が妃に迎えられると聞くと、彼女を養女にして利用しようと考え…。

    もっと見る

    00:45:03

    視聴開始から 7日間 / 216円

  • [字] 第17話 御鱗台を開く鍵

    宇文紫(うぶんし)として後宮に入るわけにはいかないと考えた扶揺(フーヤオ)は住まいに火を放ち屋敷から脱出を図る。そして、宗越(そうえつ)の援護で逃亡に成功するが、毒矢を受けた彼から代わりに大事な物を宮中に届けてほしいと頼まれる。それは行方不明の神物・竜鱗甲の在処を占う御鱗台を開ける鍵だった。それを軒轅旻(けんえんびん)に渡した扶揺が御鱗台を訪れると…。

    もっと見る

    00:45:18

    視聴開始から 7日間 / 216円

  • [字] 第18話 入宮の決意

    宇文紫(うぶんし)が火事を逃れて助かったと知った斉震(せいしん)は一安心。同時に毒矢を受けたはずの刺客を探すよう養子の雲痕(うんこん)に命じる。その後、宇文紫こと扶揺(フーヤオ)は後宮入り前の身体検査を受けるため宮中に向かうが、何者かにさらわれる。その犯人は帰国を決めた戦北野(せんほくや)だった。彼は扶揺が自ら宮中に潜入するつもりだとわかると摂坤鈴を託し…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 7日間 / 216円

  • [字] 第19話 兄弟の宿命

    誘拐された宇文紫(うぶんし)が無事に見つかり事なきを得るが、斉震(せいしん)は軒轅旻(けんえんびん)の自作自演を疑う。その頃、雲痕(うんこん)は刺客が宗越(そうえつ)だと気づきながら別に犯人を仕立てて刺客はすでに斬首したと斉震に報告する。なぜなら宗越に生き別れの実の兄だと明かされたからだ。同時に、雲痕は忠誠を誓う養父の斉震が憎むべき両親の仇だと知って苦悩し始め…。

    もっと見る

    00:45:53

    視聴開始から 7日間 / 216円

  • [字] 第20話 お妃選び

    宮中で軒轅旻(けんえんびん)のお妃選びが始まるが、真面目に妃を選ぼうとしない当人を前に斉震(せいしん)は困惑する。一方、斉震の裏をかいて策略を巡らす軒轅旻は、将軍・唐伯年(とうはくねん)の娘・唐シ蓉(とうしよう)を賢夫人に選んだ後に、西平(せいへい)郡王家の一人娘・高普若(こうふじゃく)も賢夫人にする詔を下す。そして、翰林・簡深の娘・簡雪(かんせつ)を徳夫人に、宇文紫(うぶんし)こと扶揺(フーヤオ)を淑夫人に封じて…。

    もっと見る

    00:45:09

    視聴開始から 7日間 / 216円

<<

<

>

>>

1〜20件 /

44件中

PAGE
TOP