王朝の謀略 周新と10の怪事件

[字] 王朝の謀略 周新と10の怪事件

ジャンル
韓流アジア
サブジャンル
アジアドラマ
時代劇
ミステリー
歴史
製作年
2018
製作国
中国

ストーリー

歴史にその名を残す名捜査官が挑む10の難事件! ミステリー小説&ドラマブームに湧く中国の視聴者を虜にした傑作シリーズ!!本作の主人公“鉄面御史”こと周新(しゅう・しん)は、明朝の洪武帝から永楽帝の時代に活躍した実在の凄腕監察官。不正を憎む清廉潔白な人物として知られ、多くの官吏の汚職を弾劾、厳しく罰したとされる。また、本作に登場する事件や主要キャラクターもすべて実際に起こった出来事・実在の人物がもとになっている。数々の歴史的な資料や民間伝承を参考にしたリアリティと意外さのバランス、起伏に富んだストーリーとスピード感のある展開、どこかホームズとワトソンを思わせる周新と美人剣士・思キ(しき)のコンビが醸し出すユーモア、そして良質なミステリー作品が持つ強い求心力が相まって、中国での放送時には視聴者から「見始めたら止まらない!」「早く続きが見たい!」との声が多数あがった。主演は、プロダクションデザインも手掛けたヤオ・ルー。普段は人情に厚く飄々とした人柄ながらも、ひとたび事件が起これば眼光鋭く真実を追い求める、聡明にして豪胆な“正義の士”を貫禄たっぷりに演じきっている。監督:ツイ・ハーク×アクション監督:サモ・ハン×主演:アンディ・ラウという豪華トリオの顔合わせでスタートした人気映画“ディー判事”シリーズ、BSテレ東やCSチャンネル銀河での放送で大反響を巻き起こしたヒットドラマ『開封府 北宋を包む青い天』に続く、時代劇ミステリーの決定版!!

出演キャスト

スタッフ開く

王朝の謀略 周新と10の怪事件の最新話

  • [字] 第30話

    海沿いの豊かな町々が、倭寇による略奪に見舞われていた。掃討を試みるも成果は出ないばかりか、倭寇の暴挙は勢いを増すばかり。町の安寧が脅かされ、民衆は恐怖に震えていた。都に近い浙北地域を標的にするなど明国を侮辱しているも同然だ、すぐにでも対策を講じなければ――と、そろって思案する大臣たち。そんななか、京衛指揮使であり、これまでにも数々の戦功をあげてきた武将・魯イ(ろ・い)が、いち早く出兵を志願し…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

王朝の謀略 周新と10の怪事件の各話一覧

<<

<

>

>>

1〜20件 /

30件中

  • [字] 第1話

    永楽11年、杭州の妓楼・香草院で事件は起こった。客の男が死体で発見されたのだ。男の名は傅玉堂(ふ・ぎょくどう)――科挙を取り仕切る高官で高潔な人物として知られていた彼が、遊興の場に赴いたあげくに殺されたとあって、杭州府の呉(ご)知事は、香草院の女将らを厳しく取り調べることに。そんななか、都にその名を轟かせる正義の士“鉄面御史”こと周新(しゅう・しん)のもとに玉堂が暗殺されたことを知らせる投げ文が…。

    もっと見る

    00:45:06

    無料

  • [字] 第2話

    周新(しゅう・しん)は傅玉堂(ふ・ぎょくどう)殺人事件の解明のため、杭州へ派遣されることが決まった。周新の身を案じる思キ(しき)は同行させてほしいと訴えるが、周新は断固として聞き入れず、都に留まるよう命じる。納得できない彼女は、“私が周様を守る”と周夫人に置き手紙を残して、密かに杭州へと旅立つのだった。一方、杭州に到着した周新は、事件の容疑者として投獄されている香草院の妓女らのもとを訪れ…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第3話

    浄壇寺へお参りに向かう途中、妙な占い師に呼び止められた妙香(みょうこう)。“お代は結構”と言われて軽い気持ちで話を聞いた彼女は、自分しか知らないはずの事を言い当てられ驚くのだった。おかしな事はその後も続く。参拝の帰りにひと休みしようと東屋で腰を下ろした彼女は、手持ちのカゴを開けて違和感を覚えた――自分の持ち物とは何か違うのだ。中には、見覚えない手鏡が。一体どういうことなのかと不思議に思った、その時…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第4話

    周新(しゅう・しん)の許しを得ることもなしに小扣子(しょうこうし)の捜索を続ける思キ(しき)は、施(し)県令を訪ねて協力を願い出た。渋る県令に対して“人相書の女”の居場所を教えると交換条件を出す思キだったが、それが彼の神経を逆なでする結果となり、追い払われてしまうのだった。一方、順風旅館での殺人の下手人であると疑われ、身を隠していた妙香(みょうこう)は、まだ事情を知らない弟・妙法(みょうほう)のもとを訪ね…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第5話

    姉の妙香(みょうこう)が持ち帰った手鏡の価値を鑑定すべく、骨董店にやってきた妙法(みょうほう)。しかし、期待とは裏腹に鏡そのものは特別な品物ではなかった。がっかりしながら店を出た彼は、路地裏で見知らぬ男に襲われる。必死で抵抗したものの腹を刺された妙法は、そのまま帰らぬ人となってしまうのだった。謎の詩が刻まれた手鏡のせいで、3人もの命が奪われた。妙香は、災いの元である手鏡を道端のくずカゴに捨てたのだが…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第6話

    堅固な楼閣を作るべきだと主張する高大毛(こう・だいもう)と、文人らしい優雅な平屋こそふさわしいと断言する姜老七(きょう・ろうしち)。2人の親方による県令公邸の建築案は対極にあった。どちらを選ぶべきか――判断は伍(ご)県令に委ねられたが、自身で決められない県令は“くじ”に頼り、その結果、大毛の案が採用されることに。ところが、負けた老七が不満をぶつけ、またもや口論が始まる。これにうんざりした伍県令は…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第7話

    姜老七(きょう・ろうしち)が失踪した。妻の彩鳳(さいほう)が、公邸の建築の件でケンカしていた高大毛(こう・だいもう)が夫を殺したのだとわめき立てたため、まずは関係者を呼んで審理をすることに。酒場からの帰り道も老七と一緒ではあったが、途中で別れたと訴える大毛。しかし、2人は昔から犬猿の仲で、職業上の利害関係もあったことから、疑いはぬぐえない。そのうえ、大毛の屋敷の裏庭に血痕があるという新たな情報が…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第8話

    川から姜老七(きょう・ろうしち)の物と思われる靴と瓢箪が見つかった。これにより、伍(ご)県令は老七が水死したと確信する。ところが周新(しゅう・しん)は、遺体が見つからない限り断定するのは早計だと苦言を呈するのだった。伍県令もそれは承知しているが、大人数で1日かけて川底をさらっても遺体が見つからない現状に参ってもいた。周新に意見を求められた思キ(しき)は、遺体がすでに数里先まで流されているではないかと推測し…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第9話

    事件を解決し、浙江按察使司に戻った周新(しゅう・しん)に、妻からの手紙が。そこには、妻と岳父の梁思遠(りょう・しえん)が杭州へ来ることが記されていた。「得がたい好機だ」と周新。その際に傅玉堂(ふ・ぎょくどう)夫人を連れてきてもらい、夫婦の対面を終えてから玉堂の遺体を埋葬しようと考えたのだ。紀綱(き・こう)らの監視をかわして傅夫人を屋敷から連れ出す方法を考えついた娘に説得され、思遠も協力する決意を固めるが…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第10話

    ある日の深夜、紀綱(き・こう)は余人傑(よ・じんけつ)を呼び出すと、傅玉堂(ふ・ぎょくどう)殺害事件の進捗を尋ねた。事件の詳細は周新(しゅう・しん)にしか分からないと答える人傑。すると紀綱は、何か分かったら自分に知らせること、そして今日話をしたことは他言無用だと約束させ、人傑に宝玉を手渡すのだった。一方、思キ(しき)は玉堂宛てに届いた匿名の直訴状の復元に成功。差出人を割り出すため役人たちの筆跡を調べることに…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第11話

    県令の兪修之(ゆ・しゅうし)に会うため役所を訪れた周新(しゅう・しん)一行は、そこである未解決事件について聞いた。詳細はこうだ――商売人の三保(さんぽう)が殺され、その妻の桂枝(けいし)と相婿の鄭泰(てい・たい)が捕縛された。厳しい拷問の末の自白により、2人には死罪が言い渡されたが、直後に就任した兪県令が一転、冤罪の可能性を認める展開に。しかし、無罪とする証拠もないため、彼らを牢から出すこともできずにいるというのだ…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第12話

    刑の執行前夜、最後の食事を前にして語る桂枝(けいし)と鄭泰(てい・たい)。部屋の外で2人の話に聞き耳を立てていた周新(しゅう・しん)たちは、彼らが罪人ではないと、改めて確信するのだった。それでは、真の下手人は誰なのか――翌日、再び事件現場を調べていると、小扣子(しょうこうし)が木の上で小さな袋を発見する。その袋には“朱”という文字が刻まれており、中には家畜の去勢に使うと思しき刃物と針、糸が入っていて…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第13話

    傅(ふ)殿に真実を暴かれぬよう、罠を仕掛けた者がいる――玉堂(ぎょくどう)と親しかった羅揚(ら・よう)は、そう言い切った。玉堂は杭州行きに危険が伴うことを事前に察していたうえ、明らかに普通の文とは違う差出人不明の書状が、彼のもとに届いてもいたという。これを聞いた周新(しゅう・しん)は、傅夫人に会って事の次第を聞いてほしいと羅揚に頼むのだった。やがて、周新が按察司に戻ると、唐瑛(とう・えい)から贈り物が届いており…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第14話

    梨花(り・か)が転落したと思われる橋の上で拾った包み紙を頼りに、薬舗を訪れた思キ(しき)は、身なりは質素ながら裕福そうな中年の婦人が、大量の天花粉を買ったという証言を得た。大量の天花粉は堕胎に使われるのが常。周新(しゅう・しん)と思キには思い当たる人物がいるものの、確かな証拠はなかった。ただ、どちらにせよ梨花のお腹の子と繋がりがあるなら唐瑛(とう・えい)が無関係なはずはない。そこで2人は唐家を訪れるのだが…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第15話

    息子の阿林(ありん)ではなく、唐瑛(とう・えい)を愛した梨花(り・か)を逆恨みして殺したのだろう――周新(しゅう・しん)に問い詰められた三(さん)おばさんは、驚いてそれを否定した。彼女は、橋から転落した梨花が藤の“つる”につかまり、助けを呼びにその場を離れ、戻ってみると姿はなかったと説明。耐えきれずに川へ落ちて流されたのだろうと述べたのだった。ところが事実は違った。つるは何者かにより故意に切られていたのだ…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第16話

    現場に残された唐(とう)家の匕首が証拠となり、唐瑛(とう・えい)は梨二(り・じ)を殺害した罪で引っ立てられた。その夜、周新(しゅう・しん)のもとに、唐瑛の釈放を願う唐夫人がやってくる。しかし、唐瑛には梨二殺害の他に、郷試での不正の嫌疑までかかっいる。釈放がかなわないと見るや、唐夫人は袖口から周新の岳父・梁思遠(りょう・しえん)の文を取り出して、“唐家の顔は潰せてもお義父上の顔は潰せますまい”と言い放ち…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第17話

    周新(しゅう・しん)の身を案じ、傅玉堂(ふ・ぎょくどう)の事件から手を引くように願う傅夫人だったが、彼の意志は変わらなかった。傅夫人は、それならばせめて力になりたいと、玉堂が杭州に来る前に受け取ったとされる例の書状を周新に手渡すのだった。一方その頃、顧杉(こ・さん)は、譚耳(たん・じ)ら複数の友人を招いて宴を開いていた。俺のおごりだと上機嫌の顧杉だったが、しばらくすると突然、喉元を押さえて苦しみ出し…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第18話

    食事代の支払いを求めて、聚仙酒楼の店主が顧(こ)家へ乗り込んだ。顧杉(こ・さん)から、勘定は、ある富豪が持つと聞いていた尤達(ゆう・たつ)は、店主をなだめつつ“富豪”とは誰なのかを尋ねるも、確たる答えは得られない。怒り心頭の店主は、顧夫人が支払いを拒否するなら訴えると息巻いてその場を後にするのだった。そんな彼を呼び止めた周新(しゅう・しん)は、宴会で提供された料理を知るため、勘定書きの提示を求めるのだが…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第19話

    指で“4”を示したまま死んだ顧杉(こ・さん)。夫人曰く、顧杉は夜中に寝ぼけて妙な行動を取ることがあり、起こして聞くと「4人で義兄弟の契りを結び、助け合うと誓った」と言ったらしい。“4”が4人の義兄弟を意味するのであれば、死ぬ間際に示した意図は何か。謎は深まるばかりである。一方、夫の譚耳(たん・じ)の取引相手からもらった龍涎香を返却するため、雲娘(うんじょう)は従弟の余人傑(よ・じんけつ)と共に贈り主の家を訪れたが…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

  • [字] 第20話

    周新(しゅう・しん)は、皆が揃った食卓の場で、思キ(しき)と小扣子(しょうこうし)には都にいる妻の世話を任せたいと断言した。傅玉堂(ふ・ぎょくどう)の事件に関わった者が次々と死んでいく今、2人に累が及ぶのを恐れたのだ。もちろん、この命令に納得できるはずもない。思キは、自分を杭州から追い払おうとする周新の目をまっすぐに見つめて言った。“今生の思キは命ある限り、周様の護衛。誰にも邪魔はさせない”と…。

    もっと見る

    00:45:06

    視聴開始から 2日間 / 220円

<<

<

>

>>

1〜20件 /

30件中

王朝の謀略 周新と10の怪事件の最新メディアニュース

2015年10月09日 更新

PAGE
TOP