ハングリーハート WILD STRIKER

ハングリーハート WILD STRIKER

ジャンル
アニメ
サブジャンル
スポーツ
青春
製作年
2002
製作国
日本

ストーリー

原作は「キャプテン翼」の高橋陽一。叶恭介はサッカーが好きだが兄へのコンプレックスからサッカーに熱くなれず、気性は荒くケンカっ早い。そんな恭介が、サッカー部の仲間達とNo.1を目指す、熱いストーリー。

スタッフ開く

ハングリーハート WILD STRIKERの最新話

  • 第52話 行って来い!叶恭介!!

    選手権大会での恭介の活躍が認められ、恭介はU-22の対外試合に召集される。かつてのライバルたちと同じピッチを駆ける恭介は、そこで世界レベルの高さに触れ、驚くとともに自分の力不足に悔しがる。しかし恭介の闘志溢れるプレーは、見た者に鮮烈な印象を残していた。帰国後、そんな恭介にオランダの名門クラブチームからのオファーが舞い込む。打倒天竜を誓いあった茜ヶ丘イレブンの前ではキッパリと断った恭介だったが……。

    もっと見る

    00:23:05

    視聴開始から 2日間 / 110円

ハングリーハート WILD STRIKERの各話一覧

<<

<

>

>>

1〜20件 /

52件中

  • 第1話 お前、恭介か……?

    日本が誇る天才MF叶成介の弟、叶恭介は高校1年生。かつてのサッカー少年も、偉大な兄と比較される重圧に耐え切れず、今では怠惰に過ごす毎日を送っていた。そんなある日、街の不良たちとケンカになった恭介は、思わず目の前のサッカーボールを不良たちめがけて蹴り込んでしまう事件を起こす。あわてて逃げた恭介だが、一連の騒ぎをサッカー部マネージャーの森と、女子サッカー部キャプテンの辻脇美紀が目撃していた。

    もっと見る

    00:23:25

  • 第2話 ありがとう…コーチ!

    美紀から、半ば強引に女子サッカー部のコーチを引き受けさせられた恭介は、女子部員たちにグラウンドの石拾いを命じる。渋々従っていた部員たちだったが、その数も日が経つにつれて減って行き、ついには美紀一人となってしまう。それでも黙々と作業を続ける美紀の姿に打たれ、恭介の中で何かが変わった。彼の中にくすぶるサッカーへの情熱に気づいた美紀は、強い口調で恭介にサッカーに戻るよう説得する。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第3話 絶対…負けねーっ!

    ついに城陽茜ヶ丘サッカー部へ入部した恭介だが、グラウンドでは新入生のロドリゴと境J公司が先輩たちともみ合っていた。外国からのサッカー特待生の二人は、自分たちの実力は先輩たちよりも上なのだからレギュラーにさせろと言うのだ。「サッカーの試合でケリつけりゃいいじゃねえか」、割って入った恭介の一言でレギュラーの座とグラウンド100周を賭けた、恭介ら3人と1年生vs2、3年生レギュラー陣の闘いの火蓋が切っておとされる。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第4話 オレ?何?ディフェンダー!?

    張り切る恭介は、家出同然でサッカー部の寮に入寮。練習でも自分勝手な我が儘プレーし放題の恭介にマネージャーの森は頭を痛めるが、本人はどこ吹く風。しかし、栄養士兼トレーナーの香織に欠点をズケズケ指摘され、寮母の福子からは苦手な生野菜を食べさせられるなど散々な滑り出しになってしまう。さらに恭介に追い打ちをかけるように、監督の村上は翌日の国領高校との練習試合、なんと恭介を未経験にも関わらずDFとしてスタメンに入れてしまう。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第5話 逃げまくり?

    いよいよ練習試合開始。相手の国領高校はユース代表選手4人を擁する全国屈指の強豪校、4人をベンチに下げての余裕のキックオフ。DFで出場した恭介だが慣れないポジションに、プレーはボロボロでチームも完敗。プライドを傷つけられた恭介は、翌日の練習でも同じ一年生FWに簡単に抜かれてしまい、すっかりやる気を喪失。FWに戻してくれという直訴も相手にされず。苛立ちも絶頂の恭介はサッカーをやめると宣言、グラウンドを去っていく。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第6話 なんでFWじゃなきゃダメなの?

    退部して早々、毎日遊び回る恭介だが心にポッカリと穴が空いて虚しいだけ。しかも、一緒の女友達からは「せっかく試合に出られるのになんでFWじゃないとダメなの?」と正論を突かれ、イライラは募るばかり。そんな中、女子サッカー部のインターハイ予選が始まる。しかし、キャプテンとしての責任感からオーバーワーク気味の美紀は絶不調。偶然見つけた街頭ビジョンで、苦戦する美紀たちの姿を見た恭介の足は会場へと向かう。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第7話 サッカーをなめるな!

    DFとしてやり直す決意をした恭介だったが、なかなかテクニック上達にはおよばずイライラしている。一方、ブラジルからのサッカー特待生ロドリゴもチームになじめず確執を生んでいた。自分のテクニックに絶対の自信を持つロドリゴだが、村上にフィジカル面での弱さを指摘され大きなショックを受ける。しかし決して腐ることなく、黙々とトレーニングを開始したロドリゴの真摯さに刺激された恭介も、彼の特訓に付き合うようになる。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第8話 決して誰にも、渡しはしない!

    恭介とロドリゴ2人だけの特訓が続く中、一人マイペースの境。しかし、彼の欠点をすでに見抜いていた村上は、境に10本のシュート対決を持ちかける。あざやかに防いでいく境に感嘆の声が上がる中、何故か村上の表情は渋い。そして、ある1本のシュートから何故か境の動きが止まってしまった。そこからは真ん中のボールすら止められないほどボロボロ。自分を見失い、悩む境を香織は恭介とロドリゴ、2人の特訓場所につれていくのだった。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第9話 男のくせに何びびってるの!?

    初戦、城北高校との試合でまさかのFWを命じられた恭介。境やロドリゴとの練習でDFとして自信もつけてきただけに戸惑いは隠せない。案の定、ツートップの息がまったく合わず、自分のミスから点を献上してしまう。チームの足を引っ張り落ち込む恭介に心ない一声を浴びせる村上。愕然とする皆をよそに、さらに村上は恭介のワントップを指示。いよいよ監督の真意がわからなくなった恭介だが、なかばヤケ気味に開き直って後半に挑む。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第10話 見える!はっきりと見える!

    DFとしての経験は無駄にはなっていなかった。駆け引きを身につけた恭介は、自分でもそれと気づかないうちに相手DFの動きを先読みし、あっさりと抜き去ってゆく。自らのゴールで一点をもぎ取ってなお、どうやってDFを抜き去ったのか自分でも半信半疑。恭介のプレーで流れは完全に茜ヶ丘ペースになるが、城北は恭介を徹底マーク。業を煮やしたロドリゴは相手DFの堅牢な守りの中、一人でゴール前に切り込んでゆく。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第11話 恭介君が、茜ヶ丘の弱点…?

    初戦に勝利し、練習に身が入る城陽茜ヶ丘サッカー部。しかし立役者の一人、恭介は初戦のプレーに気をよくして、ロドリゴの個人技を自分のものにしようと一人舞い上がるばかり。そんな恭介たちをよそに、2回戦の相手である超エリート校、相手のデータを分析し弱点を突く、IDサッカーで注目される陵星大付属のキャプテン古木は、そんな恭介こそ茜ヶ丘のウイークポイントだと分析、ワントップ恭介のミスを誘う作戦で茜ヶ丘を苦しめる。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第12話 枠にとらわれるな!

    古木の読み通りミスを連発し、チームの誰からもパスが貰えなくなった恭介は、やけになって味方のボールさえ奪いはじめる始末。さらに恭介という起爆剤を失った茜ヶ丘の単調な攻撃は、IDサッカーの前に読まれてしまい、大ピンチ。その時、キャプテン佐古が恭介を呼びつける。「俺の言う通りにすると約束すればパスをやる」。一も二もなくこの条件を飲んだ恭介さえも戸惑わせる、セオリーを無視した佐古の作戦とはいったい?

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第13話 爆発頭のお兄ちゃーん!

    信号機を破壊したオレンジシュート事件。その発端となったサッカー少年健太が、城陽茜ヶ丘に通う姉のかりんに連れられてグラウンドにやってきた。恐縮するかりんを尻目に勝手にサッカー部の練習に入り込み、すっかり恭介たちとも意気投合、みんなの人気者になってしまう。一方、はじめは弟にせがまれて仕方なくサッカー部の練習を見学することになってしまった姉のかりんだが、次第にマネージャーという仕事に興味を持ち始めるのだった。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第14話 全員、ロッカーに集合だ!

    準決勝3回戦を迎えた茜ヶ丘イレブン。対戦相手はパワー、テクニック、そして迫力にも劣る山ノ森高校。序盤こそ試合のペースを掌握、圧倒する茜ヶ丘だったが、全員サッカーの厚い守備に阻まれ得点にはいたらない。焦る茜ヶ丘とは対照的に、攻撃が機能し始めた山ノ森は2点を先制。ハーフタイムを前にして息の上がった茜ヶ丘イレブンに対し、汗ひとつかかない山ノ森イレブン。一向に見えない突破口、戸惑いが現実のものとなってゆく。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第15話 な、なんだ、あのシュート!?

    村上の決断、それは恭介のポジション変更。リベロとなって守りも攻めも縦横無尽に駆け回る恭介によって攻守ともに厚みを増した茜ヶ丘は次第にペースを取り戻す。相変わらず反目しあう恭介とロドリゴだが、その意地の張り合いも結果としてトリッキーなプレイとなり山ノ森を翻弄、ついに恭介の神がかり的なゴールも決まり同点。しかし、これまで無理を重ねてきたロドリゴの足にはとうとう我慢できないほどの激痛が襲うのだった。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第16話 もう、ガマンの限界だ!!

    3試合連続の逆転勝ちで波に乗る茜ヶ丘に、ついにスポーツ記者が取材にやってきた。調子に乗る恭介とは対照的に、ひとり足の痛みを隠し黙々と練習するロドリゴ。家族のために、そして自分の夢のためにプロへの道をひたすら目指すロドリゴは、練習試合でもスカウトの目を意識したワンマンプレーを繰り返す。このままでは勝てない。同じMFとして連携の取れないことに苛立つ一河は、「ロドリゴが出るなら自分は降りる」と切れてしまう。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第17話 今に引っ張り出してやるからな!

    ついに国領戦が始まった。ユース代表をベンチスタートさせて余裕の国領ベンチに向かって、絶対ピッチに引っ張り出してやると挑発する恭介。この試合、キャプテン佐古からゲームメイクを託された司令塔のロドリゴだったが、やはりスカウトの眼を引こうとした相変わらずのスタンドプレーに一河は面白くない。だが、その溢れる気迫とずば抜けた個人技、それに加えた恭介のなりふり構わぬ強引なシュートなどで、茜ヶ丘は優勢に試合を運ぶ。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第18話 何か変よロドリゴは!

    予想外の形勢不利に国領ベンチがついに動いた。投入されたのはユース代表、双子の藤森兄弟。彼ら息の合った多彩なコンビプレイの前に翻弄される茜ヶ丘。ロドリゴの個人技でギリギリ均衡を保ってはいるものの、無理を重ねたロドリゴの足は度重なる激痛に襲われ、もはや隠し通すことも耐えることもできなくなっていた。誰の目にも明らかになったロドリゴの異変、迎えたハーフタイムに村上監督は交代を告げる。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第19話 決めると言ったら決める!!

    後半5分だけという約束で出場したロドリゴは、心を入れ替えゲームメイクに徹する。前半とは見違えるような攻撃の連携で勢いを増した茜ヶ丘は、国領ゴールを脅かす決定的チャンスを幾度も得ることになる。しかし、5分間という時間はあまりに短く、ロドリゴの交代までに得点に結びつけることはかなわないまま、その時を迎えてしまう。ロドリゴの交代、そしてついに国領はエースストライカー神山を投入。城陽茜ヶ丘イレブンは国領フルメンバーと対峙する。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

  • 第20話 うじうじと、らしくない!

    練習もままならない暑さ、そんな夏休みのある日に一通のエアメールが恭介に届いた。差出人はセイスケカノウ、いまだ恭介の心の中にわだかまりを残したままの兄、叶成介からの突然の届け物。中に入っていたのは成介が出場する日本代表戦のチケットだけ。メッセージのない一通の手紙に、兄の真意がわからなかった恭介は、なぜかイラついて心配する周囲にすら当り散らし、ついには自分の殻に閉じこもってしまうのだが……。

    もっと見る

    00:23:25

    視聴開始から 2日間 / 110円

<<

<

>

>>

1〜20件 /

52件中

PAGE
TOP