昭和元禄落語心中

昭和元禄落語心中

ジャンル
テレビドラマ
サブジャンル
国内ドラマ

ストーリー

若者たちを中心に落語ブームを巻き起こしている、雲田はるこさんの漫画作品をドラマ化! 戦争の時代の落語家たちの濃厚にして豊じょうなヒューマン・ドラマ。

昭和元禄落語心中の最新話

  • [お試し] (3)「迷路」

    二つ目の若手落語家として、八雲(岡田将生)は壁にぶつかっていた。生真面目で端正な芸は地味で華がなく、客に受けなかった。一方で親友の助六(山崎育三郎)は、若くして柔軟な芸風で、爆笑を誘って大人気。人気も実力も及ばず、八雲はコンプレックスを募らせ思い悩む。そんな八雲に芸者みよ吉(大政絢)はほれ込み、恋人として支えた。やがて八雲は自分の芸を光らせるヒントを掴(つか)み、芸人として飛躍するきっかけを得る。

    もっと見る

    00:00:15

昭和元禄落語心中の各話一覧

1〜10件 /

10件中

  • (1)「約束」

    昭和50年代。名人落語家・有楽亭八雲(岡田将生)は、刑務所帰りの風変わりな若者・与太郎(竜星涼)を弟子にする。住み込みで修行を始めた与太郎は、八雲と養女・小夏(成海璃子)との間に深い確執があることを知る。小夏の実父は、落語家で八雲の親友だった有楽亭助六(山崎育三郎)。母は芸者だったみよ吉(大政絢)。ふたりは昭和30年代に謎の事故死を遂げていた。小夏は八雲に「あんたが殺したんだ」と言い放つ。

    もっと見る

    01:09:30

    レンタル時から 3日間 / 216円

  • [お試し] (1)「約束」

    昭和50年代。名人落語家・有楽亭八雲(岡田将生)は、刑務所帰りの風変わりな若者・与太郎(竜星涼)を弟子にする。住み込みで修行を始めた与太郎は、八雲と養女・小夏(成海璃子)との間に深い確執があることを知る。小夏の実父は、落語家で八雲の親友だった有楽亭助六(山崎育三郎)。母は芸者だったみよ吉(大政絢)。ふたりは昭和30年代に謎の事故死を遂げていた。小夏は八雲に「あんたが殺したんだ」と言い放つ。

    もっと見る

    00:00:15

  • (2)「助六」

    有楽亭八雲(岡田将生)と有楽亭助六(山崎育三郎)が、落語の世界に入門したのは昭和10年代。前座として寄席に出る頃には、日本は戦争の真っ最中。世相をおもんばかっていくつかの演目が「禁演落語」とされたり、徴兵に怯(おび)えたり。不安と葛藤に満ちた日々を経て、昭和20年の夏、突然の終戦。好きな落語を思いっきり演じられる時代がやってきた。やがて彼らの運命を変える、孤独な芸者・みよ吉(大政絢)が現れた。

    もっと見る

    00:43:29

    レンタル時から 3日間 / 216円

  • [お試し] (2)「助六」

    有楽亭八雲(岡田将生)と有楽亭助六(山崎育三郎)が、落語の世界に入門したのは昭和10年代。前座として寄席に出る頃には、日本は戦争の真っ最中。世相をおもんばかっていくつかの演目が「禁演落語」とされたり、徴兵に怯(おび)えたり。不安と葛藤に満ちた日々を経て、昭和20年の夏、突然の終戦。好きな落語を思いっきり演じられる時代がやってきた。やがて彼らの運命を変える、孤独な芸者・みよ吉(大政絢)が現れた。

    もっと見る

    00:00:15

  • (3)「迷路」

    二つ目の若手落語家として、八雲(岡田将生)は壁にぶつかっていた。生真面目で端正な芸は地味で華がなく、客に受けなかった。一方で親友の助六(山崎育三郎)は、若くして柔軟な芸風で、爆笑を誘って大人気。人気も実力も及ばず、八雲はコンプレックスを募らせ思い悩む。そんな八雲に芸者みよ吉(大政絢)はほれ込み、恋人として支えた。やがて八雲は自分の芸を光らせるヒントを掴(つか)み、芸人として飛躍するきっかけを得る。

    もっと見る

    00:43:29

    レンタル時から 3日間 / 216円

  • [お試し] (3)「迷路」

    二つ目の若手落語家として、八雲(岡田将生)は壁にぶつかっていた。生真面目で端正な芸は地味で華がなく、客に受けなかった。一方で親友の助六(山崎育三郎)は、若くして柔軟な芸風で、爆笑を誘って大人気。人気も実力も及ばず、八雲はコンプレックスを募らせ思い悩む。そんな八雲に芸者みよ吉(大政絢)はほれ込み、恋人として支えた。やがて八雲は自分の芸を光らせるヒントを掴(つか)み、芸人として飛躍するきっかけを得る。

    もっと見る

    00:00:15

  • (4)「破門」

    端正で上品な芸の八雲(岡田将生)と、豪快で柔軟な芸の助六(山崎育三郎)。ふたりは若手落語家として並び立つ存在に。どちらが先に昇進して「真打」になるのか。八雲は先輩・彦兵衛(柳家喬太郎)から、演目「死神」を伝授され、真打昇進に挑むが、師匠たちから「真打になりたければ、芸者みよ吉(大政絢)と別れろ」とつらい選択を突きつけられる。思い悩む八雲がある夜、目にしたのは、抱き合う助六とみよ吉の姿だった。

    もっと見る

    00:43:29

    レンタル時から 1日間 / 216円

  • [お試し] (4)「破門」

    端正で上品な芸の八雲(岡田将生)と、豪快で柔軟な芸の助六(山崎育三郎)。ふたりは若手落語家として並び立つ存在に。どちらが先に昇進して「真打」になるのか。八雲は先輩・彦兵衛(柳家喬太郎)から、演目「死神」を伝授され、真打昇進に挑むが、師匠たちから「真打になりたければ、芸者みよ吉(大政絢)と別れろ」とつらい選択を突きつけられる。思い悩む八雲がある夜、目にしたのは、抱き合う助六とみよ吉の姿だった。

    もっと見る

    00:00:15

  • (5)「決別」

    真打昇進後、有楽亭菊比古(岡田将生)はめきめきと人気も実力も上げていった。一方で破門されてしまった有楽亭助六(山崎育三郎)は落語界に居場所を失ってしまい、かつて菊比古の恋人であった芸者のみよ吉(大政絢)と共に、ぷっつりと消息を聞かなくなる。それから数年後。菊比古は師匠である七代目の有楽亭八雲(平田満)から、七代目と助六との間の、過去にさかのぼるある秘密を告白される。

    もっと見る

    00:43:29

    レンタル時から 1日間 / 216円

  • [お試し] (5)「決別」

    真打昇進後、有楽亭菊比古(岡田将生)はめきめきと人気も実力も上げていった。一方で破門されてしまった有楽亭助六(山崎育三郎)は落語界に居場所を失ってしまい、かつて菊比古の恋人であった芸者のみよ吉(大政絢)と共に、ぷっつりと消息を聞かなくなる。それから数年後。菊比古は師匠である七代目の有楽亭八雲(平田満)から、七代目と助六との間の、過去にさかのぼるある秘密を告白される。

    もっと見る

    00:00:15

1〜10件 /

10件中

昭和元禄落語心中の最新メディアニュース

2018年11月13日 更新

PAGE
TOP