鈴木ゆうか、初のネズミ役に挑戦!ネズミ視点で描く新感覚ウェディングドラマ『それでも結婚したいと、ヤツらが言った。』放送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルコ全面協力 サポートドラマ 鈴木ゆうか、初のネズミ役に挑戦 『それでも結婚したいと、ヤツらが言った。』2023年1月5日(4日深夜)からテレビ東京系列の深夜ドラマ枠「水ドラ25」にて放送予定 (1)
画像を拡大して見る

ネズミ視点で描く新感覚ウェディングドラマ!主演・鈴木ゆうかをはじめ、若手キャストらがネズミ役と人間役の一人二役に挑む!

話題性のある作品でコアなファンを増やし続けているテレビ東京水曜深夜のドラマ枠「水ドラ25」。この度、2023年1月4日(水)深夜1時から、鈴木ゆうか主演の新感覚ウェディングドラマ「それでも結婚したいと、ヤツらが言った。」がベルコ全面協力サポートで放送が決定しました!

人生の二大行事である「冠婚葬祭」を、互助会という助け合い事業を通じて、お手伝いしてきた株式会社ベルコは、この度、2023年1月4日(水)深夜1時から、鈴木ゆうか主演の新感覚ウェディングドラマ「それでも結婚したいと、ヤツらが言った。」テレビ東京水曜深夜のドラマ枠「水ドラ25」をベルコ全面協力サポートで放送が決定しました!

ドラマの概要
人生の一大イベントである「結婚式」。
そもそも、その必要性を問われ始めている儀式。ところが、いざ参列するとやっぱり良いなと思える不思議な儀式。
本作はそんな“結婚式の素晴らしさ”をテーマに、結婚式を迎えるまでのリアルな道のりや様々な人間模様を、とあるネズミの家族の視点から描く、誰もみたことのない、どこか不思議で心に染み入る新感覚ウェディングドラマです。

舞台は都内にある結婚式場「ウェディングヒルズ大黒」。そのロビーの一角には、式場名前の由来となった、小さな大黒天を祀るお社がある。そこには、永遠の愛を誓うカップルを幾度も神様と一緒に見送ってきた、大黒天の使いであるネズミの家族が住んでいた—。しかし近年、結婚式の需要は落ち込む一方で、このままだとお社を含む一帯が売りに出される話が立ち上がります。「なんとかせよ」という大黒天からのお達しのもと、ネズミ一家は式場スタッフたちに”乗りうつる“ことで、式場の再建と、カップルたちに降りかかるトラブル解決に向けて奔走していきます。

そして、ネズミ一家はワケありカップルたちと触れ合う中で、やがて、人間とは本当に面倒くさいし、ややこしい、理不尽で不条理……だけど、どうしようもなく愛すべき存在であることに、何より「結婚式」の素晴らしさに気づいていきます。

果たして、ネズミ一家をはじめ、式場スタッフたちはトラブルや難題を解決し、ワケありカップルたちの結婚式を無事に行うことができるのか。そして、人間たちがなぜ結婚式を挙げるのか、チュー子をはじめネズミ一家が導きだす答えとは…。

そんな本作の主演を務めるのは、モデル・女優とマルチに活躍の場を広げている鈴木ゆうか。ネズミ一家の長女である主人公のチュー子と、チュー子が乗りうつるプランナー歴2年目の新人・篠原天音を演じます。
しっかり者のチュー子が引っ込み思案な性格の新人プランナー・篠原天音に乗りうつり、「結婚式」に至るまでの様々な難題とトラブル解決に向けて奔走していきます!

  • 1

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP