阿部寛、北村匠海、麻生久美子、杏が紡ぐ“家族の愛”…映画『とんび』公開を記念して家族写真が解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画「とんび」解禁写真 (c)2022『とんび』製作委員会
画像を拡大して見る

主演:阿部寛、共演:北村匠海、監督:瀬々敬久(『64 -ロクヨン-』『糸』など)の布陣で、重松清のベストセラー小説を映画化した『とんび』より、親から子へ、子から親へ、そして次の世代へと繋がれていく、“家族の愛”が詰まった家族写真が解禁された。

今回が初の映画化となる重松清著「とんび」(角川文庫刊)。主演の阿部寛(『テルマエ・ロマエ』「下町ロケット」など)は破天荒ながら愛すべき父・ヤス役、共演の北村匠海(『君の膵臓をたべたい』『東京リベンジャーズ』など)はヤスの息子・アキラ役をそれぞれ務め、阿部×北村の新たな“とんびと鷹”によって、いつの世も変わることのない親子の不滅の絆を描く。

2022年4月8日(金)に公開を迎えた今作。さっそく映画を鑑賞した人たちからは「今年で一番泣いた」「会場が感動と共感に包まれていた」「不器用なお父さんの姿に涙が止まらなかった」との声が上がり、各レビューサイトでも続々と高評価が寄せられている。

公開を記念して解禁されたのは、4枚の家族写真。その中の1枚には、幼少期のアキラが愛する母・美佐子(麻生久美子)に抱きしめられ、幸せそうに笑っている様子が映し出されている。

母・美佐子はアキラの事を深く愛し、父・ヤス(阿部寛)も真っ直ぐにアキラを愛した。そして、二人の愛を受けて立派に成長したアキラは、同じ出版社に勤めるシングルマザーの由美(杏)と結婚する。由美の連れ子である健介と、アキラと由美の間に授かった娘・美月の二人の子供たちに、アキラは母と父に受けた以上の愛情を注いだ。

写真には、由美と息子の健介が仲睦まじくピクニックをする様子や、ヤスが孫の健介を嬉しそうに肩車をしているものも。そして、ヤスとアキラと由美、健介と美月の3世代の家族が勢揃いした写真からは、世代や血の繋がりなどを超えた無償の愛をお互いに向けている様子を感じ取ることができる。

映画『とんび』の詳細については、作品公式サイトを参照されたい。

■映画『とんび』本予告(60秒)

■映画『とんび』

大ヒット公開中

阿部寛
北村匠海 杏 安田顕 大島優子
濱田岳 宇梶剛士 尾美としのり 吉岡睦雄 宇野祥平 木竜麻生 井之脇海 田辺桃子
田中哲司 豊原功補 嶋田久作 村上淳
麿赤兒 麻生久美子 / 薬師丸ひろ子

原作:重松清「とんび」(角川文庫刊)
監督:瀬々敬久
脚本:港岳彦
音楽:村松崇継
主題歌:ゆず「風信子」
配給:KADOKAWA イオンエンターテイメント
公式サイト⇒https://movies.kadokawa.co.jp/tonbi/

<STORY>
日本一不器用な男・ヤスは、愛する妻・美佐子の妊娠にも上手く喜びを表せない。幼い頃に両親と離別したヤスにとって、“家族”は何よりの憧れだった。時は昭和37年、瀬戸内海に面した備後市。アキラと名付けた息子のためにも、運送業者で懸命に働くヤスだったが、ようやく手にした幸せは、妻の事故死によって脆くも打ち砕かれる。悲しみに沈むヤスだったが、人情に厚い町の人々に叱咤激励され、彼らの温かな手を借りてアキラを育ててゆく。時は流れ、高校3年生になったアキラは、東京の大学を目指し合格を勝ち取る。だが、別居の寂しさを素直に伝えられないヤスは、「一人前になるまで帰って来るな!」とアキラを突き放す。そして昭和63年、久々に再会したヤスと大人になったアキラだったが──。

(C)2022『とんび』製作委員会

  • 1

この記事の画像一覧(全5枚)

画像を拡大して見る>

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP