どうしても魚を食べてほしい…こだわり店主が登場! チャーハン4人前相当が800円のお店も 『オモウマい店』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ヒューマングルメンタリー オモウマい』<ゲスト>剛力彩芽 (c)中京テレビ
画像を拡大して見る

MCをヒロミ、進行を小峠英二(バイきんぐ)が務め、オモてなしすぎてオモしろいウマい店を紹介する番組「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」。2021年5月18日(火)放送分[中京テレビ・日本テレビ系 19:00〜19:56]では、「尽くしすぎちゃう中華ママ」「アジとイワシを食べてほしい店主」などを取り上げる。

●お客さんの要望に尽くしすぎちゃう中華ママ 栃木県塩谷町

ごはん3.5合分、4人前相当のチャーハンがなんと800円。「なんでも多く作らないと気が済まない」というママは、「お客さんが喜んでくれるのがうれしい」と、つい量が多くなってしまうのだとか。しかも、ピザやステーキなどメニューに無いものを作ってくれたり、お酒を飲んだお客さんを無料で送迎してしまったりも…。

そんなママの旦那さんは、早朝から午後までは別の仕事をしている。その後はお店で接客&調理補助という日々だが「母ちゃんが仕事してるのに休めない」と語る。

●どうしてもアジとイワシを食べてほしい店主 千葉県山武市

アジやイワシの刺し身やタタキを自慢にする九十九里浜にあるお店。エビ天重を頼もうとすると「魚は食えないのか?」「それは刺身・タタキを食べられない人用だと書いてあるだろう」と店主から怒られる!?

言葉は厳しいが根は優しい店主が提供するアジやイワシは「お前らが食ってるのと全然違う」のだとか。その言葉に違わず、数日間寝かせてから出すこだわりで、青魚にありがちな臭みがなく、醤油をつけなくても食べられるほどだという。

●安い!ウマい!2階が自宅の店

番組スタッフが色々なお店を取材する中で発見した、安くておいしいお店を見つける法則。それは「2階が自宅のお店は、安くてウマい!」というもの。

この法則をもとに埼玉県で発見した地元で人気の中華料理店では、からあげ約20個を950円で提供している。取材中もお店は大忙しなので、番組スタッフがお手伝いをすることになり、取材とお手伝いを両立しながら5日間が経過。そして最後には、スタッフとお店との間に感動の絆が生まれ…。

※内容は変更になる可能性があります。

【MC】ヒロミ
【進行】小峠英二
【ゲスト】剛力彩芽、那須川天心

■ヒューマングルメンタリー オモウマい店

https://www.ctv.co.jp/omouma/

  • 1

この記事の画像一覧(全7枚)

画像を拡大して見る>

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP