中山優馬出演の「シンフォニー音楽劇『蜜蜂と遠雷』~ひかりを聴け~」追加キャスト発表 奥村颯太(関西ジャニーズJr.)、大東立樹(ジャニーズJr.)、ヒグチアイら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:SPICE(スパイス)<https://spice.eplus.jp/>

中山優馬出演の「シンフォニー音楽劇『蜜蜂と遠雷』~ひかりを聴け~」追加キャスト発表 奥村颯太(関西ジャニーズJr.)、大東立樹(ジャニーズJr.)、ヒグチアイら
画像を拡大して見る

中山優馬出演の「シンフォニー音楽劇『蜜蜂と遠雷』~ひかりを聴け~」追加キャスト発表 奥村颯太(関西ジャニーズJr.)、大東立樹(ジャニーズJr.)、ヒグチアイら

2021年3月より、横浜、大阪、福岡にて上演される『シンフォニー音楽劇「蜜蜂と遠雷」~ひかりを聴け~』の追加キャストが発表された。

本公演は、2017年年間ベストセラーとなり、2019年10月には映画化された、恩田陸作「蜜蜂と遠雷」の舞台化作品。本公演では、映画に先駆けて、オーケストラと共に2018年1月以来、リーディングとオーケストラコンサートを融合して上演したが、今回は、さらにバージョンアップ=歌と芝居とピアノ演奏をコラボレーションした新たな音楽劇として公演が行われる。

世界的コンクールに出場する若きピアニストたちや彼らを取り巻く人々の心情が描かれた本作。すでに、主人公で無頼派ピアニストの風間塵には、中山優馬が決定していたが、この度、追加キャストが発表となった。

風間と同じくコンクールに出場し幼いころから天才肌で将来を嘱望される、女性ピアニスト栄伝亜夜役にヒグチアイ、 「ジュリアードの王子様」と呼ばれコンクール優勝候補筆頭ピアニストのマサル・カルロス・レヴィ・アナトール役に奥村颯太(関西ジャニーズJr.)、作曲家小山内健二の息子・小山内健役に大東立樹(ジャニーズJr.)、最年長ピアニスト高島明石役にパーマ大佐、ピアニストでありコンクール審査員の嵯峨三枝子役に湖月わたる、コンクールのための新曲「春と修羅」作曲家の菱沼忠明役に池畑慎之介が出演することが決定した。

ヒグチアイ

(左から)奥村颯太(関西ジャニーズJr.)、大東立樹(ジャニーズJr.)

パーマ大佐

湖月わたる

池畑慎之介

なお、嵯峨三枝子役の湖月と菱沼忠明役の池畑は、物語の進行をつかさどるストーリーテラーの役割も担う。

また、中山は、これまでも舞台などでピアノ演奏を披露してきたが、本作では劇中で名曲「サティ:ジュ・トゥ・ヴ(あなたが欲しい)」をピアノで生演奏する。そして、初共演となるオーケストラの壮大な音楽ともに、舞台上で原作の世界観をドラマティックに甦らせる。さらに、新たに発表した出演者も、ピアノ曲または歌を披露する。

原作である恩田自ら作品のテーマ曲を作詞し、音楽監督の千住明が作曲した「ひかりを聴け」をはじめ、物語に登場するクラシックの名曲をすべて恩田が作詞し、その楽曲も演奏されるのでこちらも楽しみにしよう。

池畑慎之介 上演に向けての意気込み

この度は、初めてのストーリーテラーという、お役を賜りまして、53年目という芸能生活でも、ワクワク出来ることを大切に、初共演の方々ばかりの中、緊張感を絶やさず演じきりたいと思います。どうぞ劇場にてご覧いただき…この作品にご一緒に、浸りませんか?

ヒグチアイ 上演に向けての意気込み

舞台、初体験。こわくてぶるぶる震える。だけど、未知なものに触れる期待感にも震えている。いや、でもなぜ受けてしまったのか。そんなふうに何度も行ったり来たりを繰り返している日々。だけど何回人生をやり直しても、きっとまたやりたいと言うだろう。それほどまでに「蜜蜂と遠雷」の大ファンなのです。わたしにできることはきっと少ししかないけれど、知らないことに素直に、一生懸命挑みたいと思います。


本公演の日程は、横浜公演を2021年3月27日(土)~4月11日(日)KAAT神奈川芸術劇場<ホール>にて、大阪公演を4月17日(土)~4月18日(日)新歌舞伎座にて、福岡公演を5月1日(土)~5月3日(月・祝)博多座にて上演する。



この記事をオリジナルサイトで見る

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全6枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP