クリスマスにはチョコレートケーキを…天才パティシエとスイーツライターがオススメを紹介 『マツコの知らない世界』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『マツコの知らない世界』「チョコレートケーキの世界」を味わうマツコ・デラックス (c)TBS
画像を拡大して見る

日常にこそ潜む興味深い“知らない世界”を、その道のスペシャリストがマツコ・デラックスに紹介していく「マツコの知らない世界」。2020年12月22日(火)放送分[TBS系 20:57〜22:00]は、パティシエのサントス・アントワーヌさんと、スイーツライターの佐藤ひと美さんを迎え、「チョコレートケーキの世界」に迫る。

サントス・アントワーヌさんは16歳でパティシエの修行を始め、スイス、ロンドン、パリなどの名店を渡り歩き、飴細工を学びたいと28年前に来日。その後、日本人女性と結婚して東京で店を開き、6年前に世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で金賞を獲得した。

一方、佐藤さんは子供の頃からチョコレートが大好きで、20歳から年間700個のチョコレートケーキを食べ続けているスイーツライター。サントスさんとはイベントで出会い、お互いの存在を認め合う仲良しなのだとか。

クリスマスにはチョコレートケーキを食べてもらいたい!という2人。番組ではサントスさんが、チョコレートケーキ大国フランスと今の日本を比較しつつ、造形美、トロトロ感、豊かな香りをテーマに、日本のオススメを語る。そして佐藤さんは、解凍するにつれ味が変化するものやオーブントースターで温めるものなど、お取り寄せの選りすぐりを紹介する。

さらに、サントスさんがマツコために作った特別なチョコレートケーキをスタジオで披露。世界に誇る日本のチョコレートケーキをマツコが食べ尽くす様子にも注目したい。

【MC】マツコ・デラックス
【「チョコレートケーキの世界」専門家】サントス・アントワーヌ、佐藤ひと美(チョコの世界大会で優勝したパティシエとチョコレートケーキを年間700個食べる女性)

■マツコの知らない世界|TBSテレビ

https://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/

  • 1

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP