安い、多い、旨いは当たりまえ…高崎パスタの魅力とは? エアロビの進化や最新事情も 『マツコの知らない世界』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『マツコの知らない世界』高崎パスタの世界を味わうマツコ・デラックス (c)TBS
画像を拡大して見る

日常にこそ潜む興味深い“知らない世界”を、その道のスペシャリストがマツコ・デラックスに紹介していく「マツコの知らない世界」。2020年12月8日(火)放送分[TBS系 20:57〜22:00]は、「高崎パスタの世界」と「エアロビの世界」に迫る。

●高崎パスタの世界

フォークでクルクルと巻き、安いことが基本だという「高崎パスタ」。その美味しさを全国に広めたいと頑張っている、市役所職員の松田和也さんが登場する。

彼が子供の頃から好きだったという第一世代の高崎パスタ、主流になりつつある第四世代のパスタについて語るほか、高崎パスタのNo.1を競う毎年開催のイベント「キングオブパスタ」を制した店、居酒屋、結婚式場のカフェ、多国籍料理の店、さらにはスイーツ店などが扱う高崎パスタも紹介。

安い、多い、旨いは当たりまえという、各店の努力と工夫が光る高崎パスタに、マツコのフォークが止まらない!

●エアロビの世界

日本で最初にエアロビブームが巻き起こったのは1981年で、今から31年も前のこと。コロナ禍の自粛期間中には、SNSでエアロビチェレンジが世界で大流行し、日本だけでもエアロビの動画が1億9千万回以上も再生されたという。

このコーナーでは、2人合わせて世界一を15回も勝ち取った日本エアロビ界のレジェンド、野村健一郎さんと伊藤由里子さんがその魅力と最新事情について語り、世界を沸かせた芸術性の高い選手やイケメン選手、時代と共に変化したコスチューム、体操競技を思わせるほどアクロバティックに進化した演技などを紹介する。

世界を取った演技に、マツコが驚愕する一幕も。気になる人は放送のチェックをお忘れなく。

【MC】マツコ・デラックス
【「高崎パスタの世界」専門家】松田和也(高崎パスタを伝えるために市役所に勤める男性)
【「エアロビの世界」専門家】野村健一郎・伊藤由里子(2人合わせて世界一を15回勝ち取ったエアロビ界のレジェンド)

■マツコの知らない世界|TBSテレビ

https://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP