ヌトミックがコンサートシリーズ第二弾~人々の“日常”が演奏に変わる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:SPICE(スパイス)<https://spice.eplus.jp/>

ヌトミックがコンサートシリーズ第二弾~人々の“日常”が演奏に変わる
画像を拡大して見る

ヌトミックがコンサートシリーズ第二弾~人々の“日常”が演奏に変わる

ヌトミック『Play from someone (nice sound!) ii - SETAGAYA movement』が2020年12月12日(土)に東京・成城ホールで開催される。

ヌトミックは、作曲家の額田大志(東京塩麹)により2016年に結成された演劇カンパニー。『Play from someone(nice sound!)』は、演奏をごく日常的な行為と捉え、創作から発表までを行うコンサートシリーズとなる。

シリーズ第二弾となる本作は、ヌトミックのメンバーと一般公募によって集まった9名の演奏者が出演する。公募はSNSの使用を極力控え、世田谷区内に設置された掲示板を中心に募集が行われた。

演奏される楽曲は、全て本作のために額田と出演者によってワークショップを経て作曲された。演奏者の様々な「経験」が活かされた音楽となり、全曲が世界初演となる。

■額田大志のコメント

新型コロナウイルスの影響で、人と出会うことが困難になった2020年。そんな年の瀬にヌトミックが仕掛けるのは、世田谷区内のリアルな「掲示板」を伝って出会った人々による演奏会です。どんな「音」も頑張れば音楽になるように、全ての人々の「経験」を、なんとかして音楽にしてみました 。

このささやかな演奏会はヌトミックにとって、出演者にとって、そして観客にとって、未知の音楽との出会いとなるでしょう。チケット代も未知の900円。お待ちしています。



この記事をオリジナルサイトで見る

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP