笑いながらおろすと美味!?…わさびの魅力に迫る! 646種類のサンラータン麺を食べた男性も 『マツコの知らない世界』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『マツコの知らない世界』「サンラータン麺の世界」を味わうマツコ・デラックス (c)TBS
画像を拡大して見る

日常にこそ潜む興味深い“知らない世界”を、その道のスペシャリストがマツコ・デラックスに紹介していく「マツコの知らない世界」。2020年11月24日(火)放送分[TBS系 20:57〜22:00]は、「サンラータン麺の世界」と「わさびの世界」に迫る。

●サンラータン麺の世界

中華料理店、大手チェーン店、コンビニエンスストア、カップ麺など、「サンラータン麺」に遭遇する機会が増えている昨今。このコーナーでは、そんなサンラータン麺で日本一の男になりたい…と、これまで646種類のサンラータン麺を食べてきた会社員・端野一郎さんがその魅力を語る。

仕事の昼休みにたまたま食べたサンラータン麺に衝撃を受け、食べ歩きを始めて7年になる端野さんが、オススメの“最強麺”、進化したサンラータン麺のほか、冷麺タイプやつけ麺といった変わり種も紹介。そして、マツコが食べ尽くす。

さらに、客のほとんどがお洒落女子で、端野さんが恥ずかしくて入れなかったという、タピオカ店のサンラータン麺も登場する。

●わさびの世界

刺身やせいろ蕎麦に欠かせない存在で、近年は和食ブームもあり、酒やスイーツと合わせるなど欧米でも人気だという“わさび”について、28年間で1万種以上を生み出した“わさびブリーダー”の玉木幸愛さんが語る。

玉木さんは24歳でわさびの製造会社に就職。30歳で“チューブわさび”や“粉わさび”の原料に使われている西洋わさび(ホースラディッシュ)の種子作成に成功するなど、わさびに情熱を捧げてきた。

「笑いながらすりおろすと美味しくなります」と明るく語る玉木さんが、わさびの基礎知識、美味しい食べ方のほか、癒し効果もあるという美しいわさび田や、それを管理するわさび農家も紹介する

そして、玉木さんがずっと寄り添っていたいという究極のわさびを、マツコが自らすりおろして味わう。果たして、その風味とは? 気になる人は放送のチェックをお忘れなく。

【MC】マツコ・デラックス
【「サンラータン麺の世界」専門家】端野一郎(今まで646種類のサンラータン麺を食べて来た会社員)
【「わさびの世界」専門家】玉木幸愛(28年間で1万種以上を生み出した「わさびブリーダー」)

■マツコの知らない世界|TBSテレビ

https://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全4枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP