ラッパー・般若の初の長編ドキュメンタリー映画が公開決定! 初日、特報、メインカット、コメントも解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『その男、東京につき』般若 (c)2020 A+E Networks Japan G.K. All Rights Reserved
画像を拡大して見る

ラッパー・般若の初の長編ドキュメンタリー映画『その男、東京につき』の公開が決定し、初日[2020年12月25日(金)]、特報、メインカット、コメントが、般若が42歳を迎える誕生日である10月18日に解禁された。

般若は、様々な文化がせめぎ合う東京・三軒茶屋の出身。時代や流行に流されることなく、日本語によるラップにこだわり、その独特なリリックで、日本のヒップホップシーン、音楽シーンに影響を与えてきた。

その背後には、いじめ経験、音楽との出会いとジレンマ、自殺を考えた過去も…。しかし、困難に行先を絶たれても、書くことと歌うことだけはやめなかった。そして、どん底から拾い上げた言葉は多くのファンを魅了し、遂に武道館ワンマンライブを成功させた。

今作ではそんな般若が、壮絶な過去を経て辿り着いた武道館ワンマン、今まで明かしてこなかった父への想い、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中での今後の想いなど、自身の過去と未来を赤裸々に語る。

このたび解禁となった特報映像では、熱狂渦巻く武道館の舞台に上り詰めた般若のステージを中心に、楽曲制作に臨む姿や、ヒップホップへの想いを語るインタビューなどを見ることができる。果たして、武道館ワンマンに辿り着いた般若は何を思うのか?

また、映画の公開を記念して、未公開のミュージックビデオ7本が、10月18日より毎週1本ずつ、般若公式YouTubeチャンネルにて公開される。その第1弾となる「スーパースター」は、2006年のリリースながら依然としてライブでの人気が高い1曲。MVでは、撮影当時に訃報が入った故・山本KID氏の映像が、彼の所属ジムであるKRAZY BEEの許諾のもとで使用されている。

映画『その男、東京につき』の詳細ならびに続報については、作品公式サイトを参照されたい。

■般若 コメント

全米が泣かなくて申し訳ありませんでした。
深く貴方の心に突き刺します。

■般若 / スーパースター [Pro. KNOCK / Dir. 金 允洙] Official Music Video (P)2019 昭和レコード

https://youtu.be/Lh0wL1qSYVo

■『その男、東京につき』特報 /12月25日(金)公開

https://youtu.be/ve-gFkgsfzw

■映画『その男、東京につき』

12月25日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

出演:般若、Zeebra、t-Ace、R-指定(Creepy Nuts)、T-Pablow、Gami、BAKU、松井昭憲、ほか
監督・編集:岡島龍介
撮影監督:手嶋悠貴
エグゼクティブプロデューサー:ショガト・バネルジー、ジョン・フラナガン、福井靖典、松本俊一郎
プロデューサー:上田悠詞
製作:A+E Networks Creative Partners
協力:昭和レコード
配給:REGENTS
配給協力:エイベックス・ピクチャーズ
公式サイト⇒HANNYAMOVIE.JP

(C)2020 A+E Networks Japan G.K. All Rights Reserved

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP