北海道の短い夏、ダムを感じながら満喫しよう!「ダムキャンプ2020」決行でまずは恒例ダムカレーを堪能『ブギウギ専務』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ブギウギ専務』ダムカードめぐりの旅 ウエスギ専務(上杉周大)、おおち係長(ダイノジ・大地洋輔) (c)STV
画像を拡大して見る

架空のPR会社「(有)上杉ポンプ商会」を舞台に、ウエスギ専務(上杉周大)とおおち係長(ダイノジ・大地洋輔)が北海道の森羅万象に過酷な体当たりで挑むバラエティ『ブギウギ専務』。2020年9月20日(日)[札幌テレビ23:25〜23:55]は、「ダムキャンプ2020」(1)を放送する。

北海道内のダムをめぐりその魅力に迫る人気企画「ダムカードめぐりの旅」。現在は新型コロナウィルスの影響でダムカードの配布は全国的に一時中止となっている。しかし、北海道の短い夏を「ダムを感じながら」満喫しようと、ダム湖に面したキャンプ場でアウトドア体験を楽しむ「ダムキャンプ」を決行することに。

目的地へ行く途中、まずは今年新たに誕生した「ダムカレー」を提供する店に立ち寄る2人。東神楽町の「ゆい・ゆい本舗」では、町内の忠別ダムをライスや食材で模した「忠別ダムカレー」が新メニューとして登場した。その見た目にも楽しい絶品カレーを堪能する専務と係長。新たな企画の行方は…?


【出演】専務 ウエスギ:上杉周大、係長 おおち:大地洋輔

■番組公式サイト

http://stv.jp/tv/senmu/

(c)STV

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP