主演に的場浩司、大空ゆうひ、田中俊介ら出演 直木賞小説『銀河鉄道の父』舞台化が決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:SPICE(スパイス)<https://spice.eplus.jp/>

 2020年10月15日(木)~10月22日(木)まで新国立劇場小ホールにて舞台『銀河鉄道の父』の上演が決定した。

今作は、原作の第158回直木賞受賞作『銀河鉄道の父』(門井慶喜/講談社文庫)を第43回日本アカデミー賞脚本賞優秀賞受賞詩森ろば(映画『新聞記者』)が舞台脚本化し、 劇団四季の『恋に落ちたシェイクスピア』演出、 新作歌舞伎『極付印度伝 マハーバーラタ戦記』へ脚本提供、 音楽劇『マニアック』の脚本・演出など、 振り幅の広い活躍をする青木豪が家族の会話劇として紡ぎ、主人公宮沢政次郎を中心とした家族の生活を、濃密に、時にはコミカルに描いていく。出演者は主演の宮沢政次郎役を的場浩司、妻イチ役は大空ゆうひ、 賢治役に田中俊介、 末っ子清六役に栗山航、長女トシ役は鈴木絢音(乃木坂46)

大空ゆうひ

田中俊介

栗山航

鈴木絢音(乃木坂46)



この記事をオリジナルサイトで見る

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全5枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP