大病で3日間意識不明に…“逆輸入俳優”大谷亮平が高校時代の衝撃エピソードを告白 『徹子の部屋』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『徹子の部屋』〈ゲスト〉大谷亮平 (c)テレビ朝日
画像を拡大して見る

黒柳徹子が司会を務める「徹子の部屋」の2020年6月17日(水)放送分[テレビ朝日系 13:00〜13:30]に、韓国の芸能界で活躍した“逆輸入俳優”で、朝ドラ「まんぷく」への出演などで知られる大谷亮平が登場。バレーボール、大病などについてトークを繰り広げる。

大谷は小学生の頃からバレーボール一筋のスポーツマンで、高校時代は国体にも出場。特に高校時代はバレーボールに多くの時間を費やしてきただけに、コロナ禍でインターハイが中止になったことに心を痛めているという。

自身もインターハイの目前で出場することができなかった経験をもつ大谷。高校2年生の時に大病を患い、3日間意識不明で生死をさまよった衝撃エピソードを告白する。

【出演】黒柳徹子/大谷亮平

■徹子の部屋|テレビ朝日

https://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP