「ご当地キャラへの道」放浪の全工程をVTRで回想、ウエスギ専務とおおち係長の胸に今よぎるものとは!? 『ブギウギ専務』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ブギウギ専務』ウエスギ専務(上杉周大)、おおち係長(ダイノジ・大地洋輔)【1】 (c)STV
画像を拡大して見る

架空のPR会社「(有)上杉ポンプ商会」を舞台に、ウエスギ専務(上杉周大)とおおち係長(ダイノジ・大地洋輔)が北海道の森羅万象に過酷な体当たりで挑むバラエティ『ブギウギ専務』。2020年6月7日(日)[札幌テレビ23:25〜23:55]は、放浪ミッション「ご当地キャラへの道」総集編(4)を放送する。

道行く人にご当地キャラクターと一緒に撮った写真を見せてもらい、そのキャラクターに実際に会いに行くという放浪ミッション「ご当地キャラクターへの道」が、足かけ4年で奇跡のゴールを達成。それを記念し、激闘の記録を振り返る総集編の第4回。

ウエスギ専務とおおち係長が北海道のみならず全国各地を放浪した旅の全行程を、今回はVTRで振り返る。さらに、ロケの際には対面できなかったご当地キャラからのビデオメッセージも届く。

これにて過酷なミッションが完結となった今、2人の胸に去来する想いとは?


【出演】専務 ウエスギ:上杉周大、係長 おおち:大地洋輔

■番組公式サイト

http://stv.jp/tv/senmu/

(c)STV

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP