68歳で“漢字”の虜に…山下真司が黒柳にクイズを出題! 7歳年上妻とのエピソードも 『徹子の部屋』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『徹子の部屋』〈ゲスト〉山下真司 (c)テレビ朝日
画像を拡大して見る

黒柳徹子が司会を務める「徹子の部屋」の2020年5月8日(金)放送分[テレビ朝日系 13:00〜13:30]に、俳優の山下真司が登場。デビュー、漢字、妻などについてトークを繰り広げる。

山下はモデルとして活躍後、ドラマ「太陽にほえろ!」で役者デビューし、学園ドラマで先生を演じてお茶の間の人気者になった。68歳になった現在は、クイズ番組への出演がきっかけで“漢字”の虜になり、テレビを見てくれたおじいさんから「頑張って」と激励が届くこともあるそう。そこで今回は、黒柳にも漢字クイズを出題する。

結婚して32年になる山下。美人だと評判の7歳年上の妻からは、結婚前に「私は体が弱いから」と聞いていたが、実際は健康そのもので、思わず「女性は怖い」と漏らす。一方で「妻が留守で一人お弁当を食べていて侘しくなった」「今では外食も一人で行けない」など、妻なしでは生きられなくなっていることも告白する。

この日はそんな妻から、“普段の夫”についてメッセージが届く。果たして、山下はどんな反応をみせるのか? 気になる人は放送のチェックをお忘れなく。

【出演】黒柳徹子/山下真司

■徹子の部屋|テレビ朝日

https://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP