「潜伏キリシタン」が信仰を守り続けることができた秘密とは!? 世界文化遺産・天草/島原で解き明かす『ブラタモリ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ブラタモリ』島原・天草〜なぜキリシタンは250年も潜伏できた?〜(1) (c)NHK
画像を拡大して見る

町歩きの達人・タモリが、日本全国の町の新たな魅力や歴史・文化などを再発見していく番組『ブラタモリ』。2020年3月14日(土)[NHK総合 19:30〜20:15]は、「#160 島原・天草〜なぜキリシタンは250年も潜伏できた?〜」を放送。初任地が長崎放送局だった林田理沙アナウンサーが、最後の「ブラタモリ」で長崎を訪れる。

今回の舞台は、熊本県・天草と長崎県・島原。2018年、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界文化遺産に登録されたこの地域で、明治まで約250年もの長いあいだ潜伏キリシタンが信仰を守り続けることができた秘密を探る。


▼天草・崎津の町で「潜伏キリシタン」の痕跡を探す

まずは熊本県・天草市の崎津へ。不完全な「踏み絵」に隠された秘密や、潜伏キリシタンがお金や貝殻を信仰具として秘密を貫いた知恵の痕跡を探る。
※「崎津」の崎の表記は、正しくは「大」の部分が「立」

▼「宗門心得違い」の理由

幕府はキリシタン根絶をはかったが、江戸時代後期には大勢のキリシタンがいることが発覚(天草崩れ)。しかし、そこで断罪され死刑になることなく「宗門心得違い」、すなわちキリシタンではなく変わった信仰を持つ人々、として扱われることとなり、生き残ることができた。そうした不思議な対応がとられた理由に迫る。

▼「島原・天草一揆」激戦の痕跡を原城の跡で探る

天草四郎ら一揆軍による「島原・天草一揆」(島原の乱)は、12万もの幕府軍を大いに苦しめ、日本の歴史を大きく変えた。最大の激戦地・原城で、その強さの秘密とは?実は城の作りだけでなく、地質的にも長期間の篭城に適していたのだった。

【出演】タモリ、林田理沙アナウンサー
【語り】草なぎ剛

■番組公式サイト

https://www.nhk.or.jp/buratamori/

(c)NHK

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全9枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP