「早いうちに観てトラウマになるといい」 フェスティバル・スリラー『ミッドサマー』を行定勲監督らが絶賛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画「ミッドサマー」星野之宣(漫画家)イラスト (C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
画像を拡大して見る

長編デビュー作『ヘレディタリー/継承』が世界中の映画サイトや映画誌に絶賛されたアリ・アスター監督が贈る映画『ミッドサマー』[2020年2月21日(金)公開]より、漫画家の星野之宣氏、映画監督の行定勲氏ら各界の著名人のイラストやコメントが到着した。

今作は、暗闇とは真逆の明るい祝祭を舞台に繰り広げられる“フェスティバル・スリラー”。天才的な発想と演出、全シーンが伏線となる緻密な脚本、極彩色の映像美が一体となり、究極の恐怖と未体験の解放感が待つ、永遠に忘れられない結末に到達する…。

主人公ダニーを演じるのは、イギリスで数々の映画賞を受賞し、2020年にはマーベル・ユニバースシリーズ『ブランク・ウィドウ』でイェレナ役に抜擢された若手女優のフローレンス・ピュー。そして、ダニーの恋人クリスチャン役を『トランスフォーマー/ロストエイジ』『ビリーブ 未来への大逆転』のジャック・レイナーが務める。さらに、『デトロイト』での強烈な演技が賞賛されたウィル・ポールターや、『ベニスに死す』の美少年役としても知られるスウェーデンの名優ビョルン・アンドレセンらがキャストに名を連ねる。

製作は、オスカー受賞作『ムーンライト』や『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』などを手掛けるスタジオA24が『ヘレディタリー/継承』に続いて担当。すでに公開された国々では高評価レビューが続出し、日本で行われた先行上映イベントでは、来日したアリ・アスター監督が「これはホラーではなく失恋映画だ!」「ラストの爽快感を楽しんでほしい」との発言を残すなど、盛り上がりをみせている。

そしてこの度、今作を先行して鑑賞した各界の著名人より、応援イラスト、絶賛コメントが到着。「ブルーシティー」「はるかなる朝」などが代表作で、2015年に大英博物館にてちばてつや氏や中村光氏とともに展示をされた漫画家の星野之宣氏や、『ナラタージュ』『リバーズ・エッジ』などで知られる映画監督の行定勲氏ら10名が感想を寄せている。

映画『ミッドサマー』の詳細については、作品公式サイトを参照されたい。

■星野之宣(漫画家)

このところキリスト教の下に埋もれていたヨーロッパ古層文化が徐々に蘇ってきているようだ。ケルト、ドルイド、バイキング、ハロウィン。
そうした古いものが白日の下に姿を現した時、
観る者はいつしか
共感呪術に絡め取られ身動きできなくなる。
恐ろしい映画だ。

■行定勲(映画監督)

こういう映画は毛嫌いせず、早いうちに観てトラウマになるといい。これで懲りたら観なければいいんだから。
しかし、私は次のアリ・アスターの作品をまた観てしまうんだろうなと思った。

■よしひろまさみち(映画ライター)

土俗的な夏至祭の祝祭ムードから急転直下の展開に戦慄。美景の村に到着した瞬間、フェスのトランス感と共に、言葉にならない静かな恐怖がすり寄ってくる〜!

■宇野維正(映画・音楽ジャーナリスト)

常識を180度引っくり返す、史上最も明るくて楽しくてスタイリッシュで禍々しいホラー映画。
大傑作だった前作『ヘレディタリー』を軽々と超えてみせた、アリ・アスター監督の才気に呆然。

■高橋諭治(映画ライター)

この奇祭ホラーは強烈なヴィジュアルのみならず、
精神状態どん底の人間を描いたサイコスリラーとしても恐ろしい。
そこは天国か、それとも地獄か。観ているこちらの“心”まで試されているかのようだ。

■人間食べ食べカエル(人喰いツイッタラー)

徹底的に精神を掻き乱されるが、同時にとても心地良くもある。
極度の不安と癒しを与えられ、本編が終わる頃には"整った"状態になる。
観賞してるうちに、何だかとても気分が良くなるんです。永遠に観ていたい……。

■SYO(映画ライター/編集者)

容赦ないのに、観たら孤独や不安が消えていた。
痛みも絶望も「みんなで」共有するユートピア。誰も独りにならない新世界。
もう駄目だ帰りたくない。僕はこの映画の信者です。

■Pon×2(イラストレーター/URL⇒https://twitter.com/ponpon_2501)

映画「ミッドサマー」Pon×2 イラスト(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
映画「ミッドサマー」Pon×2 イラスト(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

■TAKUMI(イラストレーター/URL⇒https://twitter.com/takumitoxin)

映画「ミッドサマー」TAKUMI イラスト(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

■妖介(イラストレーター/URL⇒https://twitter.com/gurumeda)

映画「ミッドサマー」妖介 イラスト(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
映画「ミッドサマー」妖介 イラスト(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
映画「ミッドサマー」妖介 イラスト(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
映画「ミッドサマー」妖介 イラスト(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

■2020.2.21(金)公開『ミッドサマー』予告編

■映画『ミッドサマー』

2月21日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

監督・脚本:アリ・アスター
出演:フローレンス・ピュー、ジャック・レイナー、ウィル・ポールター、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー、ウィルヘルム・ブロングレン、アーチー・マデクウィ、エローラ・トルキア、ビョルン・アンドレセン
製作:パトリック・アンディション、ラース・クヌードセン
撮影監督:パヴェウ・ポゴジェルスキ
プロダクション・デザイン:ヘンリック・スヴェンソン
編集:ルシアン・ジョンストン
衣裳デザイン:アンドレア・フレッシュ
音楽:ボビー・クルリック
提供:ファントム・フィルム/TCエンタテインメント
配給:ファントム・フィルム
原題:MIDSOMMAR|2019年|アメリカ映画|ビスタサイズ|上映時間:147分|映倫区分:R15+
公式HP⇒https://www.phantom-film.com/midsommar/

<物語>
家族を不慮の事故で失ったダニー(フローレンス・ピュー)は、大学で民俗学を研究する恋人や友人と5人でスウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れる。美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように思えた。しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。妄想、トラウマ、不安、恐怖……それは想像を絶する悪夢の始まりだった。

(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP