市川海老蔵「ABKAI 2019〜第一章 FINAL〜『SANEMORI』」本日開幕 Snow Man宮舘涼太&阿部亮平も「愛ある指導に感謝」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:SPICE(スパイス)<http://spice.eplus.jp/>

市川海老蔵第五回自主公演「ABKAI 2019〜第一章 FINAL〜『SANEMORI』」ゲネプロの様子
画像を拡大して見る

 市川海老蔵が企画・製作に携わる自主公演「ABKAI」の第5回公演「ABKAI 2019〜第一章 FINAL〜『SANEMORI』」が2019年11月5日(火)からBunkamuraシアターコクーンにて上演される。

2013年夏から始まったこの企画だが、来年2020年5月に「十三代目 市川團十郎 白猿」を襲名することになっている海老蔵にとって最後の『ABKAI』となる。『源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)』より『実盛物語』を主軸に『SANEMORI』と題し、新たな歌舞伎の舞台を作り上げた。海老蔵のほか、市川右團次中村児太郎、さらにジャニーズJr.のユニットSnow Manから宮舘涼太阿部亮平らが出演している。出演者のコメントと、初日を前に行われたゲネプロ(総通し舞台稽古)の様子を紹介したい。

市川海老蔵第五回自主公演「ABKAI 2019〜第一章 FINAL〜『SANEMORI』」ゲネプロの様子

市川海老蔵第五回自主公演「ABKAI 2019〜第一章 FINAL〜『SANEMORI』」ゲネプロの様子

■市川海老蔵 コメント

源平布引滝『実盛物語』が古典歌舞伎としてこれまで長く愛されてきた所以は、やはり物語の根底に流れる当時の日本人が持っていた信念や思いに多くの人が共感し感銘を受けたからではないかと思います。『SANEMORI』では、その伝統をより多くの人にお楽しみいただけるよう、私なりに企画・演出させていただきました。

ジャニーズJr. Snow Manからご出演の宮舘さん、阿部さんには、歌舞伎の所作事など非常に熱心にお稽古いただき、これから約1ヶ月間共に舞台を作り上げるのがとても楽しみです。

市川海老蔵としては最後の『ABKAI』となりますので、是非皆様にはこの機会に歌舞伎の魅力を劇場でお楽しみいただければと思います。

市川海老蔵第五回自主公演「ABKAI 2019〜第一章 FINAL〜『SANEMORI』」ゲネプロの様子

市川海老蔵第五回自主公演「ABKAI 2019〜第一章 FINAL〜『SANEMORI』」ゲネプロの様子

市川海老蔵第五回自主公演「ABKAI 2019〜第一章 FINAL〜『SANEMORI』」ゲネプロの様子

■宮舘涼太(Snow Man/ジャニーズJr.)コメント

この度『ABKAI 2019』に出させていただき、新たな世界に飛び込むことで人間として、また表現者として沢山学ばせてもらえる機会を頂けたことに感謝しております。海老蔵さんにはとても愛のあるご指導をいただいております。

自分自身で考え抜き、微力ではありますが、より多くの方々に熱量を伝え、伝統文化の魅力の虜になって頂きたく精一杯努めていきたいです。この身ある限り皆様に幸せや活力を届けていきます。是非劇場で木曽義仲を演じる宮舘良太の生き様をご覧ください。

市川海老蔵第五回自主公演「ABKAI 2019〜第一章 FINAL〜『SANEMORI』」ゲネプロの様子

市川海老蔵第五回自主公演「ABKAI 2019〜第一章 FINAL〜『SANEMORI』」ゲネプロの様子

市川海老蔵第五回自主公演「ABKAI 2019〜第一章 FINAL〜『SANEMORI』」ゲネプロの様子

■阿部亮平(Snow Man/ジャニーズJr.)コメント

まずは今回、古典歌舞伎の舞台に立てること、光栄に思い、深く感謝しています。私、阿部が演じます手塚太郎光盛は、本作の主人公である実盛に深い恩があります。源平の垣根を越えたその絆に、観る人は必ず感銘を受けるでしょう。恩人・実盛への思いを、古典歌舞伎初挑戦である私達に沢山の愛のある指導と助言をしてくださっている市川海老蔵さんへの感謝と重ね合わせて、演じていく所存です。また、手塚太郎から宮舘演じる木曽義仲への、友情に似た忠義にも注目していただけたらと思います。

歌舞伎の世界は実に奥深く、日本人が感じ得る魅力が沢山詰まっています。今回初めて歌舞伎を観られる方にも、歌舞伎を愛する方にも認めていただけるような役者を、私は目指します。

海老蔵さんはじめ沢山の素敵な歌舞伎役者の皆様に囲まれて舞台に立てること、誇りに思います。この檜舞台で得られる大きな経験値が、役者としての阿部亮平を大きくするだけでなく、来年CDデビューをする私達のグループSnow Manにも還元することができると信じています。

市川海老蔵第五回自主公演「ABKAI 2019〜第一章 FINAL〜『SANEMORI』」ゲネプロの様子

市川海老蔵第五回自主公演「ABKAI 2019〜第一章 FINAL〜『SANEMORI』」ゲネプロの様子

市川海老蔵第五回自主公演「ABKAI 2019〜第一章 FINAL〜『SANEMORI』」ゲネプロの様子

舞台は序幕・二幕・大詰の構成で、上演時間は約2時間50分(途中休憩あり)。『実盛物語』の登場人物である斎藤実盛は歌舞伎において「生締(なまじめ)」とも呼ばれ、分別ある武将の典型的な役柄として描かれている。扇を用いて物語る場面が見どころで、平家に仕えながらも源氏に忠を尽くさんとする実盛の生き様や、ドラマ性が溢れる時代物の名作と称されている。

9月に行われた製作発表で、海老蔵は「今まで、実盛を何百回も演じてきたが、現代人の皆様には源平合戦の中での“白旗の重み”というものがあまり理解されていない気がしている。歌舞伎の良さでもあるが、白旗を守るために命をかける人々をクローズアップはしていないので、この点の面白さを自分も見てみたいと思っていた。白旗を人々が命がけで守る姿、そして人間ドラマが何重にも重なってくるところが見どころ」と語っていたが、その言葉通り「白旗」にフューチャーした演出で、物語の人間模様が色濃く出ていた。

海老蔵や右團次らが安定した演技で物語を進めるが、ジャニーズJr.Snow Manの二人も負けじと、堂々とした演技を見せた。特に、客席通路など劇場全体を使って見せる大詰めの立廻りのシーンは迫力があり、『滝沢歌舞伎』で培われた底力と、俳優としての成長を見た。

公演は、25日(月)まで。海老蔵としては最後の『ABKAI』、ぜひお見逃しなく。

市川海老蔵第五回自主公演「ABKAI 2019〜第一章 FINAL〜『SANEMORI』」ゲネプロの様子



この記事をオリジナルサイトで見る
  • 1

この記事の画像一覧(全13枚)

画像を拡大して見る>

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP