「ズッコケ三人組」が愛される理由とは? 男女別・詐欺の手口、腰痛などを防ぐ足指改善法も 『世界一受けたい授業』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『世界一受けたい授業』吉本実憂、上村海成、ケンドーコバヤシ (c)NTV
画像を拡大して見る

各界のスペシャリストたちが授業を展開するアカデミックバラエティ「世界一受けたい授業」。2018年10月27日(土)放送分[日本テレビ系 19:56〜20:54]では、那須正幹先生、西田公昭先生、今井一彰先生が授業を行う。

●シリーズ累計2500万部!「ズッコケ三人組」子どもたちに伝えたいこと

1942年に広島で生まれ、島根農科大学林学科卒業、累計2500万部を誇る「ズッコケ三人組」シリーズをはじめ、「お江戸の百太郎」シリーズ(日本児童文学者協会賞)、「ヒロシマ三部作」(日本児童文学者協会賞)など多数の著書を持つ那須正幹先生が登場。ゲストの上村海成やケンドーコバヤシも読んだという「ズッコケ三人組」が世代を超えて愛される理由などを語る。また、子どもたちが夢中で読む秘密に迫るほか、児童文学のタブーに挑戦したことにも触れる。

●マインドコントロールであなたも騙される!?身近にあふれる詐欺の手口

カルト宗教のマインドコントロール、詐欺・悪徳商法の心理学研究の第一人者として、新聞やテレビなどのマスメディアでも活躍する立正大学心理学部教授、博士(社会学)の西田公昭先生が、引っかかりやすいマインドコントロール詐欺を男女別で紹介する。詐欺師からの電話に潜む“悪魔のフレーズ”とは?

●腰痛・むくみ・外反母趾は足指を広げろ!

2006年に福岡市博多駅前に「みらいクリニック」を開業、フットケア外来の設置など臨床に足からの健康づくりを導入し“足育”を提唱する、同クリニック院長でNPO法人日本病巣疾患研究会副理事長の今井一彰先生が、腰痛や肩こりといった現代人の悩みの原因・狭くなりすぎた足指の改善法をレクチャー。ゲストの松本幸四郎や吉本実憂らが簡単な足指ストレッチを実践するが、果たしてその効果は?

【校長先生】堺正章
【教頭先生】上田晋也(くりぃむしちゅー)
【学級委員長】有田哲平(くりぃむしちゅー)
【生徒役ゲスト[50音順]】上村海成、ケンドーコバヤシ、佐藤栞里、松本幸四郎、森富美(NTV)、吉本実憂
【ナレーター】奥田民義

■世界一受けたい授業|日本テレビ

http://www.ntv.co.jp/sekaju/

  • 1

この記事の画像一覧(全8枚)

画像を拡大して見る>

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP