山本耕史、仲間由紀恵ら豪華キャスト陣にも注目、『ジュラシック・ワールド』新吹き替え版が『金曜ロードSHOW!』に登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金曜ロードSHOW!『ジュラシック・ワールド』新吹替え版・仲間由紀恵、山本耕史 (C) 2015 Universal Studios and Amblin Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)NTV
画像を拡大して見る

「2週連続ジュラシック祭り」第2弾として、ここでしか見られない『ジュラシック・ワールド』新吹き替え版を日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で8月4日(金)よる9時から放送する。

続編の公開も決定した伝説的シリーズの最高傑作が『金曜ロードSHOW!』6年半ぶりの新吹き替え版として登場する。映画の歴史を変えた「ジュラシック」シリーズの最新作。山本耕史、仲間由紀恵ら豪華キャストによる新吹き替え版でテレビ初放送となる。

「ジュラシック・パーク」の「事件」から22年後。恐竜と至近距離で触れ合える人気テーマパークとして実現した「ジュラシック・ワールド」で、パークの集客を伸ばすために遺伝子操作によって生みだされた新種の巨大恐竜が大暴走。野心家のマネージャー・クレアと、恐竜と心を通わせる恐竜行動学のエキスパート・オーウェンが、制御不能の巨大恐竜に立ち向かう。

最新の映像技術で実現した、恐竜VS新型恐竜の迫力のバトルは必見。2018年には続編『フォールン・キングダム(原題)』の公開も決定し、ますます目が離せない、家族で楽しめる最高のエンターテインメントだ。

【あらすじ】
人気観光施設となった「ジュラシック・ワールド」で新種の知能派巨大恐竜の脱走事件が発生。

両親の都合で叔母のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)が勤める「ジュラシック・ワールド」で過ごすことになった16歳のザック(ニック・ロビンソン)と11歳のグレイ(タイ・シンプキンス)。世界中から家族連れが集まる人気テーマパーク「ジュラシック・ワールド」で、大好きな恐竜と触れ合えるとグレイは大喜び。しかし出資者やパークを所有する野心家のオーナー・マスラニ(イルファン・カーン)の対応に追われ、クレアは兄弟をすっかり放置。2人はクレアの秘書の目を盗んで、勝手にパーク内を動き回り始めてしまう。

同じ頃、クレアはマスラニを連れて遺伝子組み換えで生みだされた新種の恐竜、インドミナス・レックスの飼育スペースへ。凶暴で知能が高く、“仲間”を知らない新型恐竜が本当に安全なのか、マスラニはクレアに再調査を指示していた。クレアは、群れで行動する凶暴な肉食恐竜・ヴェロキラプトルを“調教”することに成功した元軍人のオーウェン(クリス・プラット)に協力を求めることに。集客数を伸ばすために新型恐竜の公開を急ごうとするクレアに、その無謀さを訴えるオーウェン。その直後、彼の言葉を証明するように、インドミナス・レックスは人間を騙して檻から逃げ出してしまい…。

この『金曜ロードSHOW!/ジュラシック・ワールド』は2017年8月4日(金)21:00〜23:24、日本テレビ系で放送される。

(C) 2015 Universal Studios and Amblin Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
(C)NTV

  • 1

この記事の画像一覧(全12枚)

画像を拡大して見る>

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP