蝶形骨が奪われる謎の事件の数々…観月ありさ主演「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」第9話あらすじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

観月ありさ主演「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」第9話
画像を拡大して見る

観月ありさが主演を務めるフジテレビ系列ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」。6月18日(日)午後9時から放送される第9話では、バラバラのように思われた事件が、骨を頼りに同一犯の犯行ではないか? と櫻子は推理するように。30年も遡り、頭部の骨が行方不明になる事件の真の黒幕の存在が明らかになるのだろうか。ドラマも佳境に入り、“少年”と呼ばれている正太郎は、櫻子に認められ、一人前となるのだろうか。二人の関係性の行方も見逃せない。

第9話あらすじ

標本士・九条櫻子(観月ありさ)をかばって臼渕沙月(櫻井淳子)に刺された自然の森博物館の技術補佐員・館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)。
櫻子は必死に止血をして正太郎の命を救おうとした。そして正太郎は病院へと搬送されるが、意識は戻らない。
櫻子を身を呈して守った正太郎のことを考える櫻子は、それ以来ふさぎ込んでしまい食事も喉を通らず、家に引きこもる。

一方、刑事の山路輝彦(高嶋政宏)は、看護師・臼渕日和が自殺したとされていた20年前の事件について、再捜査を係長(ヨシダ朝)に申し出るが、一蹴されていた。
正太郎を刺した罪で警察に連行され日和の妹・臼渕沙月(櫻井淳子)の取り調べを山路が行うが、沙月は日和や仁村聡を自分が殺したと自供するが、その背後にいる黒幕については口を割らない。

九条家の使用人で通称ばあやの沢梅(鷲尾真知子)は、かつて叔父・設楽眞理(柴俊夫)に届いた山路の弟・陽介から設楽に宛てた手紙を櫻子に差し出す。
そこには、30年前に神奈川県藤浦市で見つかった「頭部のない白骨遺体」についての新聞記事が同封されていた。

櫻子と山路は、考えを巡らせる。
2年前の自然の森博物館の主任学芸員・磯崎齋(上川隆也)の教え子が自殺し蝶形骨が抜き取られた事件、20年前の日和が自殺に追い込まれ、蝶形骨が奪われた事件、そして30年前の頭部のない白骨遺体の事件…。
これらの点と点が線でつながった時…櫻子の推理が完成し「骨が繋がった!」となるのか!?

そんな中、磯崎にオーストラリアの博物館への引き抜きの話が持ち上がり…。

第9話は、6月18日(日)よる9時から放送。

フジテレビ系列ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」。
櫻子と山路が、蝶形骨が抜き取られるという謎の事件の関連性を追っていくと、同一犯である可能性が強まる。
山路は再捜査を申し出るが、警察署内で退けられてしまう…。
第9話は、6月18日(日)よる9時時から放送される。

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/sakurakosan/index.html

アニメ版「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」とあわせて、お楽しみください。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

無料あり アニメ ミステリー・サスペンス

製作年:2015年

この出来事の、"骨"が知りたいんだ、少年。

  • 1

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP