デビュー15周年・森山直太朗、義兄・おぎやはぎ小木が大久保佳代子とのお見合いをセッティング?『おしゃれイズム』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『おしゃれイズム』ゲスト:森山直太朗 (c)NTV
画像を拡大して見る

ゲストの私生活やこだわりの趣味など、普段見ることのできない“イズム”を探る日本テレビ系のトーク番組『おしゃれイズム』。11月13日22:00からの放送では、森山直太朗をゲストに迎えてお送りする。

今回のゲストはデビュー15周年を迎え、9月21日にベストアルバム『大傑作撰』をリリースした森山直太朗。番組では、森山をよく知る人々がエピソードを語り、そのユニークでおおらかな人柄に迫る。

周知の通り、おぎやはぎの小木博明は義兄にあたり、2人はバカンスを共に過ごすほどの仲良し。実は、数年前、森山とオアシズの大久保佳代子の仲を取り持とうと、お見合いをセッティングしたことがあると明かす。
また、お誕生日が同じ日で、毎年、共同お誕生日パーティーを開いているバナナマンの設楽統は、森山の弱点を暴露。アンガールズの田中卓志は、森山が結婚できない理由を分析。
さらに、森山の大好きなカレーも紹介する。

出演は他に、上田晋也、藤木直人、森泉。

■森山直太朗プロフィール

1976年4月23日東京都生まれ。
大学時代より本格的にギターを持ち、楽曲作りを開始し、ストリート・パフォーマンス及びライブ・ハウスでのライブ活動を展開。
2001年3月インディーズ・レーベルより“直太朗”名義で、アルバム『直太朗』を発表。
2002年10月ミニ・アルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でメジャーデビューを果たし、翌2003年『さくら(独唱)』の大ヒットで一躍注目を集める。
2005年、劇場公演『森の人』を成功させ、2006年、演劇舞台『なにげないもの』に役者として出演。
2010年、劇場公演『とある物語』を開催。
2014年にはフジテレビ55周年ドラマ『若者たち』の主題歌を担当。
同年11月には、アルバム『黄金の心』をリリース。
2016年6月1日には、約半年の”活動小休止”を経て生まれたニューアルバム『嗚呼』をリリース。
9月21日に、デビュー15周年記念オールタイムベストアルバム『大傑作撰』をリリースした。
母はフォークシンガーの森山良子。義兄はおぎやはぎの小木博明。

この『おしゃれイズム』は、11月13日(日)22:00〜22:30 日本テレビ系で放送される。

  • 1

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP