尾野真千子×江口洋介『はじめまして、愛しています。』第2話、2人は里親になれるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

尾野真千子×江口洋介出演ドラマ『はじめまして、愛しています。』第2話 (c)テレビ朝日
画像を拡大して見る

7月21日(木)夜9時から放送されるテレビ朝日系列木曜ドラマ『はじめまして、愛しています。』の第2話では、結婚10年目を迎える梅田美奈(尾野真千子)と梅田信次(江口洋介)の夫婦が、突然家に迷い込んできた虐待を受けた男の子を養子縁組しようと奮闘するという。里親になるための数々の試練を、2人は乗り越えていけるのだろうか?

第2話あらすじ 里親としての適格とは…?

尾野真千子×江口洋介出演ドラマ『はじめまして、愛しています。』第2話 (C)テレビ朝日

ピアニストとして大成するまでは子どもは作らないと決め、結婚10年目を迎えていた、梅田美奈(尾野真千子)と梅田信次(江口洋介)。

ある日突然家の庭に現れた男の子が、児童養護施設に引き取られたのを目の当たりにし、これも運命と、信次の強い希望もあって、男の子を養子に取ることを決めた美奈。

特別養子縁組の申請をしてから3か月が経とうとしていた。
児童養護施設の職員・堂本真知(余貴美子)からの連絡を待っていた2人だったが、そわそわと落ち着かない。
今日、ついに、里親として適格かどうかの判断が下されるのだ。

里親資格を得るためには?

美奈と信次は、3か月間、里親として適格かどうかの判断を下されるために、様々な研修を受けてきた。
家では子どもたちにピアノ教室を開いている奈美だったが、なかなか子ども達の気持ちが分からず、子どもと心を通わせることができないでいた。
そんな子どもが苦手な性格が災いし、養育実習を受けるものの、なんだか上手くいかない。
また、自分の持病を伝えなくてはいけなかったり、信次の弟・巧(速水もこみち)の前科までが問われるなど、その調査は広範囲に及び、プライベートを洗いざらい明らかにしなくてはいけないものだった。
堂本の容赦ない調査に、美奈と信次の間には、微妙な空気が流れ始める。

一筋縄にはいかない、子どもの扱い

尾野真千子×江口洋介出演ドラマ『はじめまして、愛しています。』第2話 (C)テレビ朝日

3か月、一所懸命里親になるべく養育研修を受けてきた美奈と信次。
やるべきことはやりきった思いでいた。
男の子に会いたい、美奈のピアノを聞かせてあげたい、という気持ちが抑えきれなくなった信次は、結果を聞く前に、なんとか面会したいと堂本に申し出る。

その情熱を感じ取った堂本は、異例ではあるが規則を曲げて、男の子に信次との外出許可を出すのだった。
門限の6時までに必ず施設に戻ってくること。
その約束を破ったなら、里親申請も認められないときつく信次に告げる堂本。

信次は堂本との約束は必ず守ると心に誓って施設を出るのだが、誰にも懐かなかった男の子が、信次と手をつないでくれたので、嬉しさに舞い上がってしまい、家に行くのではなく、動物園に行こう! と突如思いついたままに提案する。
しかし、それが大問題に発展してしまうのだが…。

テレビ朝日系列のドラマ『はじめまして、愛しています。』

第2話は、7月21日(木) 夜9時から放送。
特別養子縁組を申し出た美奈と信次が、里親として適役かどうか試されてゆく。

尾野真千子×江口洋介出演ドラマ『はじめまして、愛しています。』公式サイト (http://www.tv-asahi.co.jp/hajimemashite/)

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP