辻仁成、『ザ・インタビュー』で語るシングルファーザーの愛情弁当とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~』シングルファーザーとして息子との日々をつづった連載やツイッターが話題の辻仁成(右)がゲスト。インタビュアーは小島慶子(左)が努める。 (C)BS朝日
画像を拡大して見る

6月26日(日) よる6:00からの『ザ・インタビュー 〜トップランナーの肖像〜』のゲストとして、作家・ミュージシャン・映画監督の辻仁成が出演する。

辻仁成は、1985年にロックバンド「ECHOES」のボーカルとしてデビューする。1989年に発表された「ZOO」は、2000年にもリバイバルする最大のヒット曲となる。
1991年にバンドを解散した後は、地道に続けていた執筆活動に専念する。そんな辻に大きな転機が訪れる。1997年に「海峡の光」で芥川賞を受賞したのだ。
文学界に激震が走る中、辻は「これからの文学を守っていく」ことを会見で表明する。またこの年に連載を開始し、江國香織とともに書き上げた「冷静と情熱のあいだ」は累計350万部の大ヒットとなり、人気作家の一員となった。
その後、1999年には映画監督にも挑戦。意欲作の「千年旅人」は、ベネチア国際映画祭でも上映される。以来、小説・音楽・映像とジャンルに縛られることなく、多方面で活躍を見せる。

2014年は、辻の第二の転機となる。女優・中山美穂と離婚した辻は息子の親権を獲得、シングルファーザーとして子どもを育てるようになる。多忙な中でも毎日「息子に手料理を食べさせること」は何よりの愛情表現だと考え、料理を続けてきた。そんな辻が何気なくツイッターに投稿したお弁当の写真から腕前が広まるように。息子のために作った愛情弁当は、主婦層を中心に話題となった。その反響の大きさに、辻自身も驚いたという。多くの主婦から届いた家事についてのアドバイスや励ましにより、辻は不安を乗り越えてきたと語る。今年4月にはついにプロ顔負けのレシピ本を出版するまでに。愛情たっぷりに料理を作り続けることに、辻は独自の子育て論を詰めていたのだ。
現在12歳になる息子は、父親の愛情を受け、もはや“子ども”としてではなく“パートナー”として辻を支える存在に成長しているという。辻が悲しみの中にいた時に息子のある一言に救われたという。今回、その言葉が辻から明かされる。
インタビュアーはタレント・エッセイストの小島慶子。同世代の子どもを持つ親として小島が辻に迫る

この『ザ・インタビュー 〜トップランナーの肖像〜』は、6月26日(日) よる6:00〜6:54、BS朝日で放送される。

  • 1

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP