浅野忠信&中村獅童、Zeebraとラップバトルについて対談「ラップが好きな人もそうでない人も楽しめる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリースタイルMCバトル番組「フリースタイルダンジョン」MCのZeebra(ジブラ)(左2)、進行・ナレーション担当のUZI(ウヂ)(左)と番組ゲストの浅野忠信(右2)と中村獅童(右) (c)テレビ朝日
画像を拡大して見る

フリースタイルMC(即興ラップ)バトル番組「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日系・毎週火曜深夜1:26〜深夜1:56)の2016年4月12日(火)放送分に、かねてから番組ファンを公言してきた浅野忠信&中村獅童がスペシャルゲストとして出演し、メインMC・Zeebra(ジブラ)と対談することが明らかになった。

「フリースタイルダンジョン」は、若手ラッパーたちが“モンスター”と呼ばれる第一線のラッパーたちにフリースタイル(即興)ラップで挑戦する番組。2015年10月のスタート以来、“神回”とよばれるバトルが続出し、芸能界でも密かにファンが増えているという。「フリートークダンジョン」と銘打たれた今回の放送では、浅野忠信&中村獅童が、番組のメインMCでオーガナイザーも務めるZeebra(ジブラ)、進行・ナレーション担当のUZI(ウヂ)と、番組の魅力について語り合う。

●「フリースタイルダンジョン」にハマったきっかけ

対談冒頭、Zeebraが「なぜこの番組に来てくれたの?」と聞くと「僕はツイッターで番組の存在を知ったのですが、“そんな番組、今まで観たことない!”と思って、すぐに録画予約して…。以来、ハマって毎週観ています!」(浅野)、「たまたま夜、テレビをつけたら、友だちのZeebraくんが映っていて…。観てみたらハマっちゃった! ラップが好きな人もそうでない人も楽しめるので、妻と一緒に観ています」(中村)と、番組ファンになった経緯を語った。

●魂を揺さぶられたラップバトルを振り返る

共に音楽にも造詣が深い浅野と中村は、HIPHOPと出会った少年時代の思い出を明かすほか、イチオシのラッパー=“推しモンスター”についてトークを展開。さらに、“ベストバウト”を3つずつセレクトし、感動の熱闘を振り返る。「僕は毎回、出場者たちの“ドラマ”に引き込まれますね!」と語る浅野に対し、中村は「歌舞伎は音楽劇であり、登場人物の内なる声を代弁する義太夫は、いわばラップ。生まれた国や時代は違っても重なる要素があることで、自分の生きる道を改めて見つめ直すことができる」と話すなど、深く鋭いラップ談義を交わしていく。

●「次はナマで見たい!!」

途中、Zeebraから「ゲスト審査員なんて、どうですか?」と頼まれると、2人は「ぜひやりたい」「やっぱり生で見てみたい!」と快諾。近い将来、2人がゲスト審査員を務め、バトルを判定する機会が来るかもしれない。また、対談を終えた後、2人は現場に残ってZeebraの45歳のバースデー(4月2日)を祝うサプライズにも参加し、スタッフと共に笑顔でZeebraを祝福した。

なお、番組は対談の翌週4月19日(火)のオンエアから“シーズン2”ともいえる新たな境地に突入。「#27」では2人のモンスターの追加が発表されたが、果たしてどのような展開が待ち受けているのか…!? 気になる人は放送のチェックをお忘れなく。

番組ファンを公言してきたがスペシャルゲストの浅野忠信(右2)&中村獅童(右)とZeebra(ジブラ)(左2)&UZI(ウヂ)(左)(c)テレビ朝日

■浅野忠信 コメント

この番組を観ているときは、ひとりでテレビに向かってずっとしゃべっています。“コイツはすごいな!”とか、“なんで負けるんだよ!”とか…勝手なことばかり言っています(笑)。
僕はバトルに“ドラマ”を感じたとき、とても引き込まれます。だからこそ若い人たちはHIPHOPという枠から1度、飛び出してもよいのではないかと思うんです。枠を超え、違う世界から得てきた何かを、自分だけの“本当の言葉”で語りだしたとき、僕のようにドラマチックなものを求めている人間は、ものすごく魂を揺さぶられる…。今後も『フリースタイルダンジョン』では、そんな瞬間をどんどん目撃したいなと思っています。
いつも画面から“現場はスゴイことになっているんだろうな”と感じているので、今度はぜひ生でバトルを見てみたい! そしてこれからの“シーズン2”はもっとヤバいことが起きそうな予感がするので、ますます楽しみにしています!

■中村獅童 コメント

本当に好きな番組なので、今回の対談はまったく仕事という感じがなく、楽しかったですね。
僕が好きなラッパーたちは皆、面構えがイイ! そして、やはり“魂の叫び”を感じたときに、とても感動させられます。それは俳優の仕事でも同じことで、芝居でもHIPHOPでも、人は皆、表現者の人生観と出会えたときに感動するのではないかな。だからこそ、この番組はHIPHOPにまったく興味のなかった人が観ても、出場者たちの人間模様やバトルに引き込まれるのではないかと思います。
HIPHOPはすでに日本でも市民権を得ていると思いますが、まだまだその魅力を知らない人たちも多い。
僕自身も“若い人達を振り向かせたい”という気持ちで歌舞伎役者をやっているので、応援したくなります! 今までHIPHOPを聴かなかった人達にも興味を持ってもらえる番組に育っていってほしいですね。

■フリースタイルダンジョン|テレビ朝日
http://www.tv-asahi.co.jp/freestyledungeon/

  • 1

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP