藤原季節「丸裸の大事な何かを観に来て欲しい」劇団た組。『まゆをひそめて、僕を笑って』への意気込み語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

劇団た組。の第13回目公演『まゆをひそめて、僕を笑って』[2017年4月20日(木)〜23日(日)横浜赤レンガ倉庫 1号館 3Fホール]にて、セイヤ役を務める藤原季節と、作・演出を担当する加藤拓也が、作品への意気込みを語った。


劇団た組。の第13回目公演『まゆをひそめて、僕を笑って』に出演する藤原季節

昭和歌謡曲の名曲「ジュリアに傷心」をモチーフとする同公演は、恋人や結婚といった“約束を交わす前の好きの時間”をテーマに、時代によって変化し続ける男女の価値観のぶつかり合いを描いた“純粋恋愛作”。主人公のセイヤを藤原季節、ヒロインのジュリアを福田麻由子がそれぞれ演じ、作・演出を、舞台版『惡の華』『博士の愛した数式』『百瀬こっちを向いて。』等を手掛けた加藤拓也が担当する。

内容の詳細やチケット情報については、公演HPを参照されたい。

■『まゆをひそめて、僕を笑って』出演・藤原季節×作演出・加藤拓也インタビュー

【早く主演やりたいな、って】

——オファーをどう受け止めたのでしょうか?

藤原:めっちゃ嬉しかったですね!「主役」と言うものにこだわってたんです。主役で作品は変わるなと、色々な現場を経験させていただく中で感じていて。あ〜早く主演やりたいな、って思ってたらお話をいただいて…めっちゃ嬉しかったですね。
加藤:それで『百瀬、こっちを向いて。』観に来てもらったんだよね。
藤原:そうですね。『あの子と遊んじゃいけません』も面白かったです。
加藤:観てもらったのが、11月『百瀬、こっちを向いて。』、12月『あの子と遊んじゃいけません』、1月『A、過程について』か。
藤原:ですね。舞台観て…その場に物がないって、観終わった後にじわじわ来るんですよ。
加藤:そうなの?
藤原:うん、話してた会話とかが、じわじわ後からくるんです。それが結構好きですね。だんだんじわじわ、あれやっぱ面白かったよね〜みたいな気持ちにさせてくれるというか。(加藤さんが)想像に働きかけたいって言ってたじゃないですか。観終わった後に広がっていくっていう、その加藤さんの意図していたことが、(舞台で)できてんだなと思って。

劇団た組。『まゆをひそめて、僕を笑って』稽古風景(1)

【100パーセント信頼しようと】

——加藤さんの演出を初めて受けてみて、藤原さんはどう感じましたか?

藤原:加藤さんの演出のスタイルは大地君がこの(music.jpの)対談で喋ってましたけど、加藤さんが役者を、聞く側を、能動的にさせるものを作ってるんだろうなと思います。だから加藤さんが小さく喋ると聞こうとするし、それを聞き漏らさないように必死になってる自分っていうのが、面白いなって。あと純粋に、面白いものを作ろうとすることに対して純粋だから、どんどん好きになりますね。稽古中、どんどんどんどん好きになる。最初は、若いっていうのはあるけど、それを抜きにしても、とんでもない人だなって思ったんですよ。才能もあるし、行動力もあるし。だけど、どこに向かうかわからない危うさもあって…だから、稽古中はどうなるのか結構不安だったんですけど、ただただ面白いのを作りたいっていうのを最短ルートで行くのが加藤拓也だから、あ、全然大丈夫じゃんって思って。100パーセント信頼しようと決めました。
加藤:どうなんかな〜。ま、俺は結構今回は、宿題を渡して、持って帰ってもらって、次の日消化できてるかどうか、っていうところで…あ〜消化してきてもらってるな、ってなったりするから。なんやろ・・・待てるよね、姿勢としてね、ずーっと。
藤原:待ったりとか、遠回しの表現とかで伝えたりするのも、加藤拓也の中では最短ルートなのかなと思って。
加藤:遠回しなのも、要はポイントじゃなくて考え方を出してるつもりなんよ。その考え方さえ落としてくれたらさ、他の部分もそういう風に読んでくれたら解けるやん。
藤原:そうですね。
加藤:それが一番早い。で、まあ、あわよくば、それが他の本とかも使えたら人のプラスになるやん。非常に。っていう意味で、答えをこうですって言うよりね。一週間あったらさ、そこだけ伝えるってことは簡単やん。ここをこうして〜って言っちゃえばいいんだからさ。そうじゃなくて、僕が楽をしたいから考え方を渡すっていう…感じかな(笑)
藤原:その考え方を渡してる時間が、一番稽古の中できつかったですね。
加藤:ま〜、そうやろね〜。
藤原:今も体力的にはきついですけど、最初の1〜2週間は…きつかったすね〜なんか。時間がとにかく無くて。今はここ3日間位でちょっと他のこと考えることができて、ジャッキーチェンの映画見たりとか…
加藤:(笑)
藤原:久しぶりにそういうことができたんですけど。時間がとにかく無くて、稽古場に2時間前に行っても3時間前に行ってもまだ時間がない位、気持ちが焦ってました。その考え方っていうのを自分がキャッチできたなと、ちょっとずつ思い始めてて。加藤さんが言ってたのってこういうことか!と。
加藤:こういう風に考えればいいや、みたいな?
藤原:それまではセリフをずっと見てても、出てこないんですよ、ルートが。ずーっと見てたら答えが何か見つかるかなと思っても浮かび上がってこないんですよね…。読み込むって何なんだろう?みたいな。それが今じゃ、変わりましたね。
加藤:だいぶ変わったやん!
藤原:今は完全にこの物語の中にいるし…そうなると、かつての自分ではないですからね。未知ですよね。(公演が)終わった後が楽しみです、役者としては。
加藤:演技を選択できるというかね。
藤原:一番原点のところを教わりました。まず、台本読む。とにかく読む。(今までも)読んでましたけど、徹底的に読むっていうことですね、それが僕の見つけた宝物であり、武器。だから本当この座組に参加できて、嬉しいです。
加藤:ほんま一行一行やるもんな。
藤原:はい。
加藤:こうゆう現代劇というか会話劇というか、一行一行さ、動機失ってしまうと…なんとなく言えちゃうじゃん?なんとなく言ってしまうと…ほんまに流れてってしまうからな。その置き所というのを丁寧に探す作業というかさ。やっぱり書いたらさ、忘れるからすぐ。だからなんで書いた…のかな?不思議やなって思ってて、稽古見て、あ、これもしかしたら、この人がやってることで書いてるかもしらん!って思ったりするもんな。
藤原:やってることでっていうのは?
加藤:この人がやってる解釈で書いたのかもしらん、って。こういう理由で書いたんかもしらん、って。
藤原:あ〜〜。
加藤:自分で書いた理由忘れるからさ。その、結構こうゆう会話劇って、書くときに会話の選択ってするわけですよ。それを一回無意識で選んで、そっからまた無意識の意識的な選択をして、また無意識にするみたいな、会話の選択をしていかないと生っぽい会話になり辛いというか…っていうのがあって。そこの部分が…なんか難しいけどね。なんていうか成立しやすいっていうと変やけどさ。例えば稽古見てて、自分のイメージと違うかって言ったら、違うとかはないじゃん。それでなくても成立してしまうことってあるわけよ。非常に。特にこの会話やと。だからこれがこう、見てて、これがつながってないなっていう嘘を発見するのがやっぱ難しいかな、やってて。何回やっても、なかなか同じにはならないよね。
藤原:うん。
加藤:やっぱりコンディションもあるしさ…相手の受け取める力も全然稽古やるたびに変わってるし。ここに空間とか照明とか入ってきたらまた変わるし。
藤原:そうですね。
加藤:どうなんだろうってところはあるよね。だからここで、生きてる…、人間を作ってる、って感じはする、俺は。
藤原:はい。
加藤:そういう意味ではパーンってクラップ鳴らした時に、パンって入ってくれるキー君(藤原さんの愛称)とか麻由子ちゃん(ジュリア役・福田麻由子さんの愛称)とかさ、すごい集中力だなっていうか。その切り替えの早さっていうか…瞬発力がすごいなって思う。
藤原:もうやるしかないですからね!絶対毎回、前のお芝居を超えたいっていうか。その気持ちでやってます。一個前のクラップを超えたい。正直麻由ちゃんの、気力がすごいなって思いますね。
加藤:精神的にね、しんどいよな。
藤原:そうですね。多分絶対一日に一度くらいは7度3分位いってると思います。(笑)
加藤:熱が?(笑)
藤原:はい(笑)
加藤:疲れるよな。頭使うからな〜。
藤原:頭使いますね。同時に、3つ4つくらい考えてやったりすることもあるんで、あとはもう落とし込むだけですね。
加藤:やることたくさんあるけどな。
藤原:そうですね。
加藤:もっとたくさん…。

作・演出担当の加藤拓也

【皆の汚れを知らない内に落としてる】

——稽古をしてみて、自分自身に変化はありましたか?

藤原:本当に新人になりました。さっきも言いましたけど、次にもらえる台本が楽しみですね。この座組、結構純粋な心を持ってる人が集まってるんだと思うんですけど…一番純粋な心を持ってるのは加藤さんですよね。
加藤:(笑)
藤原:その純粋さが、皆の汚れを知らない内に落としてるんだろうなと思います。だから表現に対してみんなの熱が上がってるのも必然っていうか。みんな結局、お芝居が好きな人たちが集まってるから、その好きっていう一番大事な部分だけが今残ってる。舞台の上で。

劇団た組。『まゆをひそめて、僕を笑って』稽古風景(2)

【芽生えてきたビジョン】

——加藤さんは、稽古をしてみて変化はありましたか?

藤原:あ〜それ聞きたいですね。何かありました?
加藤:変化?体の変化で言ったら…すごく体調を崩した(笑)
藤原:そうね、一時期寝てなかったしね。…心境の変化は?
加藤:でも一番は、やっぱりそのぼんやりとしてた俺の20代ってものが、結構はっきりした。20代は「修行」っていうのが定まった、俺の中で。それで30代で「挑戦」。ちゃんと、挑戦する。それで40代で「飛躍」。俺の中でビジョンがこの期間中で定まったというか…どうしても先へ先へとか、上へ上へとか、っていう風に考えてしまいがちやったけど、どう考えても20代って「修行」やったな〜って。やりながら芽生えてきた…というか、稽古やっててすごい思った。
藤原:なんで?
加藤:わからん。
藤原:自然と?
加藤:自然と。みんなと触れ合ってて、あ〜20代修行やな〜って気持ちがすごい出てきて、他の仕事とかも、今までやったらスケジュールの都合とかで断ってたものがあったとしたら、今はなんでも「やる」って言うようになってる。それで自分を追い込んでしまったんですけど…ま、それも修行の一個やなってこの期間中思えたから。こんな変化かな。
藤原:稽古始まる前と後で、僕に対する印象って変わりましたか?
加藤:変わった、全然変わった!こういう一面もあんねや!?みたいな。
藤原:そうなんですか?たまに発狂するとか?(笑)
加藤:(笑)それも含めて。こういう形で、いわゆる主演ってポジションやって、みんなを引っ張って行かなあかんってとこで、どういう風に接していくんだろうな〜ってところを見てるから。
藤原:…どう接してましたか?僕あんま覚えてないですけど。
加藤:めっちゃ必死やった。自分で。
藤原:まじっすか?(笑)
加藤:でも余裕が見えてから、ちょっとずつ回りも見れるようになってきた。
藤原:周り最初見えてなかったですか?(笑)
加藤:最初は見てるようで見えてなかったよね。自分がやらないけない状況があって。
藤原:すごい頑張ろうと思ってたんですよ、主演として。稽古場入ったら、周りの空気良くしようとか言ってられないくらい余裕がなくなっちゃってたかもしれません…(笑)
加藤:太陽浴びたいって言ってたもんな。
藤原:(笑)でもなんとか仲良くなれてよかったです。みんながお芝居に集中できてる状態がつくれているのは良かったなあって思いますね。
加藤:みんな仲良いよな。

セイヤ役を務める藤原季節

【面白いと言ってもらえる自信がある】

——舞台への意気込み・お客様へのメッセージをお願いします。

加藤:藤原季節を見て、お客さんにとってニヤニヤできる作品になってきてると思うから…ニヤニヤして欲しいですね、観に来てくださった方には。是非、ニヤニヤしに観に来てもらえたらなっていう感じ。
藤原:自分の一番大事な部分、情熱だったり表現の熱だったり、好きとか愛とか憎いとかそういう僕の心の奥にあった一番大事な固まりみたいなものを全部出しているので、これをどうにか観に来て欲しいと思ってます。それで僕が面白くなかったら僕はダメだし。だけど、面白いと言ってもらえる自信があるので是非、丸裸の大事な何かを観に来て欲しいです。それに、僕もセイヤとして都会で失った大事な何かをこの作品を通じて探してるんで、お客さんも一緒に探してもらえたら嬉しいです。自分が失った大事な何かだったり、今失いかけてる大事な何かって、何なんだろうなって。それをラストシーン見終えた後に考えてもらえるような作品になればなと思ってますね。

『まゆをひそめて、僕を笑って』キャスト集合写真

<藤原季節(ふじわら・きせつ)プロフィール>
1993年1月18日生まれ。北海道出身。2014年、『人狼ゲーム ビーストサイド』にて本格的にスクリーンデビュー。その後、映画『イニシエーション・ラブ』『新宿スワン』『ライチ☆光クラブ』『ケンとカズ』『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』『ジムノペディに乱れる』『沈黙-サイレンス-』、ドラマ『カルテット』、舞台『青い瞳』等に出演。今年は映画『美しい星』『関ヶ原』『全員死刑』など多数の待機作が控えている。

<加藤拓也(かとう・たくや)プロフィール>
1993年12月26日生まれ、23歳。
大阪府出身。17歳で作家としてスタートを切り、18歳で渡伊、ミュージックビデオや映像演出等を手掛け帰国。2013年に劇団た組。を旗揚げ。主な作品に舞台版『惡の華』『博士の愛した数式』『百瀬、こっちを向いて』等

■劇団た組。第13回目公演『まゆをひそめて、僕を笑って』

作・演出:加藤拓也
期間:2017年4月20日(木)〜23日(日)
会場:横浜赤レンガ倉庫 1号館 3Fホール

<出演>
藤原季節 福田麻由子
岡本あずさ 風藤康二(風藤松原) 佐伯大地 伊藤寧々 平嶋夏海 仲谷明香

<歌・演奏>
谷川正憲(UNCHAIN)

<公演タイムテーブル>
4/20 (木) 19時
4/21 (金) 14時/19時
4/22 (土) 14時/19時
4/23 (日) 12時30分/16時30分

<チケット> 全席指定席
前売券:6500円 当日券:6500円
チケットぴあ⇒http://w.pia.jp/t/mw/

<あらすじ>
恋愛経験はあるものの、心より人を好きになった経験の無いセイヤ(藤原季節)は美術学校で講師を勤めながら、年下のマー(岡本あずさ)と体の関係を持っていた。

マーは自身にとって初恋の人であるセイヤと、関係がハッキリとしたないまま、続けていても良いのか、唯一のマーの親友であるカズハ(仲谷明香)に相談を続けている。

セイヤの務める美術学校に通い、自身の経験から約束のある男女関係に嫌気が差していたジュリア(福田麻由子)。
講師と生徒の関係であるセイヤと、セイヤの先輩タケウチ(風藤康二・風藤松原)をきっかけに互いに興味を持ち始め、徐々に二人は心に恋を芽生え始めさせていく。

同じ美術学校に目的も無く通い日々を意味無く過ごしているモク(佐伯大地)と一人の時間が嫌いなコトノ(伊藤寧々)。
ジュリアと仲の良いハル(平嶋夏海)と四人でつるむこともしばしば。
しかし、そこにジュリアとセイヤの恋仲が絡まり始めた事で…

——リアルな若者が描く、リアルな若者ラブストーリー。
劇中の生歌と生演奏を担当するのは谷川正憲(UNCHAIN)。

公演HP⇒http://mayuhiso.xyz/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP