谷川正憲(UNCHAIN)「俳優さんが熱こめて言って、間があって、そうすると全然違う」 劇団た組。公演への意気込み語る (1/2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

劇団た組。の第13回目公演『まゆをひそめて、僕を笑って』[2017年4月20日(木)〜23日(日)横浜赤レンガ倉庫 1号館 3Fホール]にて、音楽/生演奏を担当する谷川正憲(UNCHAIN)と、作・演出を手掛ける加藤拓也が、作品への意気込みを語った。


劇団た組。第13回目公演『まゆをひそめて、僕を笑って』劇中の生歌と生演奏を担当する谷川正憲(UNCHAIN)

昭和歌謡曲の名曲「ジュリアに傷心」をモチーフとする同公演は、恋人や結婚といった“約束を交わす前の好きの時間”をテーマに、時代によって変化し続ける男女の価値観のぶつかり合いを描いた“純粋恋愛作”。主人公のセイヤを藤原季節、ヒロインのジュリアを福田麻由子がそれぞれ演じ、作・演出を加藤拓也(舞台版『惡の華』『博士の愛した数式』『百瀬こっちを向いて。』等)が手掛ける。

現在、チケットが一般発売中となっているので、気になる人は公演HPのチェックをお忘れなく。

■『まゆをひそめて、僕を笑って』音楽/生演奏・谷川正憲(UNCHAIN)×作演出・加藤拓也インタビュー

【え?いいんすか?もうちょっと考えた方がいいんじゃないんっすか?】

——谷川さんは、今回オファーを受けてどのように受け止められたでしょうか?

谷川:すげ〜嬉しかったですね〜。
加藤:え?ほんまっすか?ほんまに?
谷川:うん。だって、俺誘ってくれる人おらんもん、あんまり。
加藤:うそでしょ!それ(笑)だって、僕、ずーーーっと誘いたかったんですよ。
谷川:聞きました。
加藤:ずーっと僕、UNCHAINの大ファンで、もうめっちゃ好きで。昔から〜10年も前からってわけではないけどずっと好きで。
谷川:嬉しい。
加藤:どっかで一緒にやれたらなあって思ってて。舞台に観に来てもらって、オファーできたらなって思いがあったんですけど・・・なんか知らないから、急に、舞台観に来てくださいって誘うのもあれやし。で、今回のことで聞いてみたら、いいよって返事がすぐに来て。
谷川:今ね、体制的にも受け入れやすいというか、いろいろ大人の事情とかあるアーティストもいっぱいいるとは思うけど、うちは事務所がOKだから、なんでも来いな感じだし。寧ろそういう繋がり作りたいみたいな感じ。
加藤:あ、そうなんですか?絶対あかんって言われるやろって、ダメ元で行きましたからね。で、言ったら、マネージャーさんに、「ちょうど今、その時期のスケジュール組んでるからいいよ〜」って。
谷川:(笑)
加藤:「え?いいんすか?もうちょっと考えた方がいいんじゃないんっすか?」って言ったらマネジャーさんも「いや〜」って。もっかい一応「もうちょっと考えた方が・・・」って言っちゃったくらい。
谷川:(笑)おかげでね、今レコーディングと舞台って板挟みになってますけど。
加藤:そうですよね。アルバムはどうですか?どんなふうに作ってるんですか?
谷川:舞台のお誘いをいただいたのは一年前くらいなんですよね?
加藤:そうっすね。
谷川:ちょうど一年前くらいは今作ってるアルバム出すつもりなくて、それこそ、前回のオリジナルアルバムが出たくらい。で、一回アルバム出して、余裕〜みたいな。
加藤:あ〜(笑)
谷川:一番暇やん!って思ってて〜。受けたら、まさかこんなことにっていう・・・
加藤:アルバムの製作っていつ決まったんですか?
谷川:製作自体は、う〜ん・・・夏位。秋に鬼束ちひろさんとのコラボのやつも作ってるし、その他にも作ってたし、アルバム製作に着手したのが11月くらいで。そっから、スケジュールないのに、ロサンゼルス行って〜。そして曲作ってみたいな。
加藤:アルバム作ろうっていうのと、シングル作ろうってのの差は何なんですか?
谷川:それはね・・・大人的な事情もあるんですけど
加藤:(笑)
谷川:そもそもシングル出そうとすると、厳しい〜。製作費もそんな出ない。
加藤:そうなんすね。

【独自の道を突き進んでるって感じ】

加藤:ずっと、年中曲作ってはるんですか?
谷川:まあ・・・でも俺はさぼりたい派なんで、できるだけさぼるっていう。休みの日とかは、できるだけ音楽に関わらないようにしてて。
加藤:へ〜!!
谷川:他のことからインプットしてる感じ。
加藤:へ〜なんか・・・結構イメージだと、ストイックに毎日作ってるんかなみたいな・・・
谷川:いや、それはないです。
加藤:まじっすか!?
谷川:激ゆるなんで。
加藤:年間どれくらい曲作るんですか?
谷川:年間・・・う〜ん。40〜50くらいかな、そんなことないか・・・でも30くらいは作るかな。
加藤:へ〜〜!それは提供も含めてってことですよね?
谷川:ま、そんな提供もしてないけど。
加藤:でもUNCHAINの曲はUNCHAINにしかできないですよね。あの、歌とかメロディーラインとか。
谷川:あんまり同じ感じの人はいないかもね。なんかね、対バンイベントとかは結構困るって。
加藤:その・・・ジャンルがわからんって?
谷川:ジャンルもわからんし、合う人がいないって。
加藤:独自の道を突き進んでるって感じはするんですよね!
谷川:そうね。いくつからUNCHAIN好きだったんですか?
加藤:僕、18くらいからっすかね。
谷川:今いくつですか?
加藤:23ですね。
谷川:そっか〜。18でUNCHAIN好きって言ってる人って・・・
加藤:やばいっすかね?
谷川:やばいと思います。
加藤:マジっすか。切れてんな〜って思って。
谷川:すごいうれしいですね。
加藤:僕、好きな曲っていうか、音楽って、それなりにオールジャンル聞くんですよ。ミュージカルの曲から、演歌から、歌謡曲も聞きますし。
谷川:僕よりすごいじゃないですか。
加藤:その中で、UNCHAIN切れてんなって。
谷川:切れてた?
加藤:はい。
谷川:そうっすか。5年前か〜
加藤:何の曲あたりだったんですかね?
谷川:震災後くらい?
加藤:あ、そうっすね。ちょうどその位。
谷川:あの[Alexandros]が出始めてたくらい。
加藤:あ〜[Alexandros]とか、あとはおしゃれな・・・あれ?なんだったかな。
谷川:そっち系もすきなんだね?
加藤:聞きはしますね。Suchmosとか、もう今流行りましたけど、茅ヶ崎でやってる時とか。
谷川:そうなんや〜。やっぱアンテナ張ってんねんね、アンダーグラウンドのところまで。
加藤:いや、あんまアングラじゃないですけどね。back numberがね、栃木でじゃきじゃきやっている時の感じが好きだったり。
谷川:でも、あれでじょ?売れてる前からの、売れるバンドを抑えてきてるわけでしょ?
加藤:好きなんですよ、バンドが。
谷川:そういう先見の明とか、目利きというか、ありますよね?加藤くん。
加藤:うちに出た子とか、出た後結構売れる子多いですね。
谷川:やっぱ先見の明があるんですよ。
加藤:あるといいですけど。
谷川:ありますよ、だから俺もそれに乗っからせていただこうかなと・・・
加藤:いやいや、もう十分じゃないですか。十分すぎるキャリアを積んでらっしゃる
谷川:いやいやいやいや
加藤:・・・。俺、季節(藤原季節)は売れると思いますよ
谷川:すごい、それ思います。
加藤:人気でそう。

『まゆをひそめて、僕を笑って』作演出・加藤拓也

【一番目が離せない・・・】

——台本を最初に読んだ時の印象はどうでしたか?

谷川:ぶっちゃけ、何この話って思って。なんも、内容ないやん!みたいな。これ大丈夫なのか?って思って。そもそも最初に、台本読む前に『太陽とイーリス』歌ってくれって言われてて。歌の内容が、恋人が最後死んでしまう悲しい歌なので・・・それを最初に歌ってくれって書いてあったんですよ、舞台の一発目に。実際は違うけど。でも台本のど頭に書いてあるから、これは波が〜何も起こらないかなあって思わせて〜途中でバーンって押し寄せてくるんやろなって思ってたら・・・そのまま終わった。
加藤:(笑)なにも起こらず、誰も良いこと言わない。
谷川:最後にどうでもいいこと言って、終わってるし・・・っていう印象だったんですけど。まだそんな稽古参加してないんですけど、180度印象変わってて、すごい楽しみになってますね、今。
加藤:実際、3Gにしていかんと伝わり辛いですからね〜。
谷川:そう。しかも読んでるの自分やから。でも実際、俳優さんが熱こめて言って、間があって、そうすると全然違うなって思って。すげーかっこいいって思いました。
加藤:結構この部分ってジレンマで、演出プランが理解してくれる人がそんなにいないんですよね。
谷川:演出プラン?
加藤:例えば・・・こういう風になっていくよ〜とか、台本の段階では伝えにくいというか。
谷川:まあそうですよね。今回の台本では特に。
加藤:現代劇って、サブテキストっていうか、書いてないセリフっていうのが凄く多いんですよ。
谷川:うんうん。
加藤:書いてることが、そのまんまの意味で言ってしまうと、違うくなってしまうというか。書いてないことの方がどちらかというと多くて。その書いてないことが、大事だったりするから。それを理解してくれって言っても・・・はい?ってなるし。演出家じゃないから、まず無理なんですよね。そこは結構ゲームですよね。
谷川:行間というか・・・。
加藤:本当のセリフの意味を理解してもらわないと。
谷川:今日も思いましたけど、15場。鬼門と言ってたあそことか・・・ここ長いし、どうなんねやろ?って思ってたシーンが今、一番目が離せないというか、面白いところになっていて凄いびっくり。
加藤:あそこまで持ってくのが、どう運ぶのかってのが一番の見せ場なんすよね。勝負どころなんですよ。

次ページ:【干渉しないのがいいのかな?】>

<<

<

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP