平嶋夏海「女の子ってこんなにめんどくさい風に映ってるんだな〜って」劇団た組。公演への意気込み語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

劇団た組。の第13回目公演『まゆをひそめて、僕を笑って』[2017年4月20日(木)〜23日(日)横浜赤レンガ倉庫 1号館 3Fホール]にて、ハル役を務める平嶋夏海と、作・演出を担当する加藤拓也が、作品への意気込みを語った。


劇団た組。第13回目公演『まゆをひそめて、僕を笑って』で、ハル役を務める平嶋夏海

■『まゆをひそめて、僕を笑って』出演・平嶋夏海×作演出・加藤拓也インタビュー

【まさか、あの時の?!】

——平嶋さんは今回のオファーをどう受け止めたのでしょうか?

平嶋:なんか、縁があるのかな?って思いました。前に、舞台でお会いした時に挨拶したじゃないですか〜。
加藤:あ、『楽屋』の時か。
平嶋:その時にたまたま共通の知り合いがいたから、ちょっとだけ挨拶したんです。
加藤:二秒くらい。
平嶋:ほんと、それくらい。(笑)その時、演出も脚本書くのもやってるって聞いて、「え〜若いのにすごいですね!」位の印象しかなくて、で、今回のオファーを受けた時に、「実はあの時、会ってたんです」と加藤さんに言われて、「あ〜〜!」って。
加藤:忘れられてたんです。
平嶋:いやいや、そんな。時間が・・・ほら、経ってたから。
加藤:いや、顔が薄い故に忘れられてた。
平嶋:自虐(笑)いや、それで、最初の顔合わせの時、「会ってたんです」って言われて、「まさか、あの時の!?」ってなって。縁があるなって思いました。あとは、舞台も久々ですし若い人・同年代に囲まれてやるっていうのも、面白いなって。

ハル役・平嶋夏海

【メンタルギャル感】

——加藤さんは、平嶋さんと初ダックを組むわけですが、平嶋さんに対する印象はどのようなものを持っていますか?

加藤:なんか、ギャル感・・・
平嶋:えっ!ギャルっぽかったですか?
加藤:うん、ギャル感。見た目はすごい清楚、でも中身がギャルっぽいとこあるなって。
平嶋:でもギャル時代過ごしたこと一回もないんです。
加藤:まじか。
平嶋:渋谷にいそうでした?
加藤:いや、メンタルギャルというか・・・
平嶋:メンタル強そう?
加藤:うん、そう。
平嶋:あ〜〜メンタルは強いですね。だいぶ。
加藤:そんな感じする。
平嶋:ちょっとやそっとじゃへこたれないですね!
加藤:メンタルギャル感。
平嶋:(笑)

平嶋夏海(1)
平嶋夏海(2)

【男目線だと、こうなんだろうな〜って】

——平嶋さんは、今回台本を読んでみてどのように受け止められましたか?

平嶋:女の子同士の会話がリアルで。実際、話している時はそんなに意識しては話してないじゃないですか〜。だから、文字として読むと「あ〜リアルだな」「わかるわかる」ってなるけど。「あ、(人の話)スルーして違う話に飛んじゃうんだ〜」みたいな。(笑)男目線だと、こう見えるんだろうな〜って。喋っている側だと、文字として書こうと思っても、そうは書けないんじゃないかな〜って。だからニヤニヤして読みましたね。女の子の会話が一番楽しかった。

——そういうことは意識したんですか?

加藤:いや・・・。あくまで、男側から見ている目線での会話だから。リアルってのは嬉しいですね、すごい。
平嶋:なんか、女の子ってこんなにめんどくさい風に映ってるんだな〜って。加藤さんの目には。
加藤:ね〜。ちょっとめんどくさいな〜って。

加藤拓也(1)

【会った時の印象を受けて、書いた部分が大きくて】

——平嶋さん演じるハルは、どういう想いで作り上げた人物ですか?

加藤:実は、実際に平嶋さんに会って、シーン増やしたんです。会った時の印象を受けて、書いた部分が結構大きくて・・・
平嶋:え?私そんなに笑ってますか?
加藤:え、笑ってますけどね。
平嶋:え、なんか、めっちゃ笑うように変更になってるけど!と思って。私そんなクスクス、笑ってるイメージだったのかなあと思って。
加藤:いや、そうです。
平嶋:だから(私って)そうなんだ〜と思って。増えたのが笑っているところだから。
加藤:なんていうか、心根から笑わないというか・・・
平嶋:(笑)
加藤:なんか、会った印象を受けて書いたつもりですけどね。ハルに関しては。

平嶋夏海、加藤拓也(1)

——平嶋さんは、どんな風に役を演じてみたいですか?

平嶋:いるよな〜こういう子!って思ってたから、今のを聞いて、あ、それ私か!って思いました。
ジュリアが今時っていうか、サバサバしてるようでしてなくて、その子と仲良いって・・・
加藤:ほんまに仲良いんかな?
平嶋:そう。合わさっているようですれ違ってて、なんか、それは登場人物全員に言えるなって思うんですけど。結構ジュリアに対してイラついてることも多いから、なんだろうって。嫌いなところも多くて、バラバラになったら悪口言い合ってそう。
加藤:そうだね。正解!
平嶋:マウンティング女子みたいな。

平嶋夏海(4)
加藤拓也(2)

【そもそも演劇の原点であるものは何か?】

——平嶋さんは、今回の舞台で新たにチャレンジしてみたいことはありますか?

平嶋:今まで出てきた作品が、アイドルっぽいものとか、ザ・青春物語みたいなものが、すごい多かったんですよ。女子高生でいじめでどうたら〜とか、キラキラした純粋なヒロイン〜とか。このお話みたいな、誰も良いこと言わないそういうお話に出たことがなかったから、この世界で生ききれたらいいなと思いました。
なんか・・・なんだろ・・・目立ちそうで、目立たないみたいな。この子何かするのかな?みたいな、お話が終わった後の想像ができるように演じれたらなって思います。

——加藤さんはどうですか?

加藤:特に、身近な話だと感じてもらえるようには作りたい。それと、そもそも演劇の原点であるものは何か?っていうと、話を見せるっていうのが一番かなと思ってるから、すごく。いろんな仕掛けを見せることもいいけど、でもそれは何のためか?っていうと、演出って話を見せるためにそもそも存在しているわけで。話を見せるために使っていたプロジェクションマッピングとか映像とかってものが今、プロジェクションマッピングとか映像を見せるためにいろいろとやっている、仕掛けを見せるためにいろいろとやる、っていうのは・・・ちょっとそもそもずれてるんじゃないかなって思うから。そういうところにすごく意識して、立ち返ってやりたいなっていうのはすごくある。そういう挑戦かな。

平嶋夏海(5)
平嶋夏海、加藤拓也(2)

【ぷらっとお話を観に来るくらいの気持ちで】

——舞台への意気込み・お客様へのメッセージをお願いします。

平嶋:一人でもたくさんの方に観て頂きたいのもあるし、せっかく赤レンガだから、中華街観光して〜くらいで、ぷらっとお話を観に来るくらいの方がいんじゃないかなって思います、この作品は。
絶対ニヤニヤしちゃうと思うんですよね、友達同士でも。お芝居だけを観に来るっていうのもあると思うんですけど。その日の一日の中に、このお芝居がポンって入っているみたいな、他の予定の中にポンって入ってるくらいな気持ちで、観に来てくれたらいいなって思います。
ぜひ観に来てください!頑張ります。

——加藤さんからもお願いします。

加藤:すごくありきたりな、今までの平嶋さんを観に来て〜とかでなく、作品のパーツになっている平嶋夏海を見てほしいなって思います。!

平嶋夏海、加藤拓也(3)

<平嶋夏海(ひらじま・なつみ)プロフィール>
1992年5月28日生まれ、24歳。
東京都出身。AKB48オープニングメンバーとしてデビューし、以後、同チームや渡り廊下走り隊7のメンバーとして活躍。卒業後も舞台・TV・映画などで幅広く活動。主な作品に映画『女ヒエラルキー底辺少女』『メイクルーム2』『ハダカの美奈子』等

平嶋夏海(6)

<加藤拓也(かとう・たくや)プロフィール>
1993年12月26日生まれ、23歳。
大阪府出身。17歳で作家としてスタートを切り、18歳で渡伊、ミュージックビデオや映像演出等を手掛け帰国。2013年に劇団た組。を旗揚げ。主な作品に舞台版『惡の華』『博士の愛した数式』『百瀬、こっちを向いて』等

加藤拓也(3)

■劇団た組。第13回目公演『まゆをひそめて、僕を笑って』

作・演出:加藤拓也
期間:2017年4月20日(木)〜23日(日)
会場:横浜赤レンガ倉庫 1号館 3Fホール

<出演>
藤原季節 福田麻由子
岡本あずさ 風藤康二(風藤松原) 佐伯大地 伊藤寧々 平嶋夏海 仲谷明香

<歌・演奏>
谷川正憲(UNCHAIN)

<公演タイムテーブル>
4/20 (木) 19時
4/21 (金) 14時/19時
4/22 (土) 14時/19時
4/23 (日) 12時30分/16時30分

<チケット> 全席指定席
前売券:6500円 当日券:6500円
チケットぴあ⇒http://w.pia.jp/t/mw/

<あらすじ>
恋愛経験はあるものの、心より人を好きになった経験の無いセイヤ(藤原季節)は美術学校で講師を勤めながら、年下のマー(岡本あずさ)と体の関係を持っていた。

マーは自身にとって初恋の人であるセイヤと、関係がハッキリとしたないまま、続けていても良いのか、唯一のマーの親友であるカズハ(仲谷明香)に相談を続けている。

セイヤの務める美術学校に通い、自身の経験から約束のある男女関係に嫌気が差していたジュリア(福田麻由子)。
講師と生徒の関係であるセイヤと、セイヤの先輩タケウチ(風藤康二・風藤松原)をきっかけに互いに興味を持ち始め、徐々に二人は心に恋を芽生え始めさせていく。

同じ美術学校に目的も無く通い日々を意味無く過ごしているモク(佐伯大地)と一人の時間が嫌いなコトノ(伊藤寧々)。
ジュリアと仲の良いハル(平嶋夏海)と四人でつるむこともしばしば。
しかし、そこにジュリアとセイヤの恋仲が絡まり始めた事で…

——リアルな若者が描く、リアルな若者ラブストーリー。
劇中の生歌と生演奏を担当するのは谷川正憲(UNCHAIN)。

公演HP⇒http://mayuhiso.xyz/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP