伊藤寧々、出演舞台の台本に驚き「ラストの…あれは、こういうこと本当にあるのかな?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

劇団た組。の第13回目公演『まゆをひそめて、僕を笑って』[2017年4月20日(木)〜23日(日)横浜赤レンガ倉庫 1号館 3Fホール]にて、コトノ役を務める伊藤寧々と、作・演出を担当する加藤拓也が、作品への意気込みを語った。


劇団た組。の第13回目公演『まゆをひそめて、僕を笑って』にて、コトノ役を務める伊藤寧々

昭和歌謡曲の名曲「ジュリアに傷心」をモチーフとする同公演は、恋人や結婚といった“約束を交わす前の好きの時間”をテーマに、時代によって変化し続ける男女の価値観のぶつかり合いを描いた“純粋恋愛作”。主人公のセイヤを藤原季節、ヒロインのジュリアを福田麻由子がそれぞれ演じ、作・演出を加藤拓也(舞台版『惡の華』『博士の愛した数式』『百瀬こっちを向いて。』等)が手掛ける。

現在、チケットが一般発売中となっているので、気になる人は公演HPのチェックをお忘れなく。

■『まゆをひそめて、僕を笑って』出演・伊藤寧々×作演出・加藤拓也インタビュー

【加藤さんのこと知りたいなって】

——オファーをどう受け止めたのでしょうか?

伊藤:加藤さんの年齢がお若くて・・・同世代で舞台作っている人がいるんだってことが私初めて知って、単純に加藤さんに対してすごいなってことしか出てこなくて・・・。
加藤:あれ、同い年でしたっけ?
伊藤:いや、加藤さんは年上です。私21歳です。
加藤:23歳なので〜
伊藤:二個上ですね。役者をやってる同世代の子はいっぱいいるけど、演出家として活躍されている方は初めてお会いしたので、本当にどういう考えを持ってる・・・というか、加藤さんのこと知りたいなって。このオファーいただいたとき、どんな方なんだろうって。

——加藤さんは、伊藤さんに対する印象はどのようなものを持っていますか?

加藤:今時って感じ、しますよね。
伊藤:本当ですか?
加藤:うん、しますします、今時って感じ。普段お仕事じゃない時ってどんな生活をしてるんですか?
伊藤:私は割と家にいるんですけど〜。
加藤:あ、そうなん?意外、意外。
伊藤:そうですか?本読んだり、家事している時間もすごい好きで。あとは、外に出るなら買い物してます。
加藤:じゃあアウトドアとか行かんのか。
伊藤:そんな行かなくて、たまに誘われたら行く位な感じで。
加藤:じゃあ、友達と飲み行ったりとか少ない?
伊藤:うん〜少ないと・・・思います。こっちにいる友達も多くないし、地元が岐阜なので、ほとんど会うのは元メンバーだったり。ごはん行こう!とはなるけど、飲みに行こう!とはあんまりならない感じですね。
加藤:そうなんだ。じゃ、アウトドア行くときってどういうのを選ぶの?旅行とか温泉とか、スポーツとか。
伊藤:温泉とかも行くし、去年はジェットパック?海の上をモーターパラソルみたいなやつで飛べるっていうのがあって。でかい扇風機みたいな後ろにつけて・・・
加藤:飛ぶんですか?
伊藤:飛ぶんですよ。インストラクターのおじさんと、一緒に空を飛ぶ10分間の旅!
加藤:へえ〜〜〜!
伊藤:アクティブになろうと思って、そういうのに誘ってもらったんですけど、一回しか行ってない・・・。
加藤:ふ〜ん。割と内向きというか、
伊藤:うん、内向きです。相当内向き・・・
加藤:ふ〜〜〜ん。なるほどね。コトノっていう役とは逆のタイプなんだね〜。

コトノ役を務める伊藤寧々と、作・演出を担当する加藤拓也(1)

【上手に笑えるようになりたいなって願望みたいなのがあって】

——加藤さんは、どういった想いで脚本を作っていったのでしょうか?

加藤:本全体は痛みみたいな部分があって、その痛みをどういう風に笑うかってのがあって・・・とりあえず笑いたいなって。笑おうっていうのは一番表現的にわかりやすくていいかなっていうのはあるし、上手に笑えるようになりたいなって願望みたいなのがあって・・・そういうところです。

——伊藤さん演じるコトノはどうですか?

加藤:う〜ん。一番劇中で損している子っていうか・・・その、なんやろ。一番ポピュラーっていうか、一番ありがちな子ですね。

コトノ役を務める伊藤寧々

【ラストの・・・あれは、こういうこと本当にあるのかな?】

——伊藤さんは、今回台本を読んでみてどのように受け止められましたか?

伊藤:表現がすごいストレートだなって思いました。あとは、私、高校の時は仕事をしながらだったり、中学も実はいろいろあってあんまり行ってなくて、ちゃんとした学生生活を送ったことがなくて。今回台本読んだ時に、大学とかそういうコミュニティの中で生きてきたら、こういう環境が本当にあるんだろうなっていう感じで新鮮でした。あとはラストの・・・あれは、こういうこと本当にあるのかな?って・・・。
加藤:あ、あるんじゃないですかね
伊藤:そうですかね〜それを演じられるのはすごい楽しみです。
加藤:ラストね。
伊藤:やばいですよね。
二人:(笑)
伊藤:ああいう気持ちになることもすごく共感できるというか、思いが強いんだなっていうのがあって、うまくそういうのが出せたらいいなって思ってます。

——役と似ている部分や同調する部分は多いですか?

伊藤:結構あったかもしれない。でも、あんまり同調すると・・・やばいじゃないですか(笑)
加藤:(笑)
伊藤:大好きで大好きでしょうがない対象だからきっとあそこまでの思いになるんだと思うし、思いの強さとかストレートさとか私はすごいよくわかるなって思いました。

【演じるわけではなくそこにいるべくしている】

——加藤さんは、伊藤さんに求めているものはありますか?

加藤:役として芝居作っていくうえで、動きもそうだし、その時の感情、伊藤さん自身に生まれた感情がどれだけ大事かっていうことを丁寧に時間をかけて育てて、稽古期間を過ごしていきたいなっていう感じです。
伊藤:はい。私もまだそんなにお芝居の経験がないので、自分の持っているものから、引き出してくれる、大事にしてくれると言ってもらえるっていうのはすごく嬉しいです。
加藤:演じるわけではなくそこにいるべくしているのってどうしたらよいのか?というのを丁寧にやりたいので、演じるって感覚はいらないというか。
伊藤:はい。私、どこかのワークショップで「嘘をつくな」って言われたんですけど、その時私「芝居って嘘じゃん。」って思っちゃって。この人の気持ちってわかんないなって思ってた時期もあったから、すごいうれしいです。
加藤:どうやって嘘をつかないのかっていうのかを、説明しながらやっていきたいね。

【アイドル卒業ってところから、女優に近付けたらいいな】

——今回の舞台で新たにチャレンジしてみたいことなどありますか?

加藤:やっぱり・・・空間の広さはチャレンジかなって。大きい空間の中に、お客様が3面にいて、できる限りシンプルかつ、上質な空間に仕上げていくために、どうすれば空間の広さを余らせず、今までやってきたこと、出来ることプラスアルファーで作品の全体図を作るかっていうところは、初めてやること。お客様の想像力を先に、先に、進めながら、どう見せていくんかっていうのは、一個挑戦かなって。
基本的には会話劇で、喋って喋って・・・とにかく話を見せるっていうのを一番重きに置いているから、エンターテイメントとかじゃないし。どうやって話を丁寧に見せていくかっていう、本当に丁寧な作り方を一番念頭に置いてやっていきたいかなっていう風に思ってるかな。
伊藤:等身大の年齢の役ってものあるし、共演する皆さんから吸収していきたいなって思います。同じ舞台に立てるということが私はすごい感激というか嬉しいことなので、今までの、ちょっとアイドルを卒業したっていうところから、女優に近付けたらいいなって思います、今回の舞台で。

【昔を思い出したりとかいろんな目線から見れるんじゃないかな】

——舞台への意気込み・お客様へのメッセージをお願いします。

加藤:自分のまだ見たことない形のスタイルに進化できるように頑張ります。劇をするうえで一番大事にしていることを、もっとより大事にするっていうのが自分の演出のテーマであるから、自分はそれを念頭において頑張ります!
伊藤:今加藤さんとお話して、同世代の方と作る舞台にワクワクがすごい増えていて・・・稽古と本番まで楽しみだし。また、等身大の私を見てもらえるいい機会になりそうだなって思ったのと、昔を思い出したりとかいろんな目線から見れるんじゃないかなと思うので、ぜひ観に来てください。

コトノ役を務める伊藤寧々と、作・演出を担当する加藤拓也(2)

<伊藤寧々(いとう・ねね)プロフィール>
1995年12月12日生まれ、21歳。
岐阜県出身。15歳で乃木坂46の1期生オーディションに合格しデビュー。テレビ・映画・雑誌等幅広く活躍し、18歳で卒業。主な作品に映画『杉沢村伝説 劇場版』主演、CM「ゲオのレンタルディスカウントセール」、舞台『読モの掟!2016』等

<加藤拓也(かとう・たくや)プロフィール>
1993年12月26日生まれ、23歳。
大阪府出身。17歳で作家としてスタートを切り、18歳で渡伊、ミュージックビデオや映像演出等を手掛け帰国。2013年に劇団た組。を旗揚げ。主な作品に舞台版『惡の華』『博士の愛した数式』『百瀬、こっちを向いて』等

■劇団た組。第13回目公演『まゆをひそめて、僕を笑って』

作・演出:加藤拓也
期間:2017年4月20日(木)〜23日(日)
会場:横浜赤レンガ倉庫 1号館 3Fホール

<出演>
藤原季節 福田麻由子
岡本あずさ 風藤康二(風藤松原) 佐伯大地 伊藤寧々 平嶋夏海 仲谷明香

<歌・演奏>
谷川正憲(UNCHAIN)

<公演タイムテーブル>
4/20 (木) 19時
4/21 (金) 14時/19時
4/22 (土) 14時/19時
4/23 (日) 12時30分/16時30分

<チケット> 全席指定席
前売券:6500円 当日券:6500円
チケットぴあ⇒http://w.pia.jp/t/mw/

<あらすじ>
恋愛経験はあるものの、心より人を好きになった経験の無いセイヤ(藤原季節)は美術学校で講師を勤めながら、年下のマー(岡本あずさ)と体の関係を持っていた。

マーは自身にとって初恋の人であるセイヤと、関係がハッキリとしたないまま、続けていても良いのか、唯一のマーの親友であるカズハ(仲谷明香)に相談を続けている。

セイヤの務める美術学校に通い、自身の経験から約束のある男女関係に嫌気が差していたジュリア(福田麻由子)。
講師と生徒の関係であるセイヤと、セイヤの先輩タケウチ(風藤康二・風藤松原)をきっかけに互いに興味を持ち始め、徐々に二人は心に恋を芽生え始めさせていく。

同じ美術学校に目的も無く通い日々を意味無く過ごしているモク(佐伯大地)と一人の時間が嫌いなコトノ(伊藤寧々)。
ジュリアと仲の良いハル(平嶋夏海)と四人でつるむこともしばしば。
しかし、そこにジュリアとセイヤの恋仲が絡まり始めた事で…

——リアルな若者が描く、リアルな若者ラブストーリー。
劇中の生歌と生演奏を担当するのは谷川正憲(UNCHAIN)。

公演HP⇒http://mayuhiso.xyz/

  • 1

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP