リストの謎は解決するが…、欅坂46メンバー総出演「徳山大五郎を誰が殺したか?」第8話レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉野 治

欅坂46メンバー総出演のテレビ東京・ミステリードラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」。9月3日(土)深夜0:20に放送された第8話では、死んだ徳山大五郎(嶋田久作)が、隠し持っていたリストの謎が明らかになる。そして生徒たち(欅坂46)のひとり、菅井友香の秘密も…


欅坂46メンバー総出演ドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」第8話 (c)「徳山大五郎を誰が殺したか?」製作委員会

「出せよ、リスト!」迫る警備員に友梨奈は…

「みーつけた」。廊下で徳山大四郎(嶋田久作二役)と会った謎の警備員(森下能幸)は、「早く出せよ、裏口入学のリスト」と大四郎に襲いかかる。

警棒を取り出して、殴りかかる警備員。このままでは大四郎が危ない! 隠れていた平手友梨奈は、思わず立ち上がると「待って! 私持ってます…裏口入学のリスト」と告げた。

警備員は追い払った。しかし…

欅坂46メンバー総出演「徳山大五郎を誰が殺したか?」第8話 場面1 (C)「徳山大五郎を誰が殺したか?」製作委員会

愕然とする友香。リストには<菅井友香 20,000,000>の表記がある。このままでは、警備員に自分の名前が知られてしまう!

しかし友梨奈が渡したのは、卒業名簿を破いただけの偽物リスト。そうとは知らない警備員は、偽リストを持って去って行った。

放課後…生徒たちがそれぞれ帰り支度をする中、守屋茜が友香の背中にバスケットボールをぶつける。茜のグループの鈴木美諭が言う。「友香が裏口入学ってマジ?」

友梨奈と友香の話を、たまたま耳にした原田葵が仲間に伝えたせいで、皆に知れ渡ったのだ。冷たい視線が一斉に友香に注がれる。

徳山の持っていたリストに友香の名前があった。つまり、徳山には裏口入学がバレている…「だから口封じで徳山を殺したわけ?」次々と浴びせられる冷たい言葉に、追いつめられる友香だが、「あたしはやってないって!」

このシーンは恐ろしい。あまり仲のよくなかったグループの子たちはもちろん、仲間のグループの生徒たちも口を閉ざしてしまう。唯一救いなのは、いつも冷静に真実を見極めようとする友梨奈の存在だ。

校長と対峙する友香。その狙いは?

欅坂46メンバー総出演「徳山大五郎を誰が殺したか?」第8話 場面2 (C)「徳山大五郎を誰が殺したか?」製作委員会

それから約1時間後。友香がひとりぽつんと残っている教室に、参宮橋校長(岩松了)が小走りにやってくる。

友香はリストを見せると、「徳山先生はこのリストで何をしようとしたんですか?」と校長に訊ねる。「このリストをネタに私を脅してカネを奪おうとした」と言う校長は、リストを友香から奪おうとする。

そこへロッカーから現れた大四郎。てっきり徳山本人と思った校長は、大四郎に札束を渡そうとするが、「ふざけるな!」と札束を払いのけた大四郎は、「弟はどこだ!?」と校長に迫る。

ここで初めて、大四郎が徳山の双子の兄だと知る校長。つまり、校長は徳山を殺した真犯人ではなかった。「学校の秘密」である<裏口入学リスト>は、殺人の原因ではなかったのだ。

このシークエンスでは、嶋田久作がバツグンの存在感を放つ。「不正を暴く」正義のひとを、目つきひとつで精悍に演じているのだ。これまでずっと死体役で動けなかっただけに、前回と今回のエピソードでの活躍は嬉しい。

友香の不名誉は意外な人物が払拭する

殺人犯の疑いから晴れた友香。しかし、<裏口入学>の汚点はついたままだ。

耐えられなくなった友香は、<退学届>を持って教室を出て行こうとする。

ところが…廊下には副担任の神崎(江口のりこ)が。「あなたに渡したいものがある」と言って見せたのは、一昨年の入試データ。友香は普通に合格していた。

つまり裏口入学は関係ない。おそらく校長にだまされて、友香の父は“寄付金”として2千万円を払わされたのではないか、というのだ。

大四郎も、大五郎がリストを使っての恐喝を思いとどまったのは、友香の名前があったからではないかと推察する。そんな大四郎のもとに、大五郎からLINEが届く。<しーちゃん淡路島に着いたよ/たまねぎ食いたいなぁ>。

もちろん、本物の大五郎は死んでいる。大四郎を”しーちゃん”と呼ぶことを知っているのは、生徒たち…だけ? 長濱ねるの不穏な顔つきも気になる。

徳山大四郎は淡路島へ帰っていった。しかし…殺人犯は未だに見つからない。友梨奈は生徒たちひとりひとりの様子を見ている。

ねるは、渡邉理佐の耳元で囁く。「…見つけた」。

エンドクレジット後に広がる、驚愕の展開

すっかり暗くなった学校で、神崎が愚痴を垂れている。

「友情とか絆とか、興味ないくせに。入試データ持ち出したことがバレたら、あたしがクビになるのよ」。その話し相手は…生徒のひとり?

教室では、校長が土下座をしている。

「許してください!」と必死に謝っている相手は、なんと用務員の橋部(今野浩喜)。威圧的な態度で、「学校運営に必要って、おまえ関係ねえだろ! やるんだったらバレないようにやってくれよ!」

<裏口入学リスト>は「学校の秘密」の、ほんの入り口なのかもしれない。そうやって集めた金を、いったい誰が、何の目的で使おうとしていたのか? 

大人たちの誰もが、何やら闇を抱えている。そして生徒の中にも、不穏な影が。特に気になるのが、ねるの動向だ。ストーリーも終盤に向かって、二転三転の展開がありそうだ。

次回第9話は、9月10日(土)深夜0:20より放送

次回、「徳山大五郎を誰が殺したか?」第9話は、テレビ東京で9月10日(土)深夜0:20より放送。他地域の情報は番組公式サイトでチェックしよう。

欅坂46メンバー総出演ドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」 公式サイト(http://www.tv-tokyo.co.jp/tokuyama/)

欅坂46による主題歌「世界には愛しかない」とあわせてお楽しみいただきたい。

世界には愛しかない

シングル

テレビ東京系土曜ドラマ24「徳山大五郎を誰が殺したか?」主題歌


試聴する
停止する

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP