三浦春馬、水原希子主演『進撃の巨人』実写版が配信開始!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髙橋 祐真

昨年、実写化され話題となり、「ヤバイ!! 」「巨人がリアルすぎる」と高評価されている、 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』が、ついに配信開始となった。主演の三浦春馬、水原希子など豪華キャストたちが巨人と戦うアクションシーンなど見どころ満載の新しい『進撃ワールド』を楽しもう!!


映画 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』

原作となっているのは、全世界で累計発行部数5000万部を超え、爆発的大ヒットとなり社会現象を巻き起こした『別冊少年マガジン』に連載中コミック、諫山創作『進撃の巨人』である。第35回講談社漫画賞の少年部門を受賞するなど各方面から高い評価を受けている。

進撃の巨人

手足をもがれ、餌と成り果てようと、人類は巨人に挑む!! 巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した...

試し読み

550円/巻

■運命に挑め─。戦わなければ、勝てない。

100年以上前、繁栄を築き上げた人類は、突如出現した巨人により滅亡の淵に立たされた。生き残った人類は、外の世界への自由と引き換えに、巨大な壁を作り巨人から身を守っていた。そして巨人のことは伝説となりつつあったある日、その壁が、「超大型巨人」や「鎧の巨人」によって破壊され、街の平和は崩された。幼いエレンとその幼なじみミカサやアルミンは、命からがら逃げ延びるも、大切な家族を亡くしてしまい、人々は無残にも巨人の餌と化していく。

数年後、青年になったエレンたちは、巨人への復讐を誓い、訓練兵団に入団する。エレンは、壁の外での任務を行う、もっとも危険な調査兵団を目指す。しかし、卒業を目の前に控えたある日、「超大型巨人」が襲来。再び悪夢のような日々が始まった。破壊された壁の穴を修復すべく、外壁修復作戦に向かうエレンたち。人々を守るため、巨人を倒すべく立ち向っていくが、新たな危機がエレンたちを襲う…。絶望の戦いが今、はじまる──。

■豪華キャストに要注目!! 原作では観られないキャラクターも登場

主人公“自由を求める者”・エレン・イェーガーを演じるのは、三浦春馬さん。“戦場を舞う女神”・ミカサ・アッカーマン役に水原希子さん。“心優しき賢者”・アルミン役に本郷奏多さん。“暴走する無邪気”・ハンジ役に石原さとみさん。“飢えた狙撃手”・サシャ役に桜庭ななみさん。そして、実写版『進撃の巨人』のオリジナルキャラクターとして登場する、“人類最強の男”・シキシマ役に長谷川博己さん、“闇を統べる者”・クバル役に國村隼さん、“嘆きの先導者”・ソウダ役にピエール瀧さんなど、個性的なキャラクターと、原作とはまた違った新鮮なストーリー展開やバトルが楽しめる。

監督は、樋口正嗣さんが、最新VFX技術と特撮の腕前を発揮し、そして主題歌には、SEKAI NO OWARIの『ANTI‐HERO』。セカオワの独特な雰囲気が『進撃の巨人』の世界観にピッタリマッチした曲になっている。

■圧倒的な力を持つ巨人との戦いを描いたファンタジーバトル

実写化不可能と言われていた『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』。巨人が人間を食べるという残酷な世界のなかで、エレンたちの悲しみや恐怖、絶望のなかに見える希望や仲間たちとの絆などが繊細に描かれおり、また、世界文化遺産に登録されている軍艦島で撮影された風景や、調査兵団の立体機動装置を使っての爽快なアクション、動く巨人のリアルさなど、そのありえないほどの壮大な世界観と臨場感に引き込まれていくこと間違いなし!!

原先の読めない展開にハラハラドキドキしながら、原作とは一味違う、人類存亡をかけた巨人との戦いを描いた『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』を楽しもう。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

映画 アクション

製作年:2015年

運命に挑め――。戦わなければ、勝てない。

  • 1

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP