ホームコメディドラマの王道! 「若奥さまは腕まくり!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

永遠のアイドル、中山美穂が出演したドラマで、話題を集めたドラマです。 中山美穂が、新婚の役を演じているだけでも、ホッコリしますよね。 そこで今回は、ホームコメディドラマの王道ともいえる「若奥さまは腕まくり!」の魅力について、ご紹介します。


ホームコメディドラマの王道! 「若奥さまは腕まくり!」

「若奥さまは腕まくり!」のキャスト紹介!

このドラマ、中山美穂が広瀬友子という、新婚の奥様の役で出演しています。
旦那様は、広瀬聡で三田村邦彦が演じています。

ドラマ「ママはアイドル」で、夫婦役をしていたイメージもありますが、今回も同じ夫婦役(しかも新婚夫婦)で、共演しています。

この三田村邦彦の兄として、広瀬春夫に伊東四郎さん、春夫の娘、広瀬麻里に西尾麻里、次女花恵に近藤花恵、三女千恵子に土井千恵子が配役されています。

そして、春夫と聡の母親、広瀬タツに千石規子、聡の姉、塩川みずえに中尾ミエです。

更に、広瀬家の隣人として北沢夫婦を、松澤一之と美保純といった、キャスティングになっています。

本当に、しっかりとした配役になっています。

若奥さまは腕まくり!

テレビドラマ 国内ドラマ コメディ

製作年:1988年

18歳の中山美穂が人妻に!大ヒット作!

「若奥さまは腕まくり!」ってどんなあらすじ?

主人公は、新婚夫婦である広瀬友子と聡です。
当時は、そんなに珍しいことでもなかった、旦那様の親と同居という舞台です。

更に、中山美穂演じる広瀬友子は、大学を中退した20歳という設定です。
姑たちとの同居を勘弁してもらうために、気の遠くなるようなローンを組んで、マイホームを購入します。

姑は、妻と死別している兄春夫と同居していました。
しかし、聡の兄春夫が、突然アメリカ転勤になり、子どもたちをタツに預けることになります。

アメリカ勤務が終わるまで、姑と姪たちという、同居人に囲まれた新婚夫婦のドタバタを描いた、ホームコメディになっています。

第1話で、少しだけ描かれた甘い新婚生活に、中山美穂のファンは、三田村邦彦に嫉妬したのだとか。

それほど、2人の演技は息が合っていたということですね。

「若奥さまは腕まくり!」の魅力はどこ?

当時、18歳だった中山美穂が、新婚夫婦役を熱演しているということでも、話題を呼んだドラマですが、更にこのドラマの魅力は、どこにあるのでしょうか?

まず、圧倒的な支持としては、中山美穂の美しすぎる若奥さま、だったと思います。この若奥さま姿を見たいがために、このドラマを毎週欠かさず、チェックしていたなんて言う人も、少なくないはずです。

更にストーリーは、ドタバタホームコメディとして、安定していますし、痛快ドラマでもあります。

とにかく、中山美穂のかわいらしさが、前面に出てきているドラマです。

今になって、80年代のドラマか・・・っと、思わないでください!
現在とは違った視点、そして面白さがあるんです。

出演者の若かりし頃を観て、時代の流れを感じるのも良い刺激かもしれません。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP