「ガタカ」から見るアンドリュー・ニコル監督の作風

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1997年に公開された「ガタカ」は、アンドリュー・ニコル監督の初監督作品です。 遺伝子をテーマにした近未来を描き、NASAが「もっとも現実的なSF映画」と評し、映像美と共に傑作といえる作品です。 「ロード・オブ・ウォー」、「TIME/タイム」を手がけた、アンドリュー・ニコル監督の作風を、「ガタカ」から振り返ってみたいと思います。


「ガタカ」から見るアンドリュー・ニコル監督の作風

近未来SF「ガタカ」のストーリー

遺伝子操作で、優秀な子供を作るのが当たり前の時代。
従来通りの生殖で生まれた子は「普通の子」、遺伝子操作で生まれた子供は「神の子」と呼ばれていました。

人の能力は、その人が持つ遺伝子を調べることで、容易に判別がつくとして、「普通の子」と「神の子」は、様々な面で差別されていました。

主人公のヴィンセント・アントン・フリーマンが勤める「ガタカ」は、優秀な遺伝子を持つ「神の子」だけが、入ることを許された宇宙開発機関です。

ヴィンセントは、宇宙飛行士を目指す優秀な若者で、努力の甲斐あって、土星行きのメンバーに選ばれます。

長年の夢が叶って喜ぶヴィンセントでしたが、実は彼には秘密がありました。

彼の本当の正体は、遺伝子操作を受けずに生まれてきた「普通の子」で、心臓に欠陥を抱え、長くは生きられない体だったのです。

ガタカ

無料あり 映画 洋画 SF 医療

製作年:1997年

D.N.A.は、残酷すぎる未来を産み落とした。

緻密な作品世界が魅力!

アンドリュー・ニコル監督の魅力は、何といっても緻密な作品世界です。

映画のタイトル「ガタカ」は、主人公ヴィンセントが勤める会社の名前で、原題は「Gattaca」。
DNAを構成する4つの塩基、グアニン(G)、アデニン(A)、チミン(T)、シトシン(C)の頭文字からできています。

ヴィンセントは極度のきれい好きで、使用したPCのキーボードの隅の汚れも払う、念の入れようです。

初めはただの「潔癖症・完璧主義」に見えるのですが、ヴィンセントの正体が、遺伝子不適合者であることが分かってくると、髪の毛から爪の垢にいたるまで、自分のDNAの痕跡を残さないためなのだと分かり、驚愕します。

毎日毎日、セキュリティチェックのために繰り返されるDNAの血液採取、その度に自分を偽るヴィンセント。

NASAが「もっとも現実的なSF映画」というのも、うなずけます。

SFだけど、見どころはヒューマンドラマ

自然受精で生まれたヴィンセントは、生まれつき体に欠陥を抱えています。

「宇宙飛行士」という夢の実現のため、遺伝子を偽ってガタカへ入りますが、彼の頭脳や身体能力は、努力で手に入れたものです。

遺伝子操作を受けて生まれた弟と、遠泳競争を行うシーンがあるのですが、ヴィンセントの執念に胸打たれます。

また、ヴィンセントと遺伝子サンプル提供者である、ユージーン(本名はジェローム)との友情も見どころです。
ユージーンは、オリンピックの金メダリスト候補という、華やかな経歴を持ちつつ、事故で半身不随となってしまいます。

全てを失って絶望したユージーンは、宇宙飛行士になりたいというヴィンセントに、遺伝子サンプルを提供することで、再び生きる意味を見出すのです。

舞台が現実離れしていても、こうしたヒューマンドラマにしっかりと焦点を当てているのも、アンドリュー・ニコル監督作品の特徴といえます。

イーサン・ホークの熱演も見事です。
次に、アンドリュー・ニコル監督の代表作を2作ご紹介します。

戦争の影に、商人あり「ロード・オブ・ウォー」

実在する複数の武器商人をモデルに書かれた、ノンフィクションを基に、アンドリュー・ニコル監督が制作した、フィクション映画です。

武器商人というと、根っからの戦争好きで、性格異常者のようなイメージがありますが、「ロード・オブ・ウォー」の主人公ユーリ・オルロフは、「ビジネスマン」という印象です。

ウクライナからアメリカにやってきたオルロフ家は、レストランを営む貧乏な移民です。
客の入りは悪く、何とか今の生活から抜け出したい、少しでも金持ちになって、憧れの女性と結婚したい、というささやかな願いから、武器の密輸に手を染めていきます。

悲劇だったのは、ユーリに商才があったことです。
巨万の富を築き、憧れの女性とも結婚し、幸せな家庭を築いたユーリは、武器商人というビジネスのせいで破滅していきます。

主人公のユーリをニコラス・ケイジが、見事に演じています。
「ガタカ」のイーサン・ホークも捜査官役で、出演しています。

映画の冒頭に、工場で作られた銃弾が出荷されて、戦闘で発射されるまでのシーンがありますが、わずか数分のシーンなのにとても印象的で、このシーンだけでも見る価値がある映画です。

ハラハラの逃亡劇「TIME/タイム」

人間の寿命は25歳で止まってしまい、全ての通貨は、時間に換算される世界を描いたSF作品です。

庶民と富裕層は居住区が分けられ、富裕層は何百年もの使い切れないほどの寿命を持つ一方、庶民は寿命を1日延ばすために、労働に明け暮れる毎日を過ごしていました。

そんな労働者の1人ウィル・サラスは、ある日、自らの手で寿命を終わらせるためにやってきたヘンリー・ハミルトンから、116年という途方もない時間を譲り受けます。

「君の時間を無駄に過ごすな」という、ヘンリーの意思を継ぐべく、ウィルは富裕層地区へと乗り込みます。

映画のラストについては、賛否両論あるかと思いますが、アンドリュー・ニコル監督の奇想天外な世界観を、楽しめる作品です。

いかかでしたか。
アンドリュー・ニコル監督の作風について、初の監督作品である「ガタカ」から見てみました。

アンドリュー・ニコル監督は、2015年秋公開の「ゲーム・オブ・ウォー」を手がけ、ボードゲーム「モノポリー」の脚本家に起用され、今注目を浴びています。

旧作とあわせて、チェックしておきたいですね。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP