津川 雅彦

生年月日
1940/01/02
性別
男性
出身
京都府

プロフィール

祖父が“日本映画の父”といわれる牧野省三、兄が俳優の長門裕之、父方の叔父が加東大介、叔母が沢村貞子、母方の叔父がマキノ雅弘監督という文字通り芸能人一家に育つ。父である沢村国太郎主宰の劇団で幼少から子役として活動。1956年、16歳で映画『狂った果実』で本格的に俳優デビュー。1963年ごろから東映『次郎長三国志』(マキノ雅弘)や大映『江戸無情』(1963)、『舞妓と暗殺者』(1963)などに出演、翌1964年には松竹を離れてフリーとなり、芸術座を手はじめに舞台、テレビ、映画と活躍。1969年には黒木和雄の『キューバの恋人』に主演。二枚目のみならず悪役もこなせる俳優として地位を築く。1973年5月、朝丘雪路と結婚。中年期に入ってからは、『マルサの女』『スーパーの女』などの伊丹十三監督の作品に数多く出演するなどして、年相応の渋い中年役でも存在感を示した。そして、1998年の東映『プライド』で東條英機役を演じて日本アカデミー賞優秀主演男優賞。2000年にはNHKの大河ドラマ『葵〜徳川三代〜』の徳川家康役で主演。TBSの人気シリーズ『サラリーマン金太郎』で建設会社会長の大和龍之介役を演じるなど、その存在感あるキャラクターは定評がある。2004年より東京フィルムセンター映画・俳優監督専門学校の名誉学校長を務める。

出典: タレントデータバンク

津川 雅彦の出演作品一覧

<<

<

>

>>

1〜20件 /

52件中

<<

<

>

>>

1〜20件 /

52件中

PAGE
TOP