大沢たかおが作品に込めてきた役者魂とは? ビジネスパーソン注目“爆上がりアート”情報も 『日曜日の初耳学』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『日曜日の初耳学』<MC>林修、大沢たかお (c)MBS
画像を拡大して見る

いま知っておくべき話題のトレンドを、物知りな林先生と優しく掘り下げるバラエティ番組「日曜日の初耳学」。2021年8月1日(日)放送分[MBS・TBS系 22:00〜22:54]では、「インタビュアー林修」「初耳トレンディ」を展開していく。

●インタビュアー林修

林先生が“時代のカリスマ”と一対一で対峙する企画。今回は、『世界の中心で、愛をさけぶ』「JIN-仁-」『キングダム』などの人気作に出演し、ミュージカル『王様と私』で世界進出も果たした俳優・大沢たかおが登場する。

大沢のスタートは大学時代、スカウトをきっかけに始めたモデルの仕事だったという。ファッション誌「MEN’S NON-NO」などで活躍していた彼が、自費で単身パリに乗り込み挑んだパリ・コレクションの苦い思い出とともに当時を回顧。さらに、帰りの飛行機にまつわる爆笑エピソードを披露する。

モデルの活動に区切りをつけ、役者の世界にシフトした大沢のターニングポイントとなったのが、28歳の時に出会ったドラマ「劇的紀行 深夜特急」。トレンディドラマ全盛の中、ドキュメンタリーとドラマを融合させる新しい試みに惹かれ、参加を決めたという。そこには、常に限界を超えた先にある演技を自身に求める大沢のストイックさの基盤を作った壮絶な体験が…。

さらに、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の裏側で起こっていた驚きの真実、2009年にドラマ「JIN -仁‐」で8年ぶりのドラマ復帰を決意した理由や撮影の裏話、最新作『妖怪大戦争』の出演秘話も。数々の言葉の中から見えて来る、大沢が作品に込めてきた“役者魂”とは?

●初耳トレンディ

誰もがうっすら知っているけど深くまでは知らないトレンドを、林先生とともに掘り下げていくコーナーでは、「爆上がりアート」を取り上げる。いま日本は空前のアートブームで、中でも現代アートは値上がり幅の大きさで注目されている。お手頃価格で購入した作品が数年後に爆上がりする可能性があることから、投資目的でアート作品を買うサラリーマンや若い女性もいるという。

そんな爆上がりアートについて教えてくれるのは、500点ものアート作品を所有するアートコレクターの宮津大輔さんと、年間1000回もギャラリーや美術館を巡るアートマニアで、アートを面白く紹介する“アートテラー”でもある、アートテラー・とに〜さん。爆上がりアートに出会える可能性が高い場所や、現代美術を評価するための“目利き力”など、アート投資に重要なポイントをプロの視点で解説する。

【MC】林修、大政絢
【ゲスト(50音順)】IKKO、澤部佑(ハライチ)、千原ジュニア、恒松祐里、土佐兄弟、中島健人(Sexy Zone)
【VTR出演】大沢たかお

■日曜日の初耳学|MBS毎日放送

https://www.mbs.jp/mimi/

  • 1

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP