ノーネクタイで歌ってきた宮本浩次が、ネクタイを選んだワケとは?「GOETHE[ゲーテ]」4月号で“仕事人の勝負アイテム”を総力特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GOETHE[ゲーテ]2021年4月号(2月25日発売)創刊15周年特別号 表紙は宮本浩次! 総力特集 仕事人の勝負アイテム
画像を拡大して見る

表紙は宮本浩次。総力特集では、人生の決戦にチカラを与える「仕事人の勝負アイテム」を紹介する。そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、JRA競走馬の成長秘話を追う新連載「走れ! ゲーテ号」も必見だ。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌・GOETHE[ゲーテ]4月号が2月25日に発売。創刊15周年特別号の表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る!

【創刊15周年 総力特集】人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテム

勝負アイテムとは、ここぞという場面で勝ちを引き寄せる極私的なハッピージンクスであり、値段で計れるモノではない。アイテムとともにどんな勝負を経てきたのか、人生で大一番の勝負はいつだったのか……。人生で勝ちを引き寄せるためのパーソナルな必勝ルールが見え隠れしている。これまでビジネスパーソンの自身の仕事に対する熱狂から生みだされる魂の言葉を追い続けてきたGOETHEは、今回「勝負」にフォーカス! 「運は支配できる」とするのなら、先の見えない時代だからこそ学びたい、百戦錬磨の者たちが持つ勝負アイテムから透けて見える必勝のコツ。木の葉から高級腕時計まで、仕事人の勝負アイテムには、興味深いパーソナルストーリーが見えるはずだ!

今回、総勢32人の人生に寄り添う勝負アイテムや勝負メシを総力取材。スタートは熱い男の代名詞である、ロックシンガーの宮本浩次から! 「50代、シンガーとして新たなステージで勝負する象徴」として勝負アイテムに挙げたモノは、セリーヌのネクタイ。これまでずっと黒のジャケットに白のシャツ、ノーネクタイで歌ってきた宮本浩次が、ネクタイを選んだワケとは?


人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテム/宇野康秀(BMW Z8)、熊谷正寿(夢手帳)、石井一久(ロレックス サブマリーナー)、杉本宏之(エルメスのオーダースーツ)、田中良和(ベルルッティの靴)、竹中直人(アンダーカバーのライダース)、桜井章一(自然の木の葉)、亀田誠治(1966年製フェンダーのジャズベース)、平出和也(命をつなぐ地図)、松山ケンイチ(パンチングミット)etc…
作家 吉田修一「新宿十二社 熊野神社で過ごす、勝負前の静かな時間」
上場ホヤホヤ社長の胃袋を支えた「必勝の上場メシ! 」
超絶的中率の占い師・星ひとみが伝授!「ビジネスシーン別、開運を呼ぶお作法」
”こんまりメソッド”で徹底お片付け。「ツキが舞いこむ、仕事場整理術」
勝負の前に知っておきたい! 勝ちを引き寄せる「神頼みアイテム」
混迷の時代を切り拓く「羽生善治に学ぶ、直感力の極意」


https://www.youtube.com/watch?v=TMCq5t55f6w


【時計特集】腕元から運気を巡らせる、スペシャルワンを厳選「脱”自制”な高級腕時計10」

ステイホームが基本になり、会食もパーティも、海外旅行もなくなった。新時代のルールではあるが、少々息苦しいと感じてしまうのは仕方がないもの。だからこそ2021年は、インパクトのある高級腕時計で腕元から運気を巡らそうじゃないか! 責任ある大人がさり気なく楽しむ、脱”自制”な高級腕時計を、時計ジャーナリストの篠田哲生が解説!


【人物特集】平和酒造 代表取締役社長 山本典正

斜陽産業といわれる日本酒業界で高成長を続ける小さな酒蔵が和歌山にある。しきたりや常識を打ち破り、実家の老舗酒蔵を改革。”アイデア”と”人間力”で挑戦し続け、日本酒『紀土-KID‐』で世界にその名を轟かせた平和酒造4代目の山本典正社長。ヒットの裏に見え隠れする経営者像に迫った。

【トレーニング特集】理想の働き方を叶える、勝者のトレーニング論/人気トレーナー吉田輝幸とEXILE TETSUYA対談が実現!

ビジネスという過酷なフィールドで勝利を収めるには心身ともにベストコンディションでいることが不可欠だ。それを叶える最新トレーニング理論を、人気トレーナーの吉田輝幸が指南。自宅でも、仕事中にも道具なしで簡単にできるトレーニングを徹底解説! 11年来の親交があるEXILE TETSUYAとの対談も必見!


【下着特集】女性目線のベスト5! 男の「勝負パンツ」白書


普段は他人の目にさらされないため、評価を受けにくい下着。結果、下着選びは独りよがりになりがちだ。そこでカテゴリー別に最新下着を集め、男性の下着に一家言あるという女性3人に品評会を依頼。女性目線のベスト5を選んでもらいつつ、男の勝負パンツについて本音トークを繰り広げてもらった。

【人物】女優 広瀬すず「今は楽しくやりたいという気持ちが大きいです」


22歳にして主演としての風格と、少女のような瑞々しさを併せ持つ、広瀬すず。WOWWOWのスペシャルドラマ『あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-』では、ドラマ初主演を務め、人付き合いが苦手な芸大生役を熱演。本作では俳句とラップに挑戦し、主演作を重ねるごとに確実に役柄の幅を広げる広瀬すずの素顔に迫る。

【新連載】JRA競走馬 成長秘話「走れ! ゲーテ号」

昨年秋、本誌『GOETHE』と同じ名前の競走馬「ゲーテ号」が誕生した。あのディープインパクトの血を受け継ぐ牡馬。文豪ゲーテの人生訓と、その名を冠した本誌のコンセプトに共感した馬主の松島正明オーナーの発案で命名された。「武豊騎手で凱旋門賞を勝つのが夢」と語る松島オーナー。お坊ちゃん気質な期待の良血馬、ゲーテくんのデビューへの道のりを追う。


GOETHE[ゲーテ]とは
「仕事が楽しければ人生も愉しい」をテーマに掲げ、2006年に創刊。各界の第一線で活躍する“仕事人”の生きざまを浮き彫りにし、衣食住にまつわるあらゆるジャンルの情報を発信する。ゲーテという雑誌名は、若き日からベストセラー作家として活躍、世界的な文豪として知られ、政治家、自然科学者、劇場監督など疾風怒濤の人生を歩んだ男、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテに由来する。彼は82歳の生涯を通じ、旅を、赤ワインを、そして女性を愛し、多彩な仕事を通じ、その人生を思う存分に生き抜いた。仕事の勝利や栄光や喜びを、ゲーテのように追いかけ続けたい。ゲーテのような濃密で激しい人生を送りたいーー。今の時代を大胆に生きる男性のためのライフスタイル誌として、ビジネスパーソンを始め、仕事を愛する各界の男たちから支持を得ている。

GOETHE[ゲーテ]ウェブサイト:https://goetheweb.jp
Instagram:https://www.instagram.com/goethe_magazine
Twitter:https://twitter.com/GOETHE_magazine
Facebook:https://www.facebook.com/goethe.jp

▼雑誌情報
誌名:GOETHE[ゲーテ]2021年4月号
編集長:池上雄太(いけがみ ゆうた)
発売日:2月25日(木)
価格:特別定価1,000円(税込)
発行:株式会社幻冬舎

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全9枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP