doa、3カ月連続配信シングル第3弾は「1日早いクリスマス」&アルバム『CAMP』の発売が決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:OKMusic <http://okmusic.jp>

配信シングル「1日早いクリスマス」
画像を拡大して見る

2019年デビュー15周年を迎えた3ピースヴォーカルバンドのdoaが、3カ月連続での配信限定シングル第3弾「1日早いクリスマス」を11月25日(水)にリリースすることがわかった。併せて、12月2日(水)にアルバム『CAMP』の発売も発表されている。

主要サブスクリプションサービス配信を含む3カ月連続での配信限定シングルリリース第1弾「Grasshopper」に続き、第2弾「Camp」を10月28日(水)にリリース。“キャンプ”をテーマにサーフミュージックやスカのリズム、ヒップホップまで織り込んだミクスチャーサウンドが心地良いこの作品は、主要サブスクリプションサイトでも配信開始され、MVも公開となった。MVでは、メンバー3人が楽しそうに準備からバーベキュー、キャンプファイヤーまでを存分に楽しむほっこりする内容に。ソロキャンプや冬キャンプが流行している中、アウトドア大好きな人たちのテーマソングとなりそうだ。

そして、3カ月連続配信限定シングル第3弾「1日早いクリスマス」は、doa活動16年目にして、自身初のクリスマスソングであり、これからの季節を彩る一曲に。クリスマス当日に一緒に過ごせない代わりに世間よりも“1日早い”特別なクリスマスを過ごすべく、待ち合わせに向かう主人公の姿が描かれている甘いラブソングだ。

さらに、上記の配信シングル3作品を含む12枚目となるオリジナルアルバム『CAMP』のリリースが12月2日(水)に決定した。第2弾配信限定シングル「Camp」から連なるCAMP =人が集う場所という主旨のもと、なかなか会えない状況下にあっても、音楽によって人と人とのつながりや気持ちを集うことができればという思いを込めて作られた今作。渾身の全12曲が収められた今作は毎日を日々懸命に生きている人々全員に贈る「ちょっと疲れたな」、「しんどいな」、「どこかに行きたいな!」という気持ちになった時、肩の力を抜いて聴いて欲しい作品となった。

また、様々なアーティストへの楽曲提供やサポートベーシストとしても活躍しているメンバーでリーダーの徳永暁人が初となるセルフカバーアルバム『Route 109』も同日リリースとなることが決定。「永遠」(ZARD)、「Feel fine!」「渡月橋 ~君 想ふ~」(倉木麻衣)、「気分は Super Girl!」(ももいろクローバーZ)、「Voyage」(チャン・グンソク)をはじめ、様々なアーティストに提供してきた名作を艶気ある低音ボイスと斬新なアレンジで聴かせる良作となっている。

11月10日(火)には、大阪にある大人気施設“ホテル・ロッジ舞洲”にて初開催されるアウトドアと音楽と旅行が融合したスペシャルイベント『SOUND DOOR』への出演が決定しているが、第2弾配信シングル「Camp」とアルバム「CAMP」のタイトルどおり、バーベキューやキャンプファイヤーを楽しみながら、彼らのアコースティックライブを観ることができる。

10月31日(土)より開催されるB'zの5週連続無観客配信ライブ『B'z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1〜5』のDay1, Day2, Day5のサポートベーシストとして徳永暁人の出演が決定しているので、詳しくはオフィシャルHPをチェックしよう。



この記事をオリジナルサイトで見る
  • 1

この記事の画像一覧(全7枚)

画像を拡大して見る>

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP