結成25年のV6、誰もが「長くは続かないグループだろう」と思っていた6人が起こした奇跡に迫る!「GOETHE」12月号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GOETHE[ゲーテ]2020年12月号(10月24日発売)2大特集!「V6」&「経営者が読む 座右の漫画」
画像を拡大して見る

表紙・巻頭特集は、結成25年のV6。

大特集では経営者51人が読む座右の漫画を紹介する。仕事に人生に立ち向かうビジネスパーソンが薦める作品とは? 人生を変えるかもしれない!? 漫画との出会いが待っている。

ビジネスパーソンのためのライフスタイル誌・GOETHE[ゲーテ]12月号が10月24日に発売。表紙を飾るのは、デビュー25周年のV6だ。今や転職は当たり前の時代。同じ会社に長く勤務したり、同じ仕事を続けるほうがもしかしたら稀かもしれない。そんな現在にあって、V6として勤続25年の坂本昌行、長野 博、井ノ原快彦、森田 剛、三宅 健、岡田准一の6人は、大人のグループとしての輝きを増している。6人が歩んできた軌跡と、6人だからこそ起こせた奇跡に迫った。

【巻頭特集】V6 25年のキセキ。6人が歩んできた軌跡、6人だから起こせた奇跡
1995年11月1日、「MUSIC FOR THE PEOPLE」で鮮烈なデビューを果たしたV6。最年長の坂本昌行は、当時24歳。最年少の岡田准一は14歳だった。年齢もジャニーズjr.歴もバラバラで、誰もが「長くは続かないグループだろう」と思っていたという。しかし、そんな予想とは裏腹に、リリースするCDは続々とヒット。結成10年目を過ぎたあたりから、それぞれの得意分野を活かしたソロ活動も積極的に行うようになった。もちろん25年もやっていれば、いい時期も悪い時期もあるのは当然だ。しかしリーダーの坂本は、「V6は大事な家。朽ちかけても自分たちで立て直してきた」と話す。本誌では、メンバーそれぞれに、25年間続けてきたからこそ見えてきたものについて聞いた。また、デビュー記念日の11月1日(日)に開催される配信ライヴ「V6 For the 25th anniversary」に向けて三宅健は、「これまでの通常のライヴとは異なり、難しさを感じる部分もある。これまで以上に6人が主体となってとことん詰め、作り上げている」と意気込みを語った。


【大特集】漫画は仕事に立ち向かう男の指南書だ! 経営者51人が読む 座右の漫画
「漫画を娯楽と捉えている人がいるけれど、もはや時代遅れとしかいいようがない」。そう提言するのは、月に約200冊の漫画を読むという堀江貴文だ。「今は漫画のなかだけで存在することでも、そのなかのいくつかは未来の仕事になる可能性も秘めている。ビジネスチャンスを掴みたい! そう思っている人にこそ」と漫画を薦める。
日夜奮闘し、圧倒的な仕事をする経営者51人に座右の漫画を聞くと、誰もが知る名作古典から話題の最新作まで、実に多種多様な漫画が挙がった。GROOVE X代表の林 要は「人生の節目には、常に漫画の存在がありました」と話し、UUUM代表の鎌田和樹は「漫画から得られる体験は仕事の原動力になっている」と言う。また、GO代表の三浦崇宏は「仕事も人生も、ベースを作ったのが漫画」と言うほど、漫画を読みふけり、仕事のヒントを得てきた。人生を変えるかもしれない(!?)漫画との出会いが待っている。

【ゴールドアイテム特集】投資だけで終わらない "新"金世界へようこそ
ファラオ然り、古来より偉人たちは困難に直面しても、"金"と暮らすことを欲した。今、金の価格は高騰し続けている。だが投資だけではなく、日常にも金を取り入れたっていいはずだ。 2700万円のすき焼き鍋から、3万円の爪楊枝まで! 魅惑のゴールドアイテムを厳選。新しい金世界、そして人生の愉しみ方が、そこにある。

【人物特集】新建築 代表取締役 小林大悟
避暑地・軽井沢で美しき豪華な別荘を専門に手がける建築会社がある。サイバーエージェント 代表取締役 藤田 晋やダイニングイノベーション 代表取締役会長 西山知義、グリー代表取締役会長兼社長 田中良和など、多くのエグゼクティブが軽井沢で頼りにするのが、施工会社の2代目社長、小林大悟だ。施工実績はゆうに100棟以上。彼らはなぜこの男の仕事に惹かれるのか。"凄腕"仕事人の至極の空間づくりに迫る。

【人物】モデル・俳優 三吉彩花「自身はないけど、自分を信用してあげる」
14歳でファッション誌の専属モデルになってから、モデルや俳優として走り続ける三吉彩花。11月6日公開の映画『十二単衣を着た悪魔』では、『源氏物語』の悪役を、自分の信念を貫くカリスマ的なキャラクターとして見事に演じ、俳優としてのキャリアも着実に重ねている。そんな彼女は、表に出ない仕事にも興味があると話す。自分を信用して今後チャレンジしたいこととは——。


GOETHE[ゲーテ]とは
「仕事が楽しければ人生も愉しい」をテーマに掲げ、2006年に創刊。各界の第一線で活躍する"仕事人"の生きざまを浮き彫りにし、衣食住にまつわるあらゆるジャンルの情報を発信する。ゲーテという雑誌名は、若き日からベストセラー作家として活躍、世界的な文豪として知られ、政治家、自然科学者、劇場監督など疾風怒濤の人生を歩んだ男、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテに由来する。彼は82歳の生涯を通じ、旅を、赤ワインを、そして女性を愛し、多彩な仕事を通じ、その人生を思う存分に生き抜いた。仕事の勝利や栄光や喜びを、ゲーテのように追いかけ続けたい。ゲーテのような濃密で激しい人生を送りたい——。今の時代を大胆に生きる男性のためのライフスタイル誌として、ビジネスパーソンを始め、仕事を愛する各界の男たちから支持を得ている。

GOETHE[ゲーテ]ウェブサイト:https://goetheweb.jp
Instagram:https://www.instagram.com/goethe_magazine
Twitter:https://twitter.com/GOETHE_magazine
Facebook:https://www.facebook.com/goethe.jp

▼雑誌情報
誌名:GOETHE[ゲーテ]2020年12月号
編集長:池上雄太(いけがみ ゆうた)
発売日:10月24日(土)
価格:定価850円(税込)
発行:株式会社幻冬舎

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全4枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP