白石麻衣が透明感あふれる4度目のカバー登場!Snow Manは90年代スタイルに挑戦、Travis Japan×梅佳代「#うめとら」も実現「with」11月号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まいやんポスター&ポストカードつき! 透明感あふれる白石麻衣4度目のカバーと、ときめきが止まらない「眼福男子」大集合のwith11月号発売! (1)
画像を拡大して見る

「まいやんのおうち時間」をイメージしてスタイリッシュに撮り下ろした撮影では、今回もたくさんのコーデを着こなしていただきました。

過去にwithで登場していただいたときには、オフィスでのシーンが多めでしたが、今回は自宅で過ごす時間が増えた今どきのOL生活を反映して、よりリラックスしたムードを表現しました。食事をするシーンや、音楽に合わせてクルクルと舞うシーンといった、ふとした場面でもつい目が行くのは透明感がありすぎて光の中に溶けてしまいそうな美しさと、いつもスッと伸びた姿勢の良さ! オフの時もきちんと生活していることが見ている側にも伝わってくるような撮影となりました。

インタビューでは、乃木坂46の絶対的エースであるばかりでなく女優、モデル、とさまざまな形で活躍する白石さんの「自分を愛するチカラ」の素を、さまざまな角度からひも解きました。気負わず、努力を重ねる姿勢や考え方は、誠実そのもの! お話をききながら、フォトシューティング中のポージングの美しさをつい重ね、月並みながら「健全な肉体に健全な精神は宿る」なんて言葉を思い出した編集担当でありました。また、今回特別付録としてポストカードと綴じ込みポスターもご用意。ポスター裏には先日発表になった卒業ライブを前に、あたらしい章に踏み出す白石さんの今を話していただいたロングインタビューも。

自粛期間中に自分を見つめ直す時間があり、「辛い時期も、自分を変えたいなって思ったときもあって。でも、乃木坂に入ったことがきっかけで良い意味で変われることが出来たし、自分の事が好きになれたんですよね」と語るまいやんは、これからもきっと輝き、走り続けます! 盛りだくさんの内容でお届けしますので是非お手にとって見てください!


90年代アイドルの雰囲気をまとったSnow Manにクローズアップ!

新曲『KISSIN’ MY LIPS』の妖艶な姿から、さらなる爆発を予感させるSnow Manの皆さん。セクシーかつ力強いパフォーマンスに、心がとろけてしまった人も多いのではないでしょうか。今回の撮影はそんなメンバーの皆さんに、大先輩方を彷彿とさせる90年代スタイルに挑戦してもらいました。

最初、ちょっぴり露出度の高いノースリーブの衣装に「なんか、恥ずかしい!」と照れながらも、撮影がはじまると雰囲気は一変。目線、唇、輪郭、そのすべてから色気が溢れ出し、現場スタッフ一同の視線を釘付けにしていました。かと思えば、笑顔弾けるおどけた表情も見せてくれるなど、大先輩方に引けを取らない、底しれぬ表現力を見せてくれました。

また、撮影の間には自分たちのYouTubeを見ながら爆笑するなど、仲の良さも改めて実感。コロナの影響もあり、肌と肌が触れられない撮影となりましたが、メンバー同士の心が通いあっていたこともあり、距離を感じさせない撮影を行うことができたのだと思います。

インタビューでは新曲についても真剣に語っていただいたのはもちろんですが、各メンバーの香りに関するものや、キャラクターイメージについてお聞きするなど、ちょっぴりフェティッシュな質問もご用意しています(笑)。
新たなフェーズへ飛び立とうとしているSnow Manの「今」を写した表情に、目も心も奪われてください。

永遠に刻みつける…楽園の記憶を共に。ツイッターで情報が解禁されるや否や、怒涛のリプ!

編集部が思い描いていた以上の反響をいただき、一時は写真家「梅佳代」の名前がツイッタートレンド入りするなど大きな話題を集めた、あの企画の全容がついに明らかになります! そうです、今回、早くもTravis Japan×梅佳代企画、#うめとらが実現したのです。 実はこの夢のような企画が実現したのは、編集部にTravis Japanのメンバーを梅佳代さんに撮影して欲しいという熱い熱いご要望がたくさん届いていたからです。

ツイッターへのコメントはもちろんですが、Travis Japanさんのファンの皆様から編集部へ届く大量のハガキやそのメッセージの熱量といったら!!! これまで見たことのないレベル。我々もそれを拝見するたびに、ファンの皆さんにこれ程まで深く愛され、応援されているタイガーの皆さんは本当に幸せだなとつくづく思っておりました。そしてそんな思いを誌面に紡ぐお手伝いができればと企んでいました。

色々あった2020年。だからこそ、そんなファンとTravis Japanの思いを最高の形で記憶として残すために実現されたのがこの企画なのです。撮影前には企画概要を説明するのですが、この皆さんの思いはどうしても伝えなければならない気がして、「うめとら」撮影までの経緯を全てお伝えしました。メンバーの皆さんはその思いを真剣な表情で受け取ってくださり、ファンや読者の皆様に心から感謝されていました。そんなメンバー達のファンの皆さんへの愛も同じく熱く深いのです!!! 毎度、撮影させていただくたびに、その相思相愛の深い絆を感じます…。

前段が長くなりましたが、今回の企画はある意味で、ファンと梅佳代さんとTravis Japanさんによる公開往復書簡のようなものといっても良いかもしれません。各々の熱い思いが重なり、行き来する間に、正のスパイラルでどんどんそのパワーを増していく、そんな企画になっています。今しか見ることのできないTravis Japanの一瞬の魅力を楽園に封じ込めています。今後も「うめとら伝説」はきっと続くことでしょう。

しかしながら、言うまでもなく、その貴重な「初コラボ」はもう一生訪れることはありません。絶対に後悔しないために、ぜひ手に入れてください。楽園の記憶というタイトルにふさわしい世界が広がっています!

3時のヒロイン主演 読む前よりもきっと自分を好きになれる、ランジェリールックが解禁

今、連日メディアを賑わせている3時のヒロインの皆さん。実はwith世代ど真ん中の3人が初登場してくれたのは2020年6月号のこと。「価値観や性格がバラバラであるからこそ、それぞれが足りない部分を認め、お互いを支え合うことで夢を叶えていく」。そんな彼女たちの生き方は、読者に大きな勇気を与えてくれました。

今回、「3時のヒロイン×ランジェリー」という企画が実現したのも、3人のように“ありのままの自分を認める生き方”をもっと伝えたいと思ったから。可愛いコを見ればうらやましいし、「もっと痩せたい!」って毎日思う気持ちはとても分かります。それでも、彼女たちは小さい胸もぽっちゃり体型も笑いに変えて「コレが私の個性です!」と胸を張る。その姿がキラキラして見えて、撮影に携わったスタッフ全員が、“もっと自分を認めてもいいかも”と前向きになれました。

下着を選ぶとき、「もっと胸を盛りたい」「身体を補正したい」そう思うのは当たり前!! だけど、その気持ちが前のめりになって本当に着たいランジェリーを選べていない人がいるのなら、この企画を読んでみて欲しいです。着ていて心地がいい素材、大好きなデザインで選んだっていい! 3人の笑顔から、ポジティブなメッセージを受け取ってください!

6ヶ月連続プロジェクト Da-iCE連載第2弾を公開!

新曲『amp』から新境地を感じさせるDa-iCEのみなさん。そんな彼らの魅力は、圧倒的なパフォーマンス力で五感を刺激し、その姿を記憶に刻みつけることだと思います。今回は新曲にちなみ「”耳”から味わう幸福」と言うテーマがつけられています。6ヶ月連続リリースに懸ける思いが綴られたテキスト、まるで中南米にいるようなトロピカルでセクシーな表情。視覚を掴んで離さない、魅力溢れる姿を誌面に落とし込みました。

岩岡徹さんが本誌インタビューで「ふとした瞬間、なにかの匂いを嗅いで昔の記憶が蘇ったり、その当時良く聞いていた音楽を思い出すことがある」と話していました。新曲『amp』と「”耳”から味わう幸福」の両方を回遊していただくことで、誌面がファンのみなさんの記憶のトリガーになれたら幸いです。ルポルタージュには、メイキングカットやこぼれ話も散りばめられています。飾らない姿とともに、五感をフルに使って楽しんでみてください!


ジャケットを脱ぎ捨て、シャワールームへ。大貫勇輔の大人の色気たっぷりの引き締まったボディを激写!



近年は話題のテレビドラマにも数多く出演し、活動の幅を広げているミュージカル界のスター・大貫勇輔さんがwithに初登場。ダンサーとしても世界的に評価を集めるなど、様々な「顔」を持つ大貫さんの今までと、これからのお話をロングインタビューでお届け。さらに自粛期間を経て、「人を大切にしたい願望が強くなった」という結婚観の変化や、筋トレの最新ルーティンなど、プライベートタイムが垣間見られるQ&Aも読み応えたっぷりです。

都内の某高級ホテルのスイートルームで行った今回の撮影。ラグジュアリーなホテルに滞在するビジネスマンを、大人の色気たっぷりに演じていただきました。スーツ姿から、ネクタイを緩め、最後はシャワールームへ……。撮影に備え、鶏ささみのアレンジ料理でカラダをしぼったという大貫さん。引き締まったマッチョボディは、まさに目の保養! 永久保存の美しさです。


こんなボイメン見たことない! 「エモい」をテーマに、iPhoneで全ページ撮影!





グループ結成10年。常に前だけを見て、ド根性で進んできたBOYS AND MEN。新章を迎え、ますますパワーアップする彼らを、なんと今回は全ページiPhoneで撮影しました。開始早々、iPhoneを構えるカメラマンさんに「カメラ忘れたんですか?」とツッコミを入れていたメンバー(笑)。あえてiPhoneを使うことで、ソロカットでは色気をたっぷり纏った新鮮なボイメンを! お互いの撮影を見ながら「これ宣材写真にした方がいい」「あれ、そんなに格好良かった?」など、絶賛の声が飛び交ったレアなシューティング。メンバーお墨付きの「今までにない」ボイメンは必見です。さらにグループカットは一転、スマホならではの近い距離感だからこそ撮れる、青春感MAXの写真に仕上がりました。

インタビューでも、メンバーの「エモい」エピソードを深掘り。高校時代の元カノとの切ない恋バナから、ボイメン結成当初の懐かしの風景まで。「喋りすぎたかも」とメンバーも心配するほど、赤裸々&胸キュン間違いなしの甘酸っぱい思い出の数々もぜひお見逃しなく!


写真集『感情の構図』から約2年、欅坂46小林由依、現在のまなざし



櫻坂46に改名が決定した欅坂46。グループに変化の波が起きている今、withの専属モデルでもある小林由依は、何を考えているのか。

「何もないスタジオで。何もないところが、一番逃げ場がない。被写体の今のチカラが試されますから。今回はゆいぽんを追い込んでみたい」

打ち合わせの際、写真家・鈴木心さんが話した撮影のテーマ。写真集『感情の構図』を初めて開いた時、1ページ目に書かれた小林由依さんの言葉に、衝撃を受けました。この子は一体、どんな子なんだろうと。そしてそれから、さまざまな試練も受けながら成長してきた彼女はどんな姿でカメラの前に現れるんだろうと撮影が楽しみになりました。今回用意したシチェーションは2つ。1つは真っ暗なスタジオと真っ白なセットアップ。もう1つは夕方の屋上、こちらは緊張感から解放された素の表情が出るようにと選んだもの。

当日は、まずインタビューからスタート。欅坂46、衝撃の改名が発表されたライヴから半月、どういう想いであのライヴに挑み、今何を考えているのかを、スタジオの音で消えてしまうくらいの小さな声で、しかし、しっかりと一言一言言葉を慎重に選びながら話してくれました。すべて話してくれた後は撮影へ。「最近、誌面でも表情のバリエーションが増えたよね」と編集部でも評判だったゆいぽん。でも今日の撮影は普段のファッション撮影とはちょっと違います。鈴木心さんから今日の撮影についての説明があったところから、なんとなく現場には緊張感が流れていました。シャッターを切られるたび、何かしら動かなければ変化が起きない撮影。シャッター音を必死に追いかけるゆいぽん。目の前の1つ1つの仕事に必死に向き合うゆいぽんの姿は、インタビューの内容にぴったりと重なったような感覚がありました。言葉だけではなく、眼差しで今を語る人なんだなと。ぜひ誌面でこの瞬間を一緒に感じてもらいたいです。

また、インタビューとは別に特別企画YouTube『小林由依の、ひとりで遊んでみた!』も撮影しています。緊張感から解放されて、無邪気にジェンガで遊ぶゆいぽんの姿に癒されること間違いなしです。実はこのジェンガ、お題が書かれてあるんです。どんなことが書かれているのか必見です! with公式YouTubeより10月28日配信スタートです。


祝・写真集発売! 美しくて、オトナ。……進化し続ける21歳に迫ります。『梅澤美波 Fan Book』

乃木坂46の3期生メンバーとして活躍しながら、2019年5月号よりwith専属モデルとして様々な企画に挑戦してきた梅ちゃんこと、梅澤美波さん。ドラマ『映像研には手を出すな!』出演で演技力も開花させ、9月29日にはファースト写真集『夢の近く』発売を控えているなど、勢いを増す彼女の魅力に迫りました。

今回取材を通して「21歳、梅澤美波」と向き合って改めて感じたのは、今私たちの目に映る勢いは、間違いなく、彼女の努力に裏打ちされたものだということです。ファンの皆様にとっては周知の事実かもしれませんが、梅ちゃんは真面目で努力家。withの撮影でも周囲への気配りを忘れず、「モデル」という職業に真摯に向き合う姿に、編集部一同も梅ちゃんの更なる飛躍を期待せずにはいられません。

「梅澤美波」と聞いて、思い浮かぶ印象はどんな言葉でしょうか。高身長、クールな視線、真面目、隠れヘタレキャラ……?

知られざる梅澤美波の魅力を探るべく、乃木坂46メンバーとなった当初から出演している「乃木坂工事中」番組プロデューサーや写真集制作チームなど関係者たちへ突撃して、エピソードをお届けします。「もし梅澤さんが一般企業に勤めていたら?」という問いかけに「間違いなくバンバン昇進してるでしょうね」という回答も。俯瞰的に物事をとらえ、自分と向き合っている印象の梅ちゃん。自身ではどのように感じているのか、自己分析チャートを作成。冷静に分析するだけではなく、梅ちゃんが情熱を注ぐ大好きな食べ物やマンガ、愛してやまない人たちについても語ってもらいました。

ビジュアルでも梅ちゃんの魅力を様々な側面からお届けします。圧倒的な美脚っぷりを発揮するホットパンツをはきこなしたり、梅ちゃんが愛してやまないフルーツに囲まれて撮影したり、今の気分を乗せたマニッシュなセットアップを着用したり……!(セットアップは、複数の候補のなかで迷っていたのですがフィッティングした直後「これにしますっ!」と即決でした。) 梅ちゃんがアイドルとして、モデルとして、一人の女性として、進化を遂げていく姿からは目を離せません。

本企画の後半では、8月4日に情報解禁して以来、「美しすぎる!」「美脚がすぎる!」と話題が尽きない写真集『夢の近く』の魅力を本人コメント付きで徹底解説。写真集未収録カットやオフショットと共に、写真集撮影地オーストラリアでの梅澤さんの思い出を振り返る「うめ旅アルバム」コーナーも。梅澤美波の魅力が詰まった8ページ、ご堪能ください。


【商品情報】
with 2020年11月号
発売日:9月28日(月) ※首都圏基準
価格:690円
■with公式facebook  https://www.facebook.com/with.magazine
■with公式twitter  https://twitter.com/with_magazine
■with公式instagram  https://www.instagram.com/with_mag_official/
■with公式LINE  http://line.naver.jp/ti/p/%40with_magazine

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全8枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP