廣瀬“HEESEY” 洋一、TYO時代の楽曲をセルフカバーした 配信EPをリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:OKMusic <http://okmusic.jp>

廣瀬“HEESEY” 洋一
画像を拡大して見る

廣瀬 “HEESEY" 洋一が9月16日(水)、自身がベーシスト兼コンポーザーとして在籍し、2009~2015年に活動していたバンド「TYO」の楽曲をセルフカバーしたEP『TYO YEARS 1』を配信リリースした。

TYOの厳選した楽曲を「今」のHEESEYの感性でリアレンジし、全5曲を自ら歌いHEESEY色に染め上げた『TYO YEARS 1』。ギタリストとしてSiXXの菅大助、THE SLUT BANKSの坂下たけとも、THE PRETTY TONESの越川和磨、ドラマーにBACK DROP BOMB, PONTIACSのMASUOとTHE RiCECOOKERSの大山草平、キーボードにアーバンギャルドのおおくぼけいといった豪華なメンバーが参加! HEESEYらしいポップでありながらもガッツ溢れるロックサウンドに満ちた楽曲は必聴だ。



この記事をオリジナルサイトで見る

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP