田中芽衣と井上苑子が飛騨高山2人旅、クマとふれあい体験&自然の芸術鑑賞&絶品料理も満喫!『タビフク+VR』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『タビフク+VR』田中芽衣、井上苑子 (c)TBS
画像を拡大して見る

プライベートでも仲の良いファッショナブルな女性タレント、モデル、歌手、女優など、20代女性を中心に支持される“おしゃれ女子”2人が、近年、若い女性に人気のスポットを“タビする”番組『タビフク+VR』。2019年3月6日(水)よる11:00からは、中高生に絶大な支持を受けるモデル/女優の田中芽衣とSNS世代のシンガーソングライター、井上苑子による「飛騨高山」への旅・前編を放送する。

北陸新幹線・富山駅から南下して飛騨高山を目指す2人。まず、訪れたのは、ツキノワグマやヒグマなど100頭余りの個性豊かな熊たちと触れ合える熊のテーマパーク「奥飛騨クマ牧場」だ。手パッチンで人気の「宝六くん」など奥飛騨に住むツキノワグマに餌をあげたり、子熊を抱いたりと、飛騨ならではの体験を。クマ牧場からすぐ、平湯温泉の名物「はんたい玉子」にも注目する。

2 億5千万年前までは海の中だったという飛騨地方。日本アルプスの中にある飛騨大鍾乳洞は標高 900メートルという日本一高い場所にある鍾乳洞だ。飛騨大鍾乳洞では厳寒の飛騨の気候が造り上げる冬季限定の自然の芸術作品「氷の渓谷」を見ることができる。その蒼白のアート作品は、まさに圧巻の一言。

いよいよ高山に到着した2人は城下町、商家町の歴史ある飛騨高山を歩く。そして、この日の宿、「本陣平野屋 花兆庵」へ。ここは高山のシンボル、中橋からすぐという最高の場所に建つ、趣ある旅館だ。離れの町家を改造した「りらっくす蔵」は女性宿泊客だけが利用できる癒しのスパ。700着もの色とりどりの浴衣の中からお気に入りの1枚を選んで過ごすことができたりと、女性がときめくポイントが随所に散りばめられている。

さらに、特筆すべきは、今宵のディナー「飛騨牛尽くし懐石」。これを味わうためだけに飛騨を訪れる価値があるといっても過言ではなく、2人も初体験の絶品飛騨牛に大感激する。

日本三大朝市のひとつ「宮川朝市」をゆったりと巡るなど、女子旅ならではの時間を満喫する2人。

この『タビフク+VR』は2019年3月6日(水)23:00〜23:30、BS-TBSで放送される。

※旅(タビ)×ファッション(フク)+360°=『タビフク+VR』。旅先のさまざまなシーンで画面に現れるQR コードをスマホで読み込むと360 度VR 動画でその場所に実際に行ったかのようなバーチャル体験が可能。全国のJTBトラベルゲートには、臨場感あふれる「“タビフク+VR”プチ旅体験スペース」が設置されている。

出演: 田中芽衣/井上苑子

ナレーション:伊藤千晃

■番組公式サイト

http://www.tbs.co.jp/tabifuku

■番組公式ツイッター

https://twitter.com/tabifuku_tbs

■番組公式インスタグラム

https://www.instagram.com/tabifuku_tbs/

(C)TBS

  • 1

この記事の画像一覧(全21枚)

画像を拡大して見る>

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP